軽配送を始めようとしたがタクシーに転職をした理由

こんにちは、ショーです。

ご存知だと思いますが軽配送は自分で軽バンを所有して、仲介業者に仕事を紹介してもらい配達の仕事をするのが軽配送の仕事です。

この軽配送の仕事に興味のある方も多いかと思います。

私も一時は、本当に軽配送の仕事をやりたいと思っていたのですが、結局はタクシーに転職をしました。

それは調べるうちに、軽配送だと色々と不都合がある事が解ったからです。



軽配送を断念した理由

男性

実は、今でも軽配送には興味があるのですが、どうしても自分のイメージの中でクリアできない事があるんです。

それは収入面です。

軽配送を調べれば調べるほど「年収500万円は難しいかな?」って思います。

軽配送にも定期納品だったり個人宅への宅配だったり色々あって、稼げるのは『個人宅への宅配』と『冷凍食品の配送』みたいなのですが、それでも年収500万円いくかいかないか?くらいみたいなんですよね。

それに宅配で稼ぐにはかなりの体力が必要みたいですし、冷凍の配送は冷凍車を購入しないといけないんですが、値段が高いんです。

しかも冷凍車って壊れやすいみたいで数年で壊れてしまうケースもあるようです。

軽配送は個人事業主なんで、車が壊れたら自分で直さないといけないですからね。

諸経費を引くと割に合わないんです。

宅配は距離を走るんで車自体の寿命が短いですし、冷凍車を購入すると初期費用がかさみます。

それに車の維持費だけでも車検や税金、保険もかかりますし、日々のガソリン代・タイヤなどの消耗品・壊れた時の修理代、これ全部自分持ちですからね。

あと個人事業主なので、国民年金や国民健康保険も売上げから出すわけですから、どう考えても割に合わないんですよね。

軽配送をしている個人事業主は、夜にバイトをしたりして生計を立てているようです。

まあ、中卒で底辺人生を歩んできた私はバイトとか嫌いじゃないんですけどね(笑)

一家を養うには不安ですよね。

休みが取れなくなる可能性があります。

軽配送は仕事を紹介してもらい紹介先の仕事をするわけですが、休みはその紹介先の会社に合わせる事になります。

日曜休みの会社なら日曜日だけになりますし、平日に週一回の休みの会社なら土日は休めなくなってしまいます。

それに先ほど書いたようにバイトもするとなると、仕事尽くしになるのは必至なんですよね。

家族との時間も取れなくなります。

軽配送は家族を持つ私にはリスキー過ぎました。

男性

  • 年収500万円は稼げそうもない。
  • 自己負担が大きく割に合わない。
  • プライベートの時間が取れなくなる。

個人事業主なんでやりがいはあると思うのですが、収入を下げる訳には行きませんし何よりも不安定すぎます。

紹介してもらった仕事が急になくなってしまう事もあるようですしね。

それに車の維持費も相当な負担になる筈です。

休みも取れるか分かりませんし…

社会保険を捨ててまで、軽配送で個人事業主になるのには魅力が足りなかったんです。



最後に…軽配送を検討している方へ

私が調べる限り、軽配送の仕事は凄く気楽だと思います。

自分の車で配達だけすればいいのですし、多少ぶつけても誰にも怒られませんからね。

独り身の人なら良いと思います。

というより、私が今独り身なら軽配送やっているかもしれません。

でも、家庭を持っている人には、収入面でも休みの面でもちょっと不安定な仕事かなと思います。

これならタクシーの方が稼げますし、社会保険で安定もありますし、家族との時間も沢山取れます。

なので軽配送を検討しているなら、一度タクシーも検討してみてはいかがでしょうか?

タクシーは思ったよりも安定した仕事ですよ。

それでは…。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。