【コンサル無し】アドセンスを合格して解った申請のコツとは?

【2018年10月独学でアドセンスのライセンス申請して合格】

こんにちは、ショーです。

ブログで稼いでいる人がこぞって言うことが「一番稼ぎやすいのはGoogleアドセンスだよ!」というからには、ブログ初心者ならやらない手はありません。

「アドセンスのライセンス取得は難しい!」とネットで見かける事が多く見かけますが、私は独学でライセンス申請をして1回目こそ落ちましたが2回目で合格することに成功しました!

アドセンスは下準備をしっかり出来れば、そう難しくはありません。

なので、私が掴んだ合格のコツを、同じく「コンサル受けずにやりたい」という人の参考になればと思い記録に残します。

※アドセンス合格までのまとめの記事になりますので、目次の項目が多くなってしまってますが、全て必要な事なのでご了承ください。また長文になりますのでブックマークをして読み進める事をオススメします。

スポンサーリンク

Googleアドセンスのライセンス取得が難しいと言われる訳

Googleアドセンスは初心者でも稼ぎやすいと言われていますが、ライセンスの取得は初心者には簡単ではありません。

何故、難しいかというと、Googleから「この基準を満たせば合格にしますよ」といった、
合格基準が明確に発表されていないからです。

しかも、年々Googleの審査基準が変わってきていて過去の情報が全く役に立たないので、新しい情報を参考にしなければ合格が難しいのです。

ショー

18年10月現在で調べる限り、16年以前の情報は役に立たないので注意してください。

しかし、難しいと言われている中、受ければ必ず合格できるコンサルティングもあるのです。

なぜ、必ず合格できるのかというと、「こういうブログを作れば合格できる」という、
近年の合格出来るブログの作り方を知っているからです。

知らないと落ちる。

ネットで、「アドセンス合格した!」や「アドセンス落ちた~」といった両極端な記事が多くみられるのはそのためです。

合格できる基準を知らない初心者が独学でブログを作ってライセンスの申請をすると、見事に不合格のメールを貰う事になるのです。

「合格できるブログを知り尽くしているコンサルティングを受けた初心者は合格する。」
「知らないで独学で申請する初心者は不合格になる。」

単純にそういう事なんですよね。

そもそもコンサル受けてて落ちたら「金返せ!」って話ですけどね。



初心者は最初にアドセンスの申請を目的としたブログを作ること!

「ある程度ブログに慣れてからライセンス申請をしよう!記事数も増えるし、ボリュームのあるブログの方が合格できるっしょ!」

私はこの考え方が原因で、1回目は見事に落ちました。

1回目は記事の内容が1つの事に特化していない、いわゆるごちゃまぜブログになってしまった事と、アレコレ考えすぎて、変な見た目のブログになってしまっていたのです。

詳しくは、後半に書きますが、
アドセンスの審査は新しいブログの方が合格しやすいんです。

なので、まずアドセンスのライセンスを取得することを第一に進めるのがいいのです。

因みに、まだブログが無いという初心者の方は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

アドセンスを申請する前に必ず知っておくべきこと!

Googleアドセンスはブログ初心者でも稼げる可能性が高く魅力なのですが、その分ルールが厳しくAdSenseプログラムポリシーというものがあります。

ルールを守らないでいるとライセンスをはく奪されてしまいますので、必ずよく読んで違反しないように注意しましょう。



アドセンスに合格できる記事を作る時に注意する8項目

まず、一番重要なアドセンスに合格するための記事を作成する際に、必要な8つの項目を書きますので基準に満たした記事を用意しましょう。

コンテンツポリシーを必ず守ること!

先ほど書いたAdSenseプログラムポリシーの中にコンテンツポリシーという項目があります。

記事を書く際は絶対にコンテンツポリシーを守った記事を書きましょう。

・アダルト・コンテンツ
・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
・危険・中傷的なコンテンツ
・危険ドラッグ・薬物に関連
・アルコール関連
・タバコ関連
・ギャンブル・ゲーム
・ヘルスケアに関連
・ハッキング・クラッキングに関連
・報酬プログラムを提供するページ
・不適切な表示関連
・衝撃的コンテンツ
・武器・兵器関連
・不正行為を助長する内容
・違法コンテンツ

要はGoogleの名を使って悪いことするなよ!という事ですね。

アダルトな内容の記事・ギャンブルを連想させるお金の内容の記事や、血みどろの見た目の良くない格闘技の画像は落ちる対象になるようです。

パンダ

お酒もダメなの?厳しくない?

