年収を100万円アップする4つの方法!給料が上がらない人が取るべき行動と考え方

こんにちは、
『もうじき、年収上げられそう!』というショーです。

答えは、最後までご覧いただければ分かると思いますので、最後までお付き合いくださいね。

さて、年功序列・終身雇用が崩壊した今の日本では「思うように年収が上がらない」という方、多いんじゃないでしょうか?

現在は勤続年数に比例して昇給し、定年まで働ける仕事はそう多くはありません。
公務員ぐらいですかね?「公務員になっておけば良かったなぁ~」とつくづく思いますよね。

私はブラック企業から抜け出し、現在タクシードライバーをやっていますが、タクシーは入社して直ぐに稼げるメリットがありますが、その反面、年数に応じて給料を上げるのは難しい職業です。

因みに、昨年の年収は580万です。一般的には多くも無ければ少なくもないといった所でしょうか?

でも、正直に言って足りません。

子供の習い事や、連休にはどこか連れて行ってあげたいし、貯金もしなければいけない。そう考えるとあと年収100万は欲しい所です。

毎月の給料にして8万3千円ほどです。

しかし、この先10年タクシーを続けても大きく収入が上がる事はないでしょう。むしろ体力の低下とともに減ると思います。

私のように、何年やっても給料が上がらない・上がる見込み無いという人は多いと思います。
なので、別の収入源を見つける必要があります。

本記事は年収を100万アップする方法をいくつか考えてみましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

本業だけで稼げる時代じゃない!会社を信用しすぎるな!

会社を信じていない顔

まず、冒頭でも言いましたが、勤続年数=収入アップにはならない時代です。

働き方改革で「良いのか?悪いのか?」残業をさせないという企業も多くなってきています。もっと働いて残業代が欲しいという人も多くいるのでしょうけどね。

しかし、「満額は出ない」「みなし残業」という会社も多くあり、時給に換算したら数百円なんてこともザラですよね。

ショー

私の前職でも毎日のように残業があり、休日出勤も当たりまえ、
もう明らかに
従業員数が足りてない!そんな状況でした。

で、私は役職についてましたのでみなし残業だったので、いくら働いても一緒。

休日出勤に至っては基本給を低くして、手当で付ける給料体系でしたのでモノ凄く安い!
「16歳の頃やった引越しのバイトより安いよ」という金額でした。

しかも、休日出勤しなくてはいけないほど仕事があるので、いつもよりも早く出勤していつもより遅く帰る。

なのに、ほとんど出ない休日手当。

休日手当の出ないサラリーマン

ホントによく考えますよね、法の穴を…
休日手当を時給に換算すると、最低時給より遥かに安いのですから…
もう、子供のお小遣いレベルですよ。

本業で頑張って残業するより、そこらでバイトした方が割に合うなんて…
そんな会社で、プライベートを犠牲にしてまで働く必要はありません!

「会社はきっと、自分の事を見てくれている」
「いつか、結果を出してくれるだろう」

なんてことは思わない事です。

悲しい言い方になりますが、あまり信用しない事!

会社がそういう態度ならば、こちらもバカ正直に会社のために頑張り過ぎない事です。
気づいてからでは遅いのです。

なので、これから年収を上げる4つの収入源を書きますので参考にしてみて下さい。

  • ネットビジネス
  • アルバイト
  • 世帯年収でアップ
  • 副業をやるために転職

副業でネットビジネスをやらない手はない!

副業が解禁になりつつあり、副業で生計を立てている人も多くなってきている中、ネットビジネスは注目ではないでしょうか?

ブログやアフィリエイトで収入を得る事が出来れば、年収100万どころか、200万、300万アップも夢ではありません。

ネット収入を得られている人

ブログで稼ぐ事は簡単ではありませんが軌道に乗せることができれば、これほど良い副業は無いでしょう。

ネットビジネスで得た収入の所得に関しては、自分で確定申告をして発生した税金を自分で納めれば会社にバレる事はありませんので、そういった心配なく始められるのはいいですね。

最低賃金が高い今ならアルバイトも悪くない!

