葬式の費用がバカ高い理由を教えます【ボッタくられないために】

こんにちは、ショーです。

世の中には、お金をたっぷり持っていて「俺の葬儀は盛大にやってくれよ!」という人もいます。

葬儀費用は『相続税』の控除の対象になりますので、財産をたっぷり残された人の場合は『税金対策』になりますので、必ずしも葬儀費用を抑える事がいいとは限らないのです。

しかし、お金に余裕のある人は一握りで、ほとんどの人は多額の葬儀費用を出せるほど余裕はありません。

事実、葬式のトラブルのほとんどが値段が高いことへの『金銭トラブル』です。

『葬儀=ボッタくられる』こんなイメージすらありますよね。

では、なぜこんなにも葬儀費用は高いのか?

今回、その理由とボッタくられないための心がまえを書きます。



葬儀費用が高いのはビジネス化しすぎているからです

金に目がくらんでいる顔

日本は『世界一』葬儀費用が高い国です。

世界の葬儀費用は『数十万円』程度ですが、それに比べ日本の葬儀費用は『平均200万円』ほどにもなります。

なぜ、日本だけこんなにも高いのかと言いますと、日本だけが葬式を『ビジネス』にているからです。

言い方を悪く言うと、日本人だけが『人の最後を商売』にしているのです。

映画などのワンシーンですが、海外の葬儀はとてもシンプルで、『見た目』ではなく「皆が集まり最後のお別れをすることが大事」というイメージがあります。

しかし、日本の場合は『形や見た目』ばかりを気にします。

やれ「もっと大きい祭壇の方が良い。」
やれ「もっと立派な戒名にしてあげたい。」

ただ、それは日本人が『見栄っ張り』だからではなく、『おもてなし精神』に付けこまれているからです。

葬儀費用が跳ね上がるのは必要ない物を売りつけられるからです

プロの営業マン

葬儀社はプロの営業マンです。

そして、自分が営業してきた売り上げで給料が決まる『歩合給』の場合が多いです。

だから必死になって、必要ないものを売りつけてくるのです。

「これが無いと葬儀は出来ないですよ。」
「会葬者のためにこっちにした方が良いですよ。」

『これが無いと葬儀ができない』なんて物はありません。しいて言うなら、棺と火葬場まで故人さんを運ぶ霊柩車くらいですかね。

それに、皆亡くなった故人さんや遺族のために来ているのに『会葬者のために』というのは、おもてなしが過ぎます。

ちょっと言い方が悪くなりますが、葬儀は『心の隙を狙ったビジネス』と言ってもいいくらいです。

最愛の近しい人を亡くして、冷静な判断ができない人に考える間も無く、必要ないものを売りつけてくる『営業のプロ』です。

値段が高すぎる葬儀の品

  • 老舗の料亭並みの値段なのに大して美味しくない料理。
  • 有名ブランド並みの値段なのに安そうな返礼品。
  • つぼみか痛んでるかの両極端なバカ高い生花。

上記のものは、会葬者に振る舞うものなので『香典』で賄うものですが、「来てくれた方のために」と、ランクをちょっとでも上げてしまうと途端に『負担』としてのしかかってきます。

その他にも『身の丈に合っていない戒名』『無駄に大きい祭壇・式場』『必要のない備品』など、気付けば数百万円の葬儀費用に膨れ上がってしまうのです。

ビジネス化がもたらす『負の結果』です。

しかし、葬儀はビジネス。営業マンである葬儀担当者が『自分の給料のために』費用を釣り上げてくるのは当たり前のことなのです。

金銭トラブルが起こるのは『必然』なのです。

例えば、洋服を買いに行けば「これ、おすすめですよ~」と値段の高い服を進めてきたり、「このジャケットにはこのインナーがピッタリですよ~」と、押しに負けて買ってしまったなんてこと有りますよね。

デパ地下に行けば、目に映るものが凄く美味しそうで、つい余計なものまで買ってしまいませんか?

普段でもつい買ってしまうのですから、最愛の人が亡くなった悲しみで『冷静な判断が出来ない』ときに、「これは絶対にあった方がいいですよ!」って進められたら「最後ぐらい」って気になってしまいますよね。

悲しいことに日本の葬儀は商売なのです。



葬儀でボッタくられないためのアドバイス!

誰しも、自分の近い人が『亡くなった』ときの事なんて考えたくはありません。

なので、葬儀に『無知』な人が非常に多いです。

葬儀社はそこを狙ってきます。

人はいつ亡くなるか分かりません。もしかしたら、明日パートナーが無くなってしまうかもしれません。

だからこそ葬儀の知識を日頃から付けておくことが、葬儀社にボッタくられない秘訣です。

葬儀の知識を付け以下の事ができれば、ボッタくられることはありません。

  • 予算を決めて『それ以上は出さない』ことを始めに伝える。
  • 絶対に葬儀社にお任せするような事は言わない。
  • 見積もりは必ず確認し不明な項目は遠慮しないで聞く。

最後に、自分の最愛の人の最後にお金で揉めるのは本当に嫌なものです。

しかし「葬式はそういった『人の気持ち』につけこむビジネスになっている。」ことを忘れないでください。

葬儀社はビジネスマンであり、営業マンです。心の隙をねらわれないように前もって心の準備をしておきましょう。

そして、葬儀費用を抑えたいなら、葬儀社にお金を持っている事を絶対に知られないようにしましょう!

因みに「最初の見積もりと値段が違う」のは、ただの悪徳葬儀社です。

<合わせて読みたい記事>
・費用を抑えたいなら家族葬にしてはいけない理由【高くつきます】

・大手葬儀社と街の葬儀屋さんどっちがいい?【葬儀社の選び方】

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