【車の空調】メリットが多い『内気循環』の最大のデメリット!

こんにちは、ショーです。

普段から車に乗っている方でも、空調機能の『内気循環』と『外気循環』を使い分けている方は少ないと思います。

大体の方は内気循環のままのはずです。

ただ、内気循環には思わぬデメリットがあったんです。



内気循環と外気循環について

女性

まず、内気循環と外気循環について詳しくない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。

  • 内気循環は外の空気を取り入れず車内の空気を循環させる。
  • 外気循環は外の空気を車内に取り入れ空気を循環させる。

その名の通りなんですが「窓を閉め切っているのに排気ガス臭い」なんて経験したことありませんか?

それは外気循環になっているので、外の排気ガスが車内に入ってきてしまっているのです。

で、今回知っていただきたいのは『常にどちらか一方だけにしているのは良くない』という事です。

内気循環と外気循環は、その時の状況で使い分けた方がいいのです。

通常は内気循環にしておく方がメリットが多くあります。

  • エアコンの効きが外気循環より良い。
  • 外の臭いが入ってこない。
  • 微量だが花粉対策にもなる。

内気循環の一番のメリットは『エアコンの効きが外気循環より良い』ということなんですが、外の空気を取り入れないわけですから当然ですね。

夏でも冬でも内気循環の方がエアコンの効きがいいです。

次に、先ほども書きましたが『外の臭いが入ってこない』というメリットがあります。

自分の前をトラックやバイクが走っている時に外気循環にしてしまうと排気ガスの臭いがかなり入ってきてしまいます。

あと、微量なようですが『花粉対策』にもなるようです。

軽度の花粉症なら気にするレベルではないようですが、重度の花粉症の人で少しでも花粉を吸いこみたくないなら内気循環が良いようです。

ただ、花粉症対策については循環を気にするより、車の乗降する際に衣類の花粉を落とすとかの方が有効なようです。

あと、エアコンのフィルターも定期的に交換することで車内の花粉を取り除く効果もあるようです。

このように、通常は内気循環にしている方がメリットが多いんです。

内気循環の最大のデメリット

内気循環にも雨の日に窓がくもりやすいとかデメリットはありますが、内気循環にして長時間運転した場合、車内に溜まった二酸化炭素が原因で眠気を誘ってしまう事が研究で分かってきているみたいなんです。

空気中の二酸化炭素が一定量を超えると疲労感を感じたり、注意力が低下したり、眠気や頭痛を引き起こてしまうそうです。

これ全部、事故や違反に繋がってしまうことですよね。

二酸化炭素の濃度とか難しい事は省きますが、内気循環で運転を続けるようなら1時間に1回程度の換気するのがいいようです。

高速道路を長時間走るなら外気循環にした方がよさそうですね。

あと、たぶん同乗人数も関係してきますね。人数が多い方が二酸化炭素の濃度も高くなるのでしょうね。



まとめ:内気循環と外気循環は状況によって使い分けるべきです。

通常はエアコンの効きもよく、車外の臭いも入ってこない内気循環がおすすめなんですが、換気をせず運転を続けた場合、注意力の低下や眠気など運転に支障が出る可能性があります。

高速道路を走行するなら外気循環がおすすめですね。

また、雨の日なんかは外気循環にしておかないと窓が曇ってしまいます。

<合わせて読みたい記事>
【運転中の眠気】ガム・コーヒー・ドリンクが対策にならないわけ

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