最低賃金、時給1000円が目前になってきています。私が10代のころ初めて働いたバイトの時給780円から考えると悪くありません。

例えば、1日3時間、週に3日働いたとして1ヶ月で、

時給1000円=36000円
時給780円=28080円

月に8000円もの差が出ます。これは大きいですよね。

しかも、現在は人材不足もあってバイトやパートが重宝されているので、あっという間に1200円、1300円と時給も上がるでしょう。
もちろん、本人の仕事ぶりによりますが…

例えば、時給1300円で1日12時間、月に26日働くと、1ヶ月で40万ほどになります。
年収にすると480万にもなるのです。

フリーターでも掛け持ちで馬車ウマのように働けば年収500万くらいなら可能な時代なのです。

馬車ウマ

極論になりますが、終身雇用が崩壊している昨今では、年収300万の正社員にこだわるのではなく、個人事業主やフリーターでガンガン稼いでいくのも一つの手ではあります。

勿論、安定性は無いですが…

話が反れましたが、アルバイトの最大のデメリットは会社にバレる可能性がある事ですね。

本業で住民税を給料引き落としにしている場合「彼はなんでこんなに住民税が高いんだ?」と、かなりの確率で会社にバレます。

バイトで発生する住民税も本業の方で取り扱われるからです。

そう、考えるとやアルバイトOKの会社ならいいのですが、アルバイトNGの会社だと難しいかも知れませんね。

短期のアルバイトなら条件が揃う!

しかし!アルバイトの場合、年間の稼ぎが20万円までは申告しなくても良いというルールがあります。

なので、月に1万円~1万5千円程度のお小遣いが欲しい人は、会社にバレずにアルバイトをすることが可能なのです。

なのですが、1つ問題があります。

本業が毎日時間通りに終わり、アルバイトに遅刻せずに行く事が出来る人ならいいのですが、毎日終わる時間が分からないという人にはアルバイトは難しいです。

パンダ

休みの日を利用して働けばいいんじゃねーの?

しかし、月に1、2回程度の勤務で雇ってくれる職場が有るかどうかですよね?

そこで、月に1~2日程度働きたい方にオススメなのが、短期のアルバイトです。



私も以前、お世話になっていました。

恥ずかしながら言いますが、借金まみれの時期があり、次の給料日まで本当にヤバいという月もございまして、そんな時に短期のバイトをして何とか生き長らえる事が出来ました。

短期バイトの一番良い所は、自分の都合で働けることです。

最初に登録をしに本社に行って説明会を受けなければいけませんが、その後は仕事内容がメールで沢山送られてきますので、興味のある仕事内容を選んで働くことが出来ます。

自分の予定が空いている時だけ働けて、しばらく予定が空かず働けなくても大丈夫なんですよ。

仕事内容も、誰でも出来る簡単な仕事なのに高時給の仕事が多いので働きやすいですしね。

特に私が登録をしていて凄く役に立ったのが、転職の時です。
前職の有給が1ヶ月ほどありましたので、その間短期のバイトをしていました。

ショー

1ヶ月ゆっくりしても良かったのですが、稼がなくてはいけない立場ですので少しでも足しになればと思いバイトしてました。

有給にプラスで入ってきましたので当時は助かりましたよ。
で、20万以内だったので問題なしです!

少し稼ぎたい人には短期のバイトはかなり融通の利きますよ。

イザという時のために登録だけでもしておくといいかもしれませんね。

因みに、私が登録していたのは【ランスタッド】という世界最大級の総合人材サービス会社なので高時給の案件も多いのでオススメですよ。

自分の年収アップを考えるのではなく、世帯年収でアップを考えよう!

「嫁に働いてもらう」って事です。

現状で共働きのご家庭も多いかと思いますが、小さい子供のいる世帯では意外と専業主婦というお宅も多いのではないでしょうか?

旦那が、本業の微々たる残業代やバイトで馬車ウマのように働くよりもメリットが多くありますよ。

しかし!ただ「働け!」と言っても、「じゃあ、家事はだれがやるの?子供は誰がみるの?」などの反撃を受ける事は必至です。

結論は、旦那が家事をやればいいのです。

家事をする旦那

「旦那一人の稼ぎで満足いく生活が出来る時代じゃない!」のですが、嫁に家事も育児もやらせて「働け!」じゃあ、絶対に納得して貰えません!

