【キレる取引先や上司に困っている方】すぐにできる対処法!

こんにちは、
キレる取引先に限界で転職したショーです。

皆さまのお勤めの会社の取引先や上司は…すぐキレませんか?

私の前職の取引先は本当に酷かった…

当時は本当に苦痛で、自分のケイタイに着信が入るたびに「このまま電話に出ないで逃げようか?」なんて思う毎日でした。

あのまま続けていたら、心がヤラれていたかもしれません。

本当に辞めて良かった…

しかし、私のように会社を辞められず、ストレスを溜め続けている人も多いかと思います。

パンダ

世の中、そう簡単に辞められる人ばかりじゃないんだよ!

という人のために、怒られ続けた私が保身のために身に付けた直ぐにキレる取引先や上司の対処法を書きますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

大した事ないことで必要以上に怒る人はこんな人が多い!

  • 弱い立場にあることが最大の原因
  • 自身に余裕がない

直ぐに怒る取引先

まず、先に言っておきたい事があるのですが「私は無能で怒られ続けたのではありません。評価を得て会社でもそれなりの立場につき、最前線で働いて来ました。」と言う事です。

無能で怒られているのであれば致し方がないと思います。

でも、普段は取引先からも高い評価を貰っているのに、ほんの些細な事でありえない位の怒りを受けてしまう事ありませんか?

弱い立場にあることが最大の原因

下請け業者の管理職などが怒りを受けやすい立場にあります。

やり返してこない事が分かっているから、怒りやすいのです。弱い者いじめですね。

また、相手のその日の気分も大きく左右していると思われます。

家庭がうまくいってない、パチンコで負けた、自身が目上の人に怒られた、体調が悪いなど、仕事の内容とは関係が無い事でイライラのはけ口にされているのです。

自身に余裕がない

ものすごく怒る人で「本当に怖い」っていわれてる人ほど、実は気が弱かったり、自分の立場を維持しなくてはいけないので余裕がない人が多いのです。

少しのミスでも自分の立場が危うくなると思い込んでいるので常にギラついているのです。



キレやすい取引先や上司に絶対にやってはいけない事!

上記で書いたように必要以上に怒る取引先や上司は自分自身に余裕が無く、下の人間を見下している傾向にあります。

結果が全ての入れ替わりの激しい業界で成り上がった人

こんな感じの人が多いハズです。

で、理不尽に怒るこのような人に絶対にやってはいけない事があります。

すぐに誤解を解こうとする事です。

取引先や上司が勝手に誤解して、理不尽に怒られるケースの場合、その場で誤解を解こうとしてはいけません。

基本的に理不尽に怒る人は、誤解を解こうと発言すると発言の数だけ爆発します!

誤解を言い訳と勘違いするのです。

勘違いから起きた悲劇の話

まさに火に油を注ぐとはこの事ですが、こんなケースがありました。

私の前職は現場仕事だったのですが、ある現場で本来は時間にならないと入ってはいけない現場なのですが、それでは時間が間に合わないので、元請けと一緒にいつもフライングして作業していました。

ある日の事、私は別の取引業者との大事な会議がある為、その現場には部下を行かせていました。

その日は元請けは時間に遅れていて、部下はいつも通りにフライングで作業していました所、現場の管理人に見つかり注意を受けてしまったのです。

そして、遅れて到着した元請けも注意を受けたのですが、この日の元受けの担当者は普段その現場の事を知らない人で、フライングで入ったことに対して私に抗議の電話がありました。

