『居心地のいい会社』は転職した方がいい話【目安は5年です】

こんにちは、ショーです。

待遇の悪い会社でも『居心地』がいい会社があります。

  • 5年も働いているのに手取りが20万円。
  • サービス残業も多く給料が上がる見込みはない。
  • 定年まで働けるような仕事ではなく将来性もない。

でも、居心地がいいので辞める気にならない。

今回は、このような『労働環境』で働いている方に「なるべく早く転職するべきです」という話をします。

ポイントは以下になります。

  • 居心地のよさは『悪条件』を生みだすだけ。
  • 5年で変わらなければ10年やっても変わらない。
  • 働く意味を考えると『居心地のよさ』は必要ない。



居心地のよさは『悪条件』を生みだすだけです。

働く人

会社の居心地が良いと『悪条件』が我慢できます。

冒頭でも書いたように、給料が少なくても将来性が無くても『なんとなく』働き続けてしまっている。

こういった方は要注意です。

初めのうちは『悪条件を我慢』して働いていたのに、だんだん『諦め』に変わり、悪条件を受け入れてしまい、気付いた時には手遅れになります。

「今は我慢」
「いつか良くなるだろう」
「どうせ何も変わらない」

『我慢』が徐々に『諦め』に変わり、会社に『悪条件を受け入れいる』と思われてしまいます。

「何も言ってこないし、今の給料でいいのだろう」

と、いつまでたっても待遇が良くなることはありません。

働く意味を考えると『居心地のよさ』は必要ない。

お金のために働く人

なぜ働くのかを考えると生活をするためです。

それも『ただ生きるため』だけに必要なお金だけではなく、豊かな生活を送りたいから一生懸命働くわけです。

  • マイホームが欲しい。
  • 美味しいものを食べたい。
  • 趣味にお金をかけたい。
  • 子供に習い事をさせたい。

などなど、その為に働いているわけですから、優先順位は『収入』などの待遇が一番のはずです。

「居心地がいいから」というのは『働く理由』にはいらない感情です。

稼ぐために働いているのですから、「給料が凄い少ないんだけど居心地がいいから、この会社で働いている」というのは、間違っていると私は思っています。

居心地がいいと、仕事が終わってもダラダラ会社にいる時間が増え結果、

  • サービス残業だけが増えていく。
  • 自分の時間が無くなる。
  • 家族との時間も取れなくなる。

という、弊害がでます。

5年で変わらない会社は10年、15年働いても変わりません。

居心地のいい会社

私が管理職を務めた前職でも、こんな社員がいました。

6~7年ほど勤め、仕事がよくできる社員でした。

ただ、少し『正確に難』があって、ちょくちょく問題を起こす社員ではありましたので、そこが上からの『低評価』にはつながっていました。

しかし、業務に支障をきたすような問題を起こすわけではなかったですし、バリバリ業務をこなしていたにも関わらず、年収にして300万円くらいしか貰っていませんでした。

あれだけの仕事量をこなして年収300万円は『私だったらすぐに辞めている』レベルで、ちょっとありえなかったんですが、その社員は愚痴るように管理職だった私にこう言うんです。

「あと、3年経って、給料増えなかったら辞めます」と…。

思わず「えっ、今の給料であと3年も我慢できるの?」って言ってしまったんですがね(苦笑)

それも、本気で辞める気はなく『何とかしてくれるのを期待してる』のが見え見えでした。

彼は『悪条件』よりも、自分のわがままが通る会社に『居心地の良さ』を感じていたようです。

普通、5年も働けば仕事も覚え、その会社で『必要な存在』になっているはずです。

にも拘らず、給料などの『待遇』が上がらないのは、それがその会社・業界の『本質』なのです。

5年働いて、給料を上げてくれない会社は10年働いても給料を上げてくれることはありません。



結論:5年を目安に転職を考えるべきです。

5年を過ぎると役職に付かない限り、年々仕事は楽になります。

今まで『全力』でやってきた仕事が7割・8割程度の労力で出来るようになるからです。

で、仕事が楽になり、下の人間もでき、居心地がどんどんよくなります。

この頃には『待遇の悪さ』より『居心地のよさ』を選んでしまうようになってしまいます。

我慢が諦めに変わるからです。

先程も言いましたが、5年働いて『結果』を出してくれない会社は10年働いても『良い結果』は出ません。

なので、5年を目安に転職を感がえるべきなのです。

諦めて『行動力』を失う前に。

<合わせて読みたい記事>
ブラックな仕事を辞められない理由【ブラックと魅力の関係】

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