なので、嫁に働いてもらって家事や育児をやれば、お互いの気分転換になり気持ちよく日常生活を送る事ができるのです。

  • 嫁も家にいると気が滅入るので働くことで気分転換になる。
  • 旦那も無理して働くより子育てをすることで気分転換になる。

先程ご紹介した、ランスタッドは嫁さんに働いてもらうのにも凄くいいですよ。

予定の開いている日だけ働けますし、子供の夏休み期間は働かないという事も出来ます。

夫婦で、一緒に登録に行ってはどうでしょう?

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド

副業をするために転職もありじゃない?

「この先、年収が上がる見込みは無い」
「年齢的にもいつまで出来るか分からない仕事だ」
「日々サービス残業が激しく家事なんてとてもじゃないけど出来ない」
「子供との時間もまともに取れやしない」

このような仕事なら転職しても良いと思いませんか?

家族のために我慢してストレスためながら、安月給で働いている。
で、忙しくて家族との時間も取れないって…

「そんな仕事辞めてしまえ」と言いたくなります。

転職を決意する人

私は家庭を犠牲にしてもしょうがない年収は最低700万だと思っています。

年収700万あれば、不自由しない生活が送れる金額だと思いますし、仕事も忙しいでしょう。

しかし、それ以下の年収なら「どうにでもなる」と思ってます。

私は転職をするまでは「転職して直ぐに年収500万稼げる仕事なんて早々には無い」と思っていてツライ仕事を20年近くやってきました。

ですが、今は「年収500万くらいならどうにでもなる」と思っています。

私の現職のタクシードライバーも年収500万くらいなら転職1年目から稼げますし、プライベートの時間も多く取れる仕事です。

転職して自分に余裕を作り、その分、家の事をやれば嫁さんも働きに出れますよ。



まとめ:年収を100万アップする4つの方法

本業ではこれ以上給料が上がらない人が、年収を上げる方法を4つ書きましたが、まとめてみます。

ネットビジネス:オススメ度★☆☆☆☆
稼げる保証はないが、当たれば100万どころかそれ以上の収入も見込めるので挑戦してみる価値はあります。ですが、時間を無駄にする可能性も高いので★一個です。
アフィリエイトを始めたい方は、まずはブログを作りましょう!
【副業アフィリエイト】初心者が最短でブログを作る方法と初期費用

アルバイト:オススメ度★★☆☆☆
確実に稼げるが、体力が必要なのと本業の会社にバレる可能性があるのでバイト禁止の場合は要注意!
しかし、年間20万円以内ならバレる心配はありませんので、ちょっとお小遣いが欲しい人には良いと思います。その場合は融通の利く人材派遣がオススメです。
公式サイトは↓です。
世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド

嫁に働いてもらう:★★★★☆
一番現実的ですが、嫁が働ける環境を作るために自身の仕事や生活を見直す必要がある。

転職:オススメ度★★★☆☆
転職に成功した場合はハッピーライフが待っています。私自身も転職で人生を変える事が出来ましたので★5個付けたい所ですが、むやみな転職は失敗のもとなので★3つです。
転職をする際には、しっかりと下調べをしてから、勇気を振り絞って決断しましょう!
タクシー転職なら下記のコンテンツをご覧ください。
本気の人が見るタクシー転職術!成功の秘訣を現役ドライバーが公開

いかがでしたでしょうか?

私のおススメは『転職+嫁に働いてもらう+ネットビジネス』です。

で、それが可能なのがタクシーに転職する事です。

タクシーは自由な時間が多く取れる仕事で知られていますし、条件を満たせば誰でも年収500万以上は稼げる仕事です。

パンダ

仕事なんてなんだってイイ!プライベートを大事にしたいんだよ!

という人には、タクシーは向いている仕事ですよ!

最後に…冒頭のご挨拶で『もうじき年収が上げられる』と言った理由は、嫁が働くことになったからです。

我が家は子供がまだ小さいのですが、私がタクシーに転職して家事と子供の面倒を見る事ができ、嫁が働きに出れるようになったのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<おすすめコンテンツ>
【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?