なるべくなら、誰にも知られずに借金を完済したいという方に!

こんにちは、ショーです。

借金は、自分が『多重債務者』と気付いた時には、すでに手に負えなくなっているケースがほとんどです。

  • 月々の返済をしても残額が減っていない。
  • キャッシングをして返済にあてている。

現実から目を背け限界が来るまで借金を繰り返してしまうのです。

「給料が入ったら〇〇の支払いをして、戻った限度額の枠でまた借りて、△△を支払って…よし!そうすれば今月もなんとか乗り切れるな…」

これ、末期です。

と言いつつも、私も総額500万ほどの多重債務に陥った過去があります。

…スロットが原因です。

「もう、スロット止めないと…」と思ってても、ちょっと勝って調子が良くなると「スロットで作った借金はスロットで返す!」なんて思っちゃう『お花畑な思考回路』理解していただける方もいるかと思います。

結局、借金は増えているのですがね…。

ただ、幸い私は下記の記事で書いたように、運よく完済することができました。
総額500万円の借金を誰にも知られず完済できた私のはなし

しかし、ほとんどの場合は多重債務は自力での完済は難しいです。

自分の『支払い能力』を超えてしまっているからです。

・月々の返済のお金が足りない。
・月々の返済をしても元金が減っていない。

このような方が借金を完済するには、誰かの力を借りなくてはいけません。



本当は信頼できる人の力を借りるのが一番なんです。

男性

この記事は「なるべく誰にも知られずに借金を返したい方」に向けた記事なのですが、本当はそれではダメなんです。

それは「誰にも知られたくない」という気持ちが多重債務を泥沼化させるからです。

多重債務はなるべく早く、余力のあるうちに自分の置かれている状況を受け入れることが望ましいのです。

なので、本来は自分が一番信頼できる【親、兄弟、妻、親友】に打ち明け、今後の最善の道を一緒に考えてもらい自分を管理してもらう事が借金完済への近道なのです。

自己管理が出来ないから多重債務に陥ってしまったのですから、誰かに管理してもらうのが一番の方法なのです。

怒られ、軽蔑されると思います。

でも、カミングアウトすることが一番傷を浅く借金を終わらせられるのです。

「分かっているけど、でも言えない…」

私もそうでした。

なら、法の力を借りるべきです。

誰にも知られたくないなら法の力を借りましょう!借金帳消しもあります。

法の力

状況によっては、法の力で借金を一掃することもできます。

事実、年収500万程度だった私が総額500万もの多重債務を完済できたのは、過払い金返還請求で『かなりの金額』を取り戻すことができたからです。

多重債務に陥るような借金をしまくっている人なら、過払い金が発生している人が多いです。

しかし、過払い金が発生いるのに請求していない人も多くします。

それはリスクが怖いからです。

「過払い金請求してみたいが、ブラックリストのリスクが怖い」

確かに多重債務の場合、過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう可能性は高いです。

私も借金を一気に帳消しにすることができましたが、ブラックリストとして載ってしまいましたしね。

ブラックリストに載りたくない理由が的外れ

「だって、ブラックリストに載ってしまったら、ローンが組めないじゃないか…」

しかし、これが大きな間違いなのです。

首が回らないほどの借金があるわけですから、ブラックリストじゃなくても住宅ローンは論外、車のローンだって組めない可能性が高いです。

  1. いつ完済できるか分からない、首の皮一枚でつながっている状態の自転車操業を続ける。
  2. ブラックリストに載ってしまうが、借金を無理なく返済できる状態に持ち込む。

どちらがいいかは冷静に考えれば解ることです。

過払い金が発生しているのに請求しない人はブラックリストを恐れるばかりに、もっと厳しい道を選んでしまっているのです。

過払い金返還請求で残額が残ってしまうと、任意整理として扱われ5年間ブラックリストに載ってしまうわけですが、

その借金、5年で返せますか?

私のように多額の過払い金が出ているのなら、借金を帳消しにして5年間ブラックリストに載る方が遥かに楽です。

多重債務は過払い金のように『残額が一気に減る』出来事でもないと減りませんから…。

それに、過払い金が無い人でも【任意整理】で、利息無しで元金だけ返していくこともできます。

どうしても「誰にも知られたくない…」という人は、まずは専門家に依頼することを考えてみましょう。

専門家への依頼には下記の記事も参考にしてみて下さい。
多重債務者であることを誰にも言えない…【できることは?】

専門家に依頼する時の注意点

男性

ただし、過払い金請求を含む債務整理を巡ってはいろいろトラブルが発生しているのが事実です。

藁をもつかむ思いでお願いしたのに『ほったらかしにされて今だに解決してない』人が多くいるのも事実です。

「お金にならない案件は後回し」みたいな、金に目がくらんでいる悪徳な専門家も必ずいます。

お金にならない『和解』よりも、お金になる『裁判』をやたら進めてくる場合は要注意かもしれません。

専門家に依頼する場合は、依頼者が求めている方向でやってくれる専門家が良いと思います。

ただし!いくら良い専門家に出会えても、自分がいい加減な事をしてしまうと辞任され状態が悪化してしまう事もあります。任意整理をする際は覚悟を持ってして行ってくださいね。

家族にバレてしまう3つのケースがあります。

任意整理・過払い金請求は、基本的に誰かにバレる事はありません。

しかし、状況や不注意でバレてしまうケースもありますので注意が必要です。

  • 自分で過払い金請求請求をする。
  • 専門家に依頼して裁判をする。
  • 専門家のミス。

自分で過払い金請求をしたり、専門家に依頼して裁判をすると、カード会社や裁判所からの書類などの郵便物が自宅に届いたり、日中自宅に電話がかかって来たりして家族にバレてしまう場合があります。

そして、あってはならないのですが、稀に依頼した専門家のミスでバレてしまうケースがあるようです。

上記でかいた事と同じ、郵便物によりです。ウッカリ、自宅に事務所名義で送ってしまったなどのケースもあるようです。

過払い金に特化していない弁護士や司法書士に依頼するとあるミスのようです。

なので、任意整理をするときには『得意』と謳っている専門家に依頼しましょう。



最後に

借金は誰にも知られたくないものです。私も借金まみれ時代は絶対に誰にも知られたくありませんでした。

しかし、手に負えなくなった借金は誰かの手を借りなくては返すことはできません。

専門家・信頼できる人の力を借りて1日でも早く借金を返した方が明るい未来が待っていますよ。

<あわせて読みたい記事>
ブラックリスト中の人でも作れるクレジットカードはあります!

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログおすすめのコンテンツ↓↓↓

その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。投稿記事一覧