借金をしていい人ってどんな人か分かりますか?

こんにちは、ショーです。

このご時世、余程の現金主義じゃない限りクレジットカードやローンなどでお金を借り入れたことが無い人は少ないと思います。

特にクレジットカードを1枚も持っていないという人は珍しいですよね?

過去の私のようにブラックリスト者でもない限り、普通に働いていて毎月収入がある人なら、殆どの人は簡単にクレジットカードを作る事が出来ます。

まあ、厳密にいうと『クレヒス』が必要だったりしますがね。

例えば、何か大きな買い物をした時に「今作れば、ポイントが3倍付きますよ~」って言われると、本当は必要なくても流れで作る事もありますものね。

でも、カード払い、カードローンって聞こえはいいですけど、ただの借金ですから使用には注意が必要です。

クレジットカードは誰でも作る事が出来ますが、誰もが使いこなせるものではないと私は思っています。



借金していい人ってどんな人か解りますか?

計画通り返せる人です。

〇〇円借りた場合、月々の支払いが△△円で、✕✕年✕✕月に支払いが終了する。

当たり前の事ですが、クレジットカードなどお金の借り入れをする前に、返済計画を瞬時にできないとドツボにハマります。

特にリボ払いでクレジットカードを使っている人の大半はドツボにハマっていると思います。

リボ払いでカードを使ったら借金地獄の始まりだと思って下さい

リボ払いは計画通りに返せないようになっているとしか思えません。

私もあれだけ借金地獄で苦しんで何とか完済できたのに、今度はリボ地獄に落ちそうになってしまっています。(泣)

金を借りるセンスがないんですよね、私は…

お金を借りるのも、使うのも、増やすのもセンスが必要ですね。

そもそも計画通りに返せる人は自分の収入だけで上手くやりくりするのでしょうし、お金を持っている人はお金を持っているんだから、わざわざ借金はしません。

矛盾してますよね。

クレジットカードは現金を持ちたくないキャッシュレス派のお金持ちや、借りたお金を計画通りに返せる人向けのものなんです。

カード特典のポイントを付けるためやキャッシュレス派の自己管理のできる人がカード払いを利用していいのです。

世界的に見れば現金を持っていると危ない国も多いでしょうし、キャッシュレス化が進んでいますからね。



『足りないから借りる』から借金まみれになるのです。

毎月の給料では足りなくて、生活費や交遊費にクレジットカードを使用してしまっている時点で返済能力はないんです。

必要な家電が壊れたなど、急な出費でクレジットカード払いを使うのは良いのですが、生活費や交遊費にカード払い、ましてやキャッシングなんかしてしまうと絶対に癖になります。

私もそうでしたが、多重債務者はカードのキャッシングの限度額を自分のお金だと思い込んでいます。

で、限界まで借り続けて借金まみれになるのです。

お金が足りない人は、借りるではなく我慢しなければいけないんです。

「今月お金が足りないから、クレジットカードで支払う」じゃあ、ダメなんですよ。

因みに、限界まで行くとこうなります。

  • 「金貸して」が挨拶代わりになる。
  • 金を借りる為には平気でウソをつく。
  • 金が絡むと人格が変わる。

多重債務者の末路ですので、気を付けて下さいね。



クレジットカードを使っていい人の目安はデビットカード。

結局、クレジットカードはお金を持っている人向けのものなのですが、デビットカードが一つの目安になるのかなと感じます。

自分の銀行口座に入っている分だけ使える訳ですから、これほど計画的な事はないですよね。

だって、私は口座にはお金が入っていないから、デビットカード作っても使えないですもの…(泣)

最後に…

クレジットカードは上手に使えばとても便利なものですが、借金してる感覚が薄いのが怖いところです。

使用の際は気を付けて下さいね。

もう、多重債務になっちゃってるよ、という人は下記の記事が参考になるかもしれません。
◆【人生を変えたい方】元多重債務者から学ぶ人生の再構築法
◆【借金がつらい方】完済する方法を元重債務者の私が教えます

<おすすめ記事>
■【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?
■【収入アップ術!】無理なく年収を100万円上げる4つの方法

それでは…。