ショー

酒の種類などをテーマにした記事は大丈夫なのですが、酒を販売するサイトはNGです。
でも、初心者だとその判別が難しいと思いますので酒に関する記事も書かない方が無難でしょう。
あと、芸能ネタはGoogleの評価が良くないので申請用の記事ネタには避けましょう。

と、一応書きだしましたが、必ず詳細にも目を通しておいてくださいね。

誰かの役に立つ記事を1つのテーマに絞った内容で書こう!

まずは、誰かの役に立つ記事を書く事を心がけて下さい。

よく言われているのは、自己満足の日記にならない事です。
「今日は、子供と公園に行ってきました。天気も良くてすごく楽しかったです!」

こういう内容では、身内以外は誰も読んでくれませんね。

しかし、同じ内容でも行った公園の他の公園にはない特徴やイベント情報などを書いた記事であれば、誰かの役に立つ情報に変わりますよね。

次に、記事は1つのテーマの内容で書いてください。

例えば、旅行が好きならオススメのスポットなどを書いた記事や、その他にも車やスポーツなど自分が詳しくて書きやすい内容がいいと思います。

  • 人に役立つ情報
  • 1つの事をテーマにした内容

上記の事を意識して、自分が得意な事や経験してきた事を書けばいいと思います。

因みに、私は自身が経験した「タクシーの転職を成功させる方法」というテーマで合格しました。

最低1000文字以上の記事を書きましょう!

文字数が少ないとボリューム不足と評価されてしまいますので、最低1000文字くらいは必要ですです。

文字数が多ければいいというわけではありませんが、誰かの役に立つ記事を書こうとしたら1000文字はあっという間のはずです。

当ブログの記事は1000文字から10000文字まであって、平均すると3000~4000文字程度だと思います。

これでも、一回書いた後に見直して、いらない言葉とかを減らしているですけどね。
「5000文字書いて3000文字まで減らせ!」みたいな記事を参考にやってます。

見出しや段落などで見やすい記事作りを心がけよう!

目次になる見出しを入れたり、

段落を付けたり、

文字に色を付けたり、読む人が見やすいように記事にメリハリを付ける事でGoogleから高評価を貰う事ができます。

読む人の事を考えて記事を装飾しましょう!

コピペや引用で記事を作るなんてせこい真似はNG!

どこかのサイトの記事をそのままコピー&ペーストしたり、引用で記事数をごまかしたりせこい真似はしてはいけません。

Googleは見ていますよ!

他の人と同じ内容の記事を書くにも、自分の言葉や表現の仕方があるはずです。

参考にしても良いが、真似はするなって事ですね。

画像は入れましょう!ただし正しい物を使う事!

画像は正しい画像を入れましょう。

一昔の情報を見ると画像を入れてはいけませんと書いてありますが、コレは間違いです。

今は画像をいれて読者が分かりやすく、見やすくなっている方が評価されるのです。

しかし、使用する画像によっては不合格の対象になってしまいますので注意しましょう!

  • フリー素材を使用する事
  • 過激な画像は使用しない事
  • 水着や露出の多い画像は使用しない事

まず、画像は著作権の問題がありますので、「タダで使っていいですよ!」って書いてあるフリー素材の画像を使用しましょう。

おそらく誰もが利用しているであろう、有名なサイトがぱくたそです。色んな画像が無料で手に入りますのでオススメですよ。
私のオススメはPixabayです。お洒落な画像が多く当ブログでも使用させて頂いています。

