職場の人間関係がうまくいかない…【心の壁、作れていますか?】

こんにちは、ショーです。

職場での人間関係が上手くいかずに、それがストレスとなり会社を去っていく人も多くいると思います。

しかし、雇用が安定しない今の時代『雇用条件のいい会社』を、人間関係が理由で会社を辞めるのは勿体ないことです。

でも、人間関係は合わない人とは絶対に合いません。

全ての人間の相性が合うハズはないのです。

それができるなら、争いごとが起きるわけはないのですから。

では、職場での人間関係はどうすればうまくいくのか?

人間関係はよくすることは難しいです。

悪くさせないようにすることが大事です。

この記事では、職場の人間関係をうまく保つコツを書きます。

ぜひ参考にしてみて下さい。



前提:人間関係はうまくいかないのが当たり前と考える

人間関係が上手くいかない人

まずは、職場に限らず、人間関係はうまくいかないのが当たり前と考え、日々行動することが大事です。

すぐに、心のうちを見せることはしない。

育ってきた環境や物事の考え方、好きなもの・嫌いなものが全く違う人間と「うまくやれ」と言われても、そう簡単にできることではありません。

巨人ファンと阪神ファンに「仲良く観戦しろ!」と言ってもできませんよね。

職場の場合は、そこに欲・嫉妬・妬みなどが絡むわけですから、上手くいくはずがないのです。

たとえば自分が職場で「この人とは上手くいかないかも?」もしくは「すでに、こじれている」という人物を想像してみて下さい。

同じ課とか、チームとか、会社内でも顔を合わしている時間の長い人物ではないでしょうか?

  • 誰よりもいい思いをしたいという欲。
  • いい思いをしている同僚への嫉妬。
  • 自分より同期が先に出世したことへの妬み。

「いい給料が欲しい。」
「先に出世したい。」

『他人より、いい思いをしたい』という欲が、嫉妬や妬みに変わり、徐々に職場での人間関係を悪くするのです。

部署も違えば話したことも無い、自分と一切関係の無い人物と人間関係がこじれる事はありませんからね。

元々、関係が無いのですから…。

家族や親友が『良い思い』をしたら、心から一緒に喜べますよね。

本当に近い人間や、全く関係の無い人間には、妬みなどの感情は持たないものです。

よく知っている他人だからこそ「アイツだけ良い思いしやがって…」と、嫉妬・妬みが生まれ、そこから人間関係がこじれるわけです。

では、職場でどういった対応をすればいいのかと言いますと、心に壁を作ることです。

職場の同僚は所詮は他人。心を開きすぎないこと。

仮面

身内でもない、心から信頼できる親友でもない。

会社の同僚は言い方が悪いですが中途半端に近い他人です。

中途半端に近い他人に『心を開きすぎない』ことが人間関係を良好に保つコツです。

たとえば愚痴ばっかいう同僚とは、会社帰りの一杯は行かない。

話すことがいつも上司・会社への愚痴だけという『うすっぺらさ』もおすすめしない理由ですが、愚痴仲間は、少し状況が変わっただけでコロッと態度を変えてくる事があるからです。

もし、自分が出世をしたとして、よく飲みに行ったりして仲が良いと思っていたはずの同僚が、ガラッと態度を変えて自分への悪口を言いまくっていたとしたらどうでしょうか?

今まで通り接することができますか?

できませんよね。

飲みの席でできた『共感』なんて所詮その程度なんです。

同僚とカラオケ

これは、私も前職で『上の立場』になった時に経験したことです。

仕事上では私が先輩だったのですが、同じ歳ということもあってよく飲みに行ったり、一緒にスロット打ちにいったりした仲の良かったはずの人物がいたのですが、私が役職になったことで関係が悪くなりました。

私が関係を悪くするような事をしたのか?

相手がしたのか?

記憶は定かではありませんが、気が付けば関係は悪化していましたね。

職場の同僚は顔を合わしている時間が『一番長い人物』ですので、飲みに行ったり、会社のことを愚痴りあったりすることも多いと思います。

ですが、中途半端な付き合いはしない方がいい。

中途半端な付き合いをして『なあなあ』になってしまうのではなく、職場の同僚とは割り切って付き合うのが、後々に人間関係を悪くさせないこコツなのです。

欲を持たなければいいが、そんなことは『僧侶』にもできないこと

『欲』を持たなければ『妬み』も生まれないので、人間関係が悪くなることはありません。

しかし、私が知る限り『欲を持たない』なんてことは、煩悩に打ち勝てるはずの『坊さん』にすらできません。

私の前職である葬儀業界で【金、酒、車、タバコ、女】と、欲という欲に負けていた『欲深い坊さん』を散々見てきました…。

あれを見ると「人は欲を持たないなんてことは出来ないんだな」と、しみじみ感じます。

ただ「欲を持たない」ことはできませんが、『妬みを生まない』ようにすることはできます。それが『心に壁』を作ることなんです。



結論:職場の人との付き合いは『心に壁』を作り慎重にするべき

『自分より良い思い』をしている、身近な他人を『嫉妬・妬み』することは、物心がつく幼少期の頃から、皆やってきたことです。

  • 自分に無い物をねだる欲
  • 欲が妬みになりいじめに変わる

社会人になっても『人間の本質』は変わりません。

だからこそ、人付き合いは慎重に行わなけばいけません。

自分の『心の内』を見せるのは、本当に信頼できる人だけにしなくてはいけません。

なので、まずはうまく付き合っていけるように『心の壁』を作ってみると良いと思います。

そして慎重に自分と合う人を見つけていくといいですよ。

もし、どうしても人間関係がうまくいかないとか苦手なら、人間関係のいらない仕事に就くことを考えた方が良いでしょう。

人間関係のいらない仕事って、意外とありますよ。

私の現職であるタクシーも社内の人間関係がいらない仕事です。

<合わせて読みたい記事>
人間関係ってめんどくさい!そんな人におすすめの仕事は?

最後までご覧いただきありがとうございました。

<Twitter↓↓↓>
@privategadaiiti

<おすすめコンテンツ↓↓↓>
もし、年収600万になったら、あなたの人生は変わりますか?

人生を変えたい…

そんな方のヒントになれば幸いです。

<中高年の最後の受け皿↓↓↓>
タクシーに転職するなら絶対に見て欲しい、失敗しないためにも…

タクシー転職の際は参考にしてみて下さい。

タクシーに転職したおっさんの日常生活をYouTubeで配信しています!


その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。投稿記事一覧