もし、年収600万になったら、あなたの人生は変わりますか?

「人生はお金じゃない」

時折、耳にするセリフですが、これはお金を持っている人が言う戯言です。

人生を楽しく生きるには、最低限のお金は必要です。

自分のやりたいことをするにも、

家族を大切にするにも、

美味しいものを食べるにも、

すべてお金が必要です。

では、いくらあれば「人生はお金じゃないよ」なんて戯言を言えるのか?

私は、最低年収600万は必要だと思っています。

なぜ年収600万なのか?と言いますと、私の年収は600万に届かない程度なのですが、まだ「人生はお金じゃないよ」なんて言えないからです。

私の思考では『自分の人生観を変える』ほどの収入は、最低でも年収600万以上が必要だということです。

もし、年収が600万になったら、あなたの人生は変わりますか?

この記事には、人生を変えるために必要な考え方をまとめてあります。参考にしてみて下さい。



大前提!人生を変えるには、まずは収入を上げること

先程も言ったように、お金が無いと人生を変えることはできません。

まずは、収入を上げることが必要です。

転職、副業。

もし、今、年収が300万、400万で「生活するだけで精いっぱい」なら、考えるべきです。

収入アップのチャンスはいくらでもあります。

たとえば副業が解禁された今の時代なら、本業以外で収入アップを考えてみるのもいいです。

大した給料もくれないのに、副業禁止なんてふざけたこというのなら、転職も考えるべきです。

その会社では人生を変える事はできません。

私の人生のターニングポイントも、タクシーへの転職でした。

私の場合は、収入が大きく変わったわけではありませんが、とにかく自分の時間が取れるようになりました。

新しいことにチャレンジしてみたい人には、タクシーのような自分の時間がとれる仕事がおすすめです。

家族がいたって自分探しはできる、年齢なんて気にする必要はない

「家族がいるから…」

家庭を持ち子供ができると、新しいことにチャレンジすることが少なくなります。

しかし、家族がいたって、自分探しはできます。

50歳になっても、60歳になっても本当に自分がやりたいことを探したっていいじゃないですか!

年齢なんて関係ありません。

ただし、家族を養う義務はあります。

稼ぎながら、自分のやりたい事を見つける。

そんなことが出来る仕事もあるのです。

「人生は変えられる」という気持ちを持つことが大事

自分が「必ず変えられる」と思わないと、本来、変えられるものも変えることはできません。

行動が人生を変える。

「どうせ、何も変わるわけない。」

この考えが行動する意欲を抑え込んでしまいます。

何もしなければ、何も変わるはずがありません。

まずは、行動することです。

行動するには勇気が必要、まずは小さな行動から始めてみる

行動は人生を変えることができます。

しかし、行動には勇気が必要です。

いきなり人生を変えるような大きな行動をする勇気を出すのは容易なことではありません。

まずは小さな行動から始めてみて下さい。

行動に出れば、あなたの人生は必ず変わります。