中卒の私が起業できる仕事…ハウスクリーニングならと思ったが…

こんにちは、ショーです。

「中卒でも、起業できる仕事ってなんだろう…」

私は高校を中退し17歳から働きにでましたが、中卒でも10代・20代はそんなに仕事に困ることはありませんでした。

独り身でしたし、20万円も稼げばハッキリ言って家庭を持った今よりも金銭的に余裕もありましたしね。

ただ、資格やキャリアを付けずに30代に入ってしまうと、途端に仕事の選択肢がガクッと減ります。

で、手っ取り早く稼げる、土方とかドライバーに流れ着くわけです。

案の定、私も30後半でタクシーに流れ着きました。

軽配送の仕事も迷ったんですけどね。
軽配送をあきらめタクシーに転職した話【中卒の私が選んだ仕事】

中卒が成り上がろうと思ったら、自分で起業するのが一番の近道ですからね。

そして、この時にハウスクリーニングの起業も本気で考えたんです。



独立することを前提に仕事を探しハウスクリーニングが目に留まった

掃除

会社勤めに疲れていた私は個人事業主に憧れ「中卒の私でも起業できる仕事はないか?」と探し、目に留まったのがハウスクリーニングだったんです。

掃除の記事も書いていて、もともと掃除は嫌いじゃありませんでした。
【簡単大掃除のコツ】キレイを維持するには年間スケジュールです

「掃除嫌いじゃないし、仕事に出来たらいいかな」って結構その気になって、本気でハウスクリーニングを始めようと考えたんです。

調べれば調べるほどハウスクリーニングは『無し』でした

男性

私の調べでは、ハウスクリーニングを起業するのに一番重要なのは以下です。

  • ノウハウをどうやって身に付けるのか?
  • 顧客の確保をどうやってするのか?

どこかのハウスクリーニングの会社に従業員として、数年働いてノウハウを身に付けるという方法もありますが、ハウスクリーニング業界の給料は少なく一家を十分に養うことはできません。

それに、会社勤めにウンザリして独立を考えているですからね。

あと、顧客の確保どうするのかが?一番の課題になりますが…

ノウハウ・顧客のない者がハウスクリーニングを手っ取り早く起業するにはフランチャイズに加盟するしかないんです。

大手ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟すれば、掃除のノウハウも身に付けさせてくれて仕事も紹介してくれます。

ハウスクリーニングのフランチャイズも危険!

しかし、フランチャイズはどんな業界でも一緒で、簡単に開業できるメリットがありますが、デメリットの方が大きい場合が多いです。

近年では、コンビニの「休業日を作ってはいけない」とか「安売りしてはいけない」などの『規約』が問題になっています。

ハウスクリーニングも同様に危険と感じました。

たとえばハウスクリーニング業界の大手であるお掃除本舗ですと【開業資金50万円】と書いてありますが50万では開業できません。

男性

50万円というのはあくまでも加盟料で、実際には【講習費・お掃除本舗の名入りの軽車両・掃除用品】を購入させられて、総額200万円以上にもなります。

開業資金に200万円かかっても、それだけ稼げればあればやる価値は十分にあります。

しかし、ハウスクリーニングの仕事自体にそこまでの需要がどうやら無さそうなんです。

私の調べですが、ホームページに掲載されているモデルの売り上げ1ヶ月〇〇万円。あれは『一番売り上げの高い人をモデルにしている』ので、実際はそこまでは稼げないようです。

ブラック企業の求人情報でありがちですよね。一番給料の高い社員の金額を『このくらいは誰でも稼げる』みたいな…。

事あるごとに金をむしり取られるフランチャイズ

ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟した場合、季節ごとにばら撒く広告費・自社のバカ高い洗剤などを購入させられるとのことです。

  • 必要以上に枚数を刷られてしまう広告
  • 無駄に高額な洗剤などの自社製品

コンビニで問題になっている『恵方巻問題』と一緒ですね。捨てるの解っていて購入させられるのです。

フランチャイズは大元だけが儲かり加盟店は儲からないシステムになっているのです。

上記の事は大手のお掃除本舗を調べ例にして書きましたが、フランチャイズは何処も似たようなもののようです。

私がハウスクリーニングの起業を断念することになった本当にくだらない理由

NO

それでも自分で起業したい気持ちが強かったので「バイトをしながらでもいい!ハウスクリーニングで、なんとかやっていけないか?」考えました。

しかし、ある日根本的なことに気付いてしまったんです。

「よくよく考えたら、自分の家の風呂の排水溝もおぞましいのに、他人の家の風呂の排水溝なんて絶対に掃除したくないな」と…。

私は掃除が好きなわけではなく、汚い家に住んでいるのが嫌だから掃除をまめにしていたのだと…。

『自分で開業する』という事に頭が行き過ぎて、本質が見れていませんでした。

これが私がハウスクリーニングの起業を断念した理由です。

くだらない理由でしたが『自分の事が一つ分かった』と前向きに考えています。



最後に…ハウスクリーニングならタクシーをおすすめします。

私が調べる限りでは、ハウスクリーニングで成功させるのは難しいです。

仕事自体も年間通して不安定ですし、仕事内容も楽ではありません。

ハウスクリーニングは3K仕事と言ってもいいでしょう。

その点、タクシーなら正規雇用で働け、それなりに安定した収入を得ることが出来ます。

何よりもタクシーはプライベートの時間を多くとることの出来る職業です。

個人事業主で休みも無く馬車ウマのように働くよりも、タクシーでのんびり生きた方が人生楽しいと思いますよ。

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。