私は、普段から元請けもフライングで入っていることを担当者に伝え「今後、お互いに気を付けなければいけませんね」と伝えました。

しかし、その担当者は気が済まなかったらしく「現場の管理人に今すぐ誤りに来てください!」と言います。

私は別の会議に向かっていたため、部下に状況を確認したところ「今後は気を付けてくださいね。」って程度でそれ程怒っている様子ではないとのことでした。

なので、元請けの担当者に「すぐにはいけないので明日にでも伺います」と言ったところ「今すぐ来ないと社長に言うぞ!」と。

この社長こそ、核弾頭のような人で、だれかれかまわずに大爆発するタイプで、私たちも元請けの従業員たちも大変恐れていました。

些細な事で「ペナルティで今月の請求から〇〇〇万円引け!」みたいな無茶ぶりをするような人です。

毎月の請求の三分の一に相当する金額です。

何が一番恐ろしいかというと、本当に引いた額を振り込んでくるのと、取引停止にはしないのです。

いっそのこと取引停止にしてくれた方が気が楽だったりするのですが、そうはせずに飼い殺しにするのです。

元請けの従業員は不注意で事故を起こしていまい車の修理費のローンを組まされていました…200万。

とにかく、「金が全て」の銭ゲバ社長でしたね。

その恐ろしさをお互いに知っていながら「社長に言うぞ」なんて簡単に言う担当者にムカつきながらも、「社長にも私の方からご説明させていただきますよ」と。

しかし、その担当者は悪意をもって社長に言いつけたようです。

しばらくすると、プルルルルと社長からケイタイ電話が…

来たか…

私:「お疲れ様です!」
社長:「オラ!テメェ、今何処にいるんだ!」

第一声がこれです。

私はこの件に関しては今まで一緒にやってきた事。今後はフライングをしないようにする事が一番重要だという事を社長に伝えました。

なんせ、今まで一緒にフライングをしてきたのですから。

しかし、思いは伝わりませんでした。

社長:「今すぐ誤りに行かないんならわかってんだろうな!!」
私:「申し訳ございません。今日はいけないので明日伺います」
社長:「ゴルァ!ウラァーーーー!!!%$#&?%$#!」ブチッ

昔テレビで見た借金の取り立てのような電話でした。

この後、ペナルティと称した金銭面的制裁を受けたことは言うまでもありません。

担当者が悪意をもって社長に与えた誤解は思いのほか強烈でした。

このように、頭に血の上っている立場が上の人間の誤解を解くのは、不可能と言っても過言ではありません。

私はこの社長とは10年近くお付き合いさせていただいていましたので、誠意をもって説明すれば伝わると思っていましたがそんなことはありませんでしたね。

さみしい話です。

目上の人を怒らせてしまった時にはこう接しろ!

怒っている人の接し方

些細な事で必要以上に怒る人は大きく分けて2タイプいる

【熱しやすく冷めやすいタイプ】
このタイプなら、全然大丈夫です。ちょっとしたことで怒りますが、すぐに冷めます。

早ければ数分後には、何事もなかったかのように向こうから話しかけてくるでしょう。なので、こちらも何事もなかったかのように接しましょう!

このタイプを見極めるには周りの人達ですぐにわかりますよ。

「また、始まったよ」「ウゼーな」「大丈夫、気にするな」なんて声があれば、日常茶飯事の事なのでしょうから。



【熱しやすく冷めにくい】
ヤバいのは、このタイプです。鍋なら最高の一品なのですが、人なら最悪です。
その場でなだめるのはまず無理でしょう!

熱しやすく冷めにくいタイプ

出来る事は1つ、これ以上怒らせないことを第一に考える事です。

それには「申し訳ございません」の一言だけで、一先ずその場を乗り切る事です。

先ほどの私の体験でもそうでしたが、どんなに付き合いが長く気心が分かっているつもりでも、こっちの思いや考えなど関係ありません。

なぜならば、結局は下の人間として見下されている部分があるからです。
下請けなんか奴隷ぐらいにしか思っていない取引業者もいるのです。

ですので、何を言ってもさらに爆発することが予想されますので、余計な事は言わないようにしましょう!

相手:「何か言ってみろ!」
私:「はい、申し訳ございません」
相手:「お前は、申し訳ございませんしか言えねえのか!!」
私:「はい、申し訳ございません」

これが、それ以上に火をつけない一番の方法です。

「これには深~いわけがございまして…」なんて言おうものなら、
「だ・$#?%!ゴルァーーーーーー」

となりますので注意してください。

なので、何を言われても「申し訳ございません」の一言でその場を乗り切りましょう。

しかし、注意したいのがテキトーに言っていたのでは通用しません。
演技派俳優ばりの表情を作ることが必要です。

これ以上追い込んだら、かわいそうだなと思わせるくらい悲しい顔をするのです。(笑)

元々は「なんで、こんな些細な事でこんなに怒れるんだ?」と言う事で怒られているので、真に受けすぎずに、この程度の対応で十分でしょう!

そして、ほとぼりが冷めたころに機を見て「あの件は実はあーだったんですよ」と誤解を解くようにしましょう。



まとめ

すぐに怒る取引先や上司は元々立場が違います。いくらこちらが正論を解いても一蹴されてしまうでしょう。

ショー

理不尽ではありますが、まかり通ってしまう世の中です。私たち下の立場の宿命でしょう。

立場が上の人が理不尽に起こっているときは何があっても誤解を解こうとせず、「申し訳ございません」の一辺倒が一番無難です。

『鉄は熱いうちに打て!』ということわざがありますが、人の怒りを冷ますのには熱いうちに打っては絶対にダメです。

人の怒りのピークはその瞬間なんです。数分後には怒りが冷めている場合も多くあります。

なので、自然に怒りが冷めるのを待ちましょう!

ショー

くだらないことを真に受けすぎると自身の精神が崩壊してしまい人生を台無しにしてしまうので、気にしすぎない事です!

最後に注意したいのが、上記で書いた方法は直ぐに怒る人が大した事でもないことで怒っている場合で、

致命的なミスをしてしまった場合は別です!速やかに上司に報告をし、最善の対応策を練りましょう。