人生を変えるための思考と行動【年齢的なあきらめは必要なし】

『少しでも人生を向上させたい』と思っている方に向けた記事をまとめてあります。

この記事でお伝えしたいことは『行動しないと人生は変わらない』という事です。

私も過去に『総額500万円の多重債務』『将来性のないブラック業界』と過度のストレスをかけ生きていました。

しかし『任意整理』『転職』と行動をしたことでストレスから解放され、お先真っ暗だった人生が明るくなりました。

この記事をお読みいただき『少しでも明るい未来』が見えれば幸いです。

前提:人生は変えられるという気持ちを持ちましょう。

人生を変えたいなら『行動』するしかありません。

でも「どうせ、何も変わるわけない。」この考えが『行動する意欲』を抑え込んでしまいます。

『人生は変えることができる』と思わなければ、変えることはできないのです。

まずは「人生は必ず変えられる」という気持ちを持ちましょう。

行動には勇気が必要:小さな行動から始めてみましょう。

行動は人生を変える事が出来ますが、行動には勇気が必要です。

しかし、いきなり人生を変えるような『大きな行動』をする勇気を出すのは容易なことではありません。

まずは小さな行動から始めてみましょう。

働きながら自分探しをすることも出来ます。

「自分が何をしたいの分からない。」

自分探しといえば、旅に出たりするイメージがあります。

しかし、家庭を持っているなら旅に出るわけにはいきませんし、「自分探しは若者がするもの」と年齢的に躊躇してしまいがちだと思います。

自分探しに年齢は関係ありません。

50歳になっても、60歳になっても『本当に自分がやりたい事』を探す、前向きな考えは必要です。

ただ、生活をないがしろにしていいわけではありません。

しっかりと家族を養いながら自分探しをする。これが理想です。

収入が上がれば、人生は確実に変わります。

『人生はお金じゃない』というのは、お金を持っている人が言う戯言です。

人生を楽しく生きるには、お金はあるに越したことはありません。

年収300万、400万の低収入で悩んでいるなら、考えるべきことはあります。