健康診断で病気のたまごを早期発見しよう!わかる事と無料で受ける方法

こんにちは、ショーです。

突然ですが、健康診断受けてますか?

先日、何十年ぶりかに地元の親友と呼べる連中で一杯やった時の事なんですが、仕事の話や収入の話になりますよね。

で、家族で運送屋をやっている友人との会話で、仕事が順調で収入も相当有り、かなりいい思いをしてるようなのでしたが、話をしていると話題が健康の話題になりました。

で、その友人は健康診断受けたことが無いっていうんです。

その友人が立ち上げた会社なら「儲かってんだから健康診断ぐらい会社でやれよ」って言ってやるのですが、親父さんの会社だから言えなかったんですけどね。

だって、友達の親父さん…スゲーイカついんだもの。

私は前職も年1回の健康診断はありましたし、今はタクシードライバーなので年2回の健康診断が義務付けられています。勿論、会社負担です。

世の中、会社が儲かっている=会社負担の健康診断があるわけではないようですね。

「うちの会社は健康診断なんか無いよ!」
「いくらするの?生活がキツキツで受けられないよ!」

正直言って、私も会社に健康診断が無かったら受けて無いと思います。

しかし!病気は早期発見が重要です!

大病は症状が出てからでは遅いのです。症状が出てからでは進行している場合が多く、最悪は命の危険を脅かす場合も多くあります。

私たち庶民は体が資本です。

体を壊しては働くことが出来ずに、自分だけではなく家族にも迷惑をかける事になるでしょう。

そうなる前に、健康診断を受けて最低限の自己管理を心がけましょう!

で、今回は「健康診断を受けたことが無い」という人に、健康診断で分かる事や、自己負担なしで受けるための情報をお教えします。

スポンサーリンク

病気の一番の予防法は健康診断!

健康診断を受けたことが無いという人に最初に言っておきますが、ドラマのシーンのような「今すぐ、ご家族を呼んでください!」みたいな事にはならないので安心して下さい。

一般的に会社で受けられる健康診断は、メタボ診断と言われていて病気を見つけるものではありません。

では、健康診断で分かる事って何かといいますと「あなたのこの数値高いから放っておくとこの先に病気になってしまいますよ~。」という検査です。

一般的な健康診断で受ける項目

  • 身体測定・視力・聴力
  • 血圧・心電図
  • 血液検査
  • レントゲン
  • 検便・検尿
  • バリウム検査

上記の検査で「コレステロールが高いですよ!」とか「お酒飲みすぎですよ!」とかがバレてしまいます。

で、「運動してください」「揚げ物は控えて下さい!」「酒、たばこ禁止!!!」って言われてしまうのです。

まあ、不摂生している事がバレる検査です。



健康診断は思わぬ大病が見つかったりします。

中でも、私たちオジサンが引っかかりやすいのがコレステロール・γ-GTP・尿酸値だと思います。食べ物やお酒で異常数値が出やすい項目です。

しかし、この3項目が結構侮れません。

コレステロール:動脈硬化→脳梗塞や心筋梗塞でポックリ
γ-GTP:肝硬変→肝臓がん
尿酸値:痛風→腎障害でいきなり人工透析

こんな悲惨な結果になる場合もあるのです。

その他にも、検査項目によっては再検査で大病が見つかる可能性もあり、例えばこんな病気が見つかったりします。

検便で便潜血反応が出る→大腸がん
バリウムで胃に影が見つかる→胃がん
レントゲンで肺に黒い影が見つかる→肺がん

日本人の死因第一位はガンです。その他にも上位で心疾患・脳血管疾患・肺炎などです。

で、これ「健康診断の項目ばかりじゃないか!」と思いませんか?

だから、検査しているのです!

病気を早期発見することで、国は医療費を削減できますし、私たちは大病を未然に防げことが出来ますので、やはり健康診断は必要なんですよ。



バリウムを飲むなら胃カメラを飲め!

バリウム検査やったことがある人は分かると思いますが、後の始末が超大変ですよね。

私の家のトイレは水圧があまり強くないので、流れていかず便器の底に溜まってしまい大変な事になってしまうのです!

本当にバリウム検査がイヤでした…

出来る事なら、やりたくない。私と同じ意見の方も多いハズ!そんな方に朗報です。

医療の事で素人がアレコレ言っては絶対にダメ!なんですが、これは私の主治医に言われたことです。

あっ、私、腸の方で少し難病を患っておりまして、主治医がいるんです。この病気も健康診断で見つかったんですよ。

で、その胃腸のスペシャリストの先生との会話を見て下さい。

医:「ショーさん。胃内視鏡検査したことはありますか?」
私:「健康診断でバリウム検査はやっていますが胃カメラは無いです。」
医:「バリウム検査ね~。バリウム飲むくらいなら胃カメラ飲んだ方が早いですよ~。」
私:「えっ、そうなんですか?」
医:「バリウム検査で分かる事って何か影があるってことぐらいなんですよ。で、影が見つかったら再検査で胃内視鏡検査になるんです。だったら最初から胃内視鏡検査をやっちゃった方が早いでしょ~。」
私:「なるほど~。」

バリウム検査は、無理してやる必要はないのです!

「でも、胃カメラ検査って苦しいんでしょ?費用もかかるんでしょ?」という方へ。

受ける病院によるんでしょうが、私が受けている病院は麻酔を使い全く苦しくありません。費用も検査だけで異常がなかった場合は6000円ぐらいですよ。

私は難病患者なので、定期的に胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査をやっていますがオススメですよ。



健康診断を受けたいけど『お金がない』という方が無料で受ける方法!

会社では健康診断がない、専業主婦の方など、受けれるんなら受けたいんだけど自分で費用を出すのはちょっと…余裕も無いしという方。

健康診断は会社だけで受けれるものではありません。

自分が住んでいる街によっては無料で健康診断を受ける事が出来ます。まずは、現在お住まいの市区町村に問い合わせをしてみて下さい。

さすがにバリウム検査などは別途費用がかかるかもしれませんが、血液検査などは無料で出来るハズですよ。

とりあえず血液検査だけでも受けておくと自分の体の事が分かりますよ。

健康診断を受けるためだけの極論

今の世の中、ブラック企業が蔓延していて「健康診断もなければ、体調が悪くても休めない」なんて会社は多く有り、社畜として働いているなら『健康診断のために転職する』そんな考えがあってもいいんじゃないのか?と私は思います。

無理して働いて病気になってしまってもしょうがないですものね。

その点、私の現職タクシードライバーは、他の仕事に比べて自由度は高いうえに、そこそこ稼げますし、健康診断が年2回もあるんです。

で、数値が悪いと再検査や治療しないとタクシーに乗れないので強制的に健康を維持することが出来ます。

健康面だけを考えると、『イヤでも健康を気にするようになるタクシーに転職する』そんな考えもアリかもしれませんね。

最後に、人は皆一生健康でいられるわけではありませんが、病気は早期発見が重要です。

後悔しないために健康には気を付けましょう!