そして、過激な画像は使用しないようにしましょう。
アダルトや血みどろの画像です。

あと注意したいのが、フリー素材だけど水着などの露出の多い画像は、アダルトと判断されてしまうようなので使用しない方がいいでしょう。

男性の上半身裸というのも良くないようなので使用しないようにしましょう。

カテゴリーは3つくらいにする

参考にさせていただいたサイトによると、「カテゴリーは3つにするのがいい」とされています。カテゴリーが多すぎると落ちる要素になるようです。

当ブログも今はカテゴリーを増やしていますが、申請時は3つにして合格出来ました。

ASPの広告や外部リンクは貼らない

これからネット界の王者Google神に稼がせていただくのですから、
他の広告を貼りつけて申請はしないという事です。

印象が悪くなってしまいますものね。

それと、いくらオススメのサイトでも他のサイトに行ってしまう外部リンクも貼らない方がいいようです。

自分のサイトを行き来する内部リンクは大丈夫です。むしろ、内部リンクの使用でブログ内を見やすくしている方が、印象は良いようです

レスポンシブ対応のテーマを使用する

アドセンスに合格できるブログはレスポンシブ対応になっている事が必須になります。

レスポンシブ対応とは、スマホなどで見た時に自動で最適な見た目に変えて表示してくれる機能です。必ずレスポンシブ対応になっているテンプレートを使用しましょう。

ま、最近のテンプレートは殆どレスポンシブ対応になっているみたいですがね。



グローバルメニューを設置する

グローバルメニューというのは題名の下くらいにある、そのブログの案内リンクのことです。

グローバルメニュー

で、アドセンスを合格するために必要な項目を書きますのでグローバルメニューに設置しましょう。

運営者情報:
自分の情報とブログが誰のために書いたものであるのか等を簡単にでいいので書いておきましょう。
挨拶的なものでいいと思います。
あと連絡先も書いておきましょう。

プライバシーポリシー:
無料で使用してもOKの雛形がネットに出ていますので、そちらを使用すればいいでしょう。
当ブログのプライバシーポリシーを参考にして頂いてもかまいませんが、完全コピペではなく少しでもアレンジすると良いかも知れませんね。

お問い合わせホーム:
連絡の取れるお問い合わせホームは必須の項目ですので必ず設置しましょう。
プラグインContact Form 7を使用すれば簡単に設置する事ができます。

サイトマップ:
サイトマップについては設置しなくても大丈夫という情報もありますが、設置しておくに越したことはないでしょう。
プラグインPS Auto Sitemapで設置することができます。

プラグインContact Form 7とPS Auto Sitemapの導入方法は検索してください。

当ブログを参考にグローバルメニューを設置しましょう。



サイドバーにはプロフィールを設置する

誰が運営しているブログなのかをハンドルネームでOKなので設置しましょう。

サイドバーのプロフィール

オリジナルのヘッダー画像にする

ブログの顔になるヘッダー画像は、ぱくたそなどのフリー素材でいいのでブログのイメージにあった画像に題名を入れて作成して設置しましょう。

因みに、当ブログは審査時は下の画像を設置していました。

申請に使用したヘッダー画像""

PhotoScapeという無料の画像編集ソフトを使えば、文字を入れたり枠を入れたりする程度なら簡単に出来ますよ。
PhotoScapeのインストール方法と使い方はググって下さい。

アドセンスに合格するためのコツ!

上記までの項目でアドセンスの審査に入る準備はできました。

ショー

ただ、アドセンスは1回目の審査で合格しておかないと、2回目以降は審査が難しくなると言われています。

パンダ

なんで、2回目以降は難しくなるんだ?

ショー

審査基準が厳しくなるのではなくて、後回しにされてしまうようですね。
酷いと1ヶ月経っても2ヶ月経っても審査結果が出ないなんて事もあるみたいですよ。
なので、コツを書いておきますので、一発合格を目指しましょう!

合格できるテンプレートを使おう!

ここまで書いてきたように、アドセンスの審査を受けるのにやらなければならない項目が多くあるのは解っていただいたと思います。

しかも、アドセンスの審査に合格するという事はゴールではなくスタートです。

実際には、ブログの分析SEO対策など、やらなくてはいけない事が山ほどあります。

なので、多くの機能が最初から入っているテーマを使用することが理想なんです。

ショー

私がオススメするテーマは当ブログでも使用している『賢威』です。

必要項目の設置より記事を書くことを優先しよう!

記事を書くことには時間がかかります。スラスラっと書けちゃう時もあれば、中々進まないなんて時もあります。
初心者なら尚更です。

なので、記事を書く意欲がある時は記事を書くことに専念しましょう。

逆に、「筆が進まない」時に、アドセンス審査に必要なブログ作りを進めて行くと時間を無駄にせずに最短で仕上がりますよ。

10~15記事を用意してから毎日1記事ずつ更新しよう!

