ブラックな条件で働いてはいけない人の特徴【すぐに辞めるべき】

こんにちは、ショーです。

世の中、多くの人が『ブラックな条件』で働いています。

自分で理解してブラックな条件で働いている人。
ブラックな条件で働いている事に気付いていない人。

ブラックな条件でも『将来性』があったり、それなりの『対価』が貰え自分で納得して働いているならまだいいんです。

ただ、以下のような人はブラックな条件で働くものではありません。

  • NOと言わない人。
  • 我慢ができてしまう人。

このあと、詳しく書いていきます。



ブラック企業に食い物にされてしまう人の特徴

女性

私は前職で人を管理する中間の立場にいましたが『おとなしくて文句を言わない社員や我慢強い社員ほど割に合わない仕事をしていた』のを散々見てきました。

一番の問題は仕事ができる社員なのに、その評価を上に伝えても待遇が良くなることが無かった事です。

  • やる気があり自発的に仕事ができる社員の給料が上がらない。
  • 仕事ができるのに、年功序列が優先され上に上がれない。

「会社はちゃんと見てくれている。」
「だから、主張はしない。」

こんな、考えは危険です。

黙っていると『今の条件で不満が無い』と思われてしまいます。

文句ひとつ言わずに働いてしまう人は【ブラックな条件・ブラック企業・ブラック業界】で働くものではありません。

必ず、いいように使われます。

NOと言わないとブラックな条件ではコキ使われます。

文句をいわず一生懸命働いてくれると、当然仕事を頼まれる事が多くなります。

本来ならば良い事なんですが、難しい仕事ばかり任されても給料も上がらないうえ昇進もしなければ『働き損』です。

NOと言わない・言えない人はブラックな条件では働くべきではありません。

我慢強い人はブラックな職種は避けましょう。

会社がブラックというよりも、業界自体がブラックな職種は沢山あります。

下記の記事でも書いたように、やりがいのある仕事ほどブラックな傾向にあります。

ブラックな仕事を辞められない理由【ブラックと魅力の関係】

将来、独立するために「今は、黙ってノウハウを身に付けているだけ」なら、我慢して働いても良いと思います。

しかし、独立する気がない・独立するような業種ではないなら、ブラックな条件を我慢して働くのは得策ではありません。

我慢がストレスになり、いつか潰れる日がきます。

転職の時期を見間違わないでください。

男性

終身雇用が崩壊しているので、この先一つの会社で働き続ける人は少なくなります。

誰もが1回・2回転職をしながら、この厳しい世の中を生きていくようになるのです。

だからこそ、転職の時期を見間違わないようにして下さい。

限界が来てからでは遅いのです。

「限界がきたら何か探せばいいか」では、いい仕事は見つかりません。

転職することを前提に、「何かいい仕事は無いか?」常にアンテナを立てておくことが理想です。

会社を辞める時は遠慮はいりません。

もし、今まで我慢し続けてきたのなら、会社を辞める時には遠慮しないで『正当な権利』を主張しましょう。

過去のサービス残業など貰えるものは少しでも返してもらいましょう。

下記の記事に書いてある事ですが、私の前職では過去のサービス残業代で100万以上のお金を取り戻した社員もいました。

ブラック企業を上手に辞めるおすすめの方法【期限付き】

まあ、彼は黙っていた社員ではなく、騒いだ社員だったわけですが…。

『主張はしないといけない』いい例だと思います。



最後に

底辺人生を歩んできた私の戯言ですが、仕事は程々でプライベートを充実させることを第一に生きていった方がいいと思います。

私がそうでしたが、家族を養うために仕事優先で我慢して働いていたのは間違いでした。

家族のためを思うなら割の合わない仕事なんてするものではありません。

「条件が合えば職種なんて何でもいい」

このくらいの考えの方が、人生が充実します。

現に、私も「家族がいるから」と我慢して働いていましたが、転職をしたらよっぽど家族のためになりました。

まあ、収入を下げずに労働条件を良くできたことが一番の理由ですが…。

因みに、私は『とあるブラック業界』からタクシーに転職をしました。

タクシーに転職して良くなった部分に関しては下記の記事を見てみて下さい。
タクシーに転職をして成功だった?失敗だった?お答えします

タクシーは仕事よりもプライベートを優先したい人には、凄くいい仕事ですよ。

タクシーが気になる方は下記の記事もご覧ください。

最後に、転職には勇気がいりますが、確実に人生が変わります。

<おすすめ記事>
人生を変えるには『小さな勇気を大きな行動に変える』ことです