【健康診断】γ-GTPとコレステロール改善のためにしてること

こんにちは、ショーです。

健康診断でγ-GTPとコレステロールに引っかかりませんか?

私は仕事のストレスが原因で転職しているのですが、そのストレスを洗い流すために、今まで毎晩そこそこの量の酒を飲んでいたので、健康診断で毎回γ-GTPで引っかかっていました。

超ストレスのかかる仕事については下記の記事をご覧ください。
【やってはいけない仕事】私は花屋だけは二度とやりたくない

で、タクシーに転職してからも相変わらずγ-GTPに引っかかっているのですが、さらにコレステロールの数値が急に悪くなってしまったんです。

難病を患ってからは酒の量も減らしているし、食べ物にも気を付けています。

なのに、γ-GTPとコレステロール数値が悪くなってるという事は『体を動かさない』『年齢的』なことが原因なのかと思っています。

前職は一日立ちっぱなしの肉体労働で、昼飯を食べる時間もないほどの激務なのがよかったみたいです。

飯を食う暇すらないブラック業界でも、一つくらいはいいことがあるんですね。

厄介なのは、タクシードライバーは、年2回の健康診断が義務づけられていて、診断結果が悪いと「再検査受けてこないとタクシー乗らせねー」となってしまうんです。

全てのタクシー会社かは分かりかねますが、私の会社ではです。

乗務中にポックリ逝かれてはマズイから当然なのかもしれませんが、再検査とか面倒くさいんですよね。

なので、タクシーに転職してからはγ-GTPとコレステロール対策をしているんですが、春の健康診断で数値が若干ですが改善していました。

その健康診断対策を書きます。



コレステロール対策でしていること。

健康を気にする男性

私がコレステロール対策でしている事は毎日トマトジュースを飲むことです。

トマトジュースには、善玉コレステロールを増やす働きがあるようで、何かでみて半信半疑で始めました。

飲む量は、明け番と公休日にコップ1杯~2杯程度です。

乗務中には飲んでいません。

それを5ヶ月ほど飲み続けてみました。

すると、善玉コレステロールが85→110に増えてました。

コレステロール増えちゃマズイんじゃないのと思うかもしれませんが、善玉が増える分には問題ないみたいです。

ただ!悪玉コレステロールも90→100と少し増えてしまっていて総コレステロールは増えてしまい、何とも微妙な結果になってます。

長く続けることで効果を発揮するかもしれませんので、秋の健康診断までは続けてみようと思ってます。



γ-GTP対策は色々やりましたが、やっぱりこれしかありません。

γ-GTPは前職から数値が高く毎回引っかかっていたのですが、大体いつも数値は150程度でした。

基準値が50以下なので、かなり超えてますね。

前職の時はストレスを洗い流すかの如く毎晩飲めるだけ飲んでいましたからね。

でも、転職してからは病気をした事やストレスが減った事もありますが、飲みすぎるとアルコール検査に引っかかり乗務できなくなってしまうので、飲む量は結構減ったんです。

因みに、前職はの時には、
毎晩:ビール500缶×1・ストロング系サワー500缶×2本、最低でも飲んでいました。

今は、
明け番:朝にビール350缶×1本・夜にビール350缶×2本・度数6%のサワー500缶×1本、
公休日:夜にビール350缶×2本・アルコール度数6%のサワー500缶×1本です。

前職より6~7割程度しか飲んでません。タクシーは毎日は飲めないので抑制になっている部分もあるんです。

アリコールを減らした分はγ-GTPの数値も減ってはいるんです。大体120前後ぐらいになっていますから。

ただ、先ほども書いたようにタクシーは健康に厳しいんです。

100超えると再検査になってしまうので必死です。

これまでシジミの味噌汁を毎食飲んだり、ブロッコリースーパースプライトをそのままもしゃもしゃ食べたりしてきましたが、効果は感じられませんでした。

で、一番効果を感じられたのは飲まない事です。

当たり前のことですが、やはりこれが一番γ-GTPが減るんです。

で、どのくらい飲まなければいいのかというと、個人差はあるでしょうが私は以下のような感じです。

  • 4日間飲まない:γ-GTP120→103
  • 1週間飲まない:γ-GTP120→89

1週間空けると数値がかなりいいですよね。

今後は、飲みながらγ-GTPを減らせるように、シジミのサプリメントにも挑戦してみたいと思っていますので、その時にはご報告しますね。



最後に

私は体を動かす肉体労働からタクシードライバーに転職をしたら、γ-GTPとコレステロールが一気に上がりました。

やはり体を動かさない仕事をすると、そうなってしまうんですね。

勿論、年齢的なものもあるのでしょうけどね。

<合わせて読みたい記事>
健康診断は無料で受けることができるの知ってますか?

<おすすめ記事>
【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?