Googleは毎日更新しているサイトが良いと言っています。

ただ、初心者の方には1記事を書くにも手間取りますので、アドセンス申請に使用する10~15記事を毎日書いて更新するのは正直難しいと思います。

副業で毎日作業できないという人なら尚更です。

なので、『公開』しない下書きの状態で10記事くらい仕上げてから、毎日1記事ずつ更新していくのがいいと思います。

ショー

ネットには「10記事でイケる!」ってサイトもあれば、「30記事は必要」というサイトがありますが、私は16記事で合格しました。

10記事でも大丈夫だと思うのですが12~13記事くらいで申請するのがいいと思います。
…心配性なもので。

そして、申請後も更新を続けた方が印象がいいようなので2~3記事の余裕を持たしておくと気分的に楽になります。

申請後は「次の日には通知がきた」という情報があれば、「2週間たっても通知がこない」という情報も見かけます。

ですが、私は1回目に落ちた時も2回目の合格の時も2日後には通知が来ましたので、通常は2日程度で通知は来るようです。



1回目に審査に落ちた時にGoogleより指摘された3つのこと!

ここからは、当ブログが1回目の審査に落ちた時に指摘されたことを書きますので、同じ間違いをしないようにしてくださいね。

まず「お申し込みの審査を行いました結果、お客様のアカウントで次の違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。」というメールとともに、承認されなかった理由が書いてありました。

当ブログが「Google のポリシーに準拠していないサイト」に当たるとして、AdSenseプログラムポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないためとの理由でした。

Googleは質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することで、当ブログは基準を満たしていないと判断したとの事です。

要は、当ブログの質が悪いと指摘されたのです。

で、「承認されるためのヒントを書くから参考にしろ」との事で次の内容が記載されていました。

  1. Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
  2. 自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
  3. サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。


指摘された部分を見て行きます。

➀については、記事の内容が1つの事に特化していなかったことだと思います。
ハッキリ言ってごちゃまぜブログになっていましたので
『独自性と関連性の高いもの』とは1つの内容でと捉えていいと思います。

➁については、ちょっと意味が解らなかったのですが、ASPの広告は貼っていなかったのでがね。

➂については、おそらく固定ページを間違った使い方をしてしまったからだと思います。
固定ページは本来、お問い合わせやプロフィールなどを作る際に使用したり、特化サイトの最初のページに使用したりするものなのですが、違った使い方をしてしまっていたので、それが原因だと思っています。

で、先ほども書きましたが、「ブログをある程度大きくしてからの方が審査に通るだろう」と色んな記事を書いた結果、不承認になってしまったので、
まずはアドセンスを合格するためのブログ作りを徹底することが合格の秘訣だと思います。

2回目の審査をするためにしたこと

1回目に不承認の通知を受け、上記で指摘された部分を修正するのは、ムリと判断し私がしたことは、「初めからやり直す」でした。

新たにドメインを取得して、一からやり直したのです。

ショー

ただ、新たにやり直したことにより、ドメイン名など気に入らなかった部分も変える事が出来たし、自分でもよく分からなくなっていたごちゃまぜブログの記事も大きく手直しできたので、やり直して良かったと思っています。

アドセンスの審査するためのブログは、変な色気も、突飛な事もいりません。

合格できる基準のブログを作ればいいのです!

チェック!

新しいブログで審査に入る場合、Googleより「違うサイトで手続きされています。審査するブログ交換するのですか?」みたいな文面が出てきますので、新しいブログのURLを選べば大丈夫でした。



ここまでの事が出来たら審査の手続きに入りましょう。

Googleアドセンスにいき、手順に従って必要事項を記入すれば良いので簡単に申し込むことが出来ます。

で、一つ注意点があるのですが、ブラウザをChromeで、審査に入りましょう。

その他のブラウザで申し込むと、不具合が出る事があるようです。

それでは、アドセンス審査頑張ってくださいね。

あと、見事合格できた後も『アドセンス狩り対策』など、やらなくてはいけない事がありますが 頑張りましょう!