【前向き思考】病気を患った話を例にしたポジティブな話

こんにちは、ショーです。

潰瘍性大腸炎という病気をご存知でしょうか?

潰瘍性大腸炎は、腸が原因不明の炎症を起こし【腹痛・下痢・血便】などが主な症状で、一度なってしまうと今の医学では完治しないと言われていて『難病指定』になっている病気です。

症状がひどいと社会生活も出来なくなるほどと言われて、腸が炎症を繰り返すことで『癌化』してしまい最悪は死に至るケースもありますので、早期の治療が必要とされます。

かの、安倍総理も患っている病気で、当初総理大臣になった時に『潰瘍性大腸炎が原因』僅か数か月で退任してしまったほど辛い病気です。

症状が軽い場合はそれほど社会生活に影響はありません。

しかし、重篤化してしまうと腹痛や下痢で一日に何十回とトイレに行かなくてはならなくなり、まともに社会生活が出来ない場合もあります。

世間からは「お腹が痛いだけの病気」と思われがちのようで、安倍総理も「お腹が痛い」という退任理由で、かなりバッシングを受けましたがよく考えてみて下さい。

暴飲暴食をした次の日の朝のことを…

あの腹痛が何の前触れもなく一日に何十回も来るのです。

トイレから出る事すらできません。

私も潰瘍性大腸炎の告知を受け、病気の事を調べた時は『人生の終わり』を感じました。

ですが、潰瘍性大腸炎になって「人生の終わりどころか命拾いした」ことがあります。



最初に体の異変を感じたのは『血便』でした。

潰瘍性大腸炎の症状が出てる人

少し汚い話になりますがご了承ください。

元々、下痢症でしたが、ある日の仕事中にトイレに行き、いつになくお腹が痛くてしばらくうずくまっていました。

しばらくしてお腹の痛みも引いたのでズボンを履こうと立ち上がった時に「ん?」と思い下を見ると、和式の便器の真ん中に溜まっている水の淵が真っ赤になっていたのです。

「なんだこれ?昨日、何食べたっけ?」

その時は程度にしか感じず仕事に戻りました。

数日後…

同じ状況で「あれ?」っと気付くとまた水の周りが赤く染まっています。

「何かヤバそう…」

そして、すぐにあった会社の健康診断で『便潜血反応』が出ました。

精密検査を受けるように言われ、大腸内視鏡検査を受けることに…。

因みに、大腸内視鏡検査は以下のような病院をおすすめします。

  • 苦しくないように麻酔を使ってくれる
  • 使用した機器の洗浄をしっかりと行い衛生面に力を入れている

麻酔を使うと全く苦しくないので苦しいのが嫌な方にはおすすめです。

人気の病院は予約が取りにくいですが、大事な体のことですので近場の病院で済ましてしまうのではなく、少し遠くても評判のいい内視鏡専門の病院に行く事をおすすめします。

大腸内視鏡検査の結果、難病が発覚

内視鏡の結果写真を見せられ『ポリープ』があり取った方が良いと判断して『除去手術』しましたので一週間ほどは安静にして下さいとの事。

それと「詳しい検査結果は後日になりますが潰瘍性大腸炎の疑いがあります」と言われましたが、その時はピンとはこずに帰りました。

・ポリープ除去
・潰瘍性大腸炎の疑い
・痔

「オレ、痔なの?」と、その時は一番ショックだった記憶があります。

後日の検査結果、やはり初期の『潰瘍性大腸炎』だという事を告げられましたが、その時は病気の事が分からず 「?」って感じでした。

人生の楽しみを奪われた医師からの宣告

医師

  • 潰瘍性大腸炎は難病であり完治はしないので一生付き合っていく病気。
  • 食生活の改善と毎日薬を飲むことになる。
  • 腸に負担がかからないよ『酒・肉・刺激物』を絶つこと。

自分が『大病』を患ったことを実感しました。

潰瘍性大腸炎になった後の食生活

潰瘍性大腸炎はストレスと食事が原因で症状がでる事が多いので、まず食生活の改善をすることになります。

  • 基本的に青魚など腸に良い物や消化に良い物を選ぶ。
  • 肉や油ものなど消化に悪い物は控える。
  • 刺激物は炎症している腸に良くないので禁止。
  • 男のソウルフード、カップラーメンは禁止。

上記は、ほんの一部で潰瘍性大腸炎の『専門のサイト』に書いてある食事制限をみると絶望します。

しかも、どんなに食事を気を付けていても症状が出てしまうこともあり、食事制限を頑張りすぎたストレスで症状が出てしまうこともあるようです。

なので、ストレスがかからないように酒は飲み続けました(笑)さすがに量は減らしましたがね。

頑張ってたのに症状が出てしまうと、かなりのショックをうけてしまうので『頑張りすぎない』ってことも大事なのです。

これから、一生食事制限と薬を飲み続けることを考えると人生の楽しみを奪われた気がしました。

絶望の中で感じた前向きな思考

前向き思考の人

ただ、今回『潰瘍性大腸炎』になって、良かったと思える事があります。

  • 将来、癌化する可能性のある『ポリープ』が見つかった。
  • クローン病ではなかった。
  • ピロリ菌がいない事も解った。
  • 食生活を変えた結果、『下痢症』も治った。

検査の時に見つかり除去したポリープは、放っておくと癌化するポリープとのことでした。

医師からも「この年齢でポリープが出来るのは早いですよ、早めに見つかってよかったですね。」と不幸中の幸いだったようです。

まず、癌化するポリープが早めに見つかったこと。

そして潰瘍性大腸炎は似た病気で『クローン病』というのもがあります。

潰瘍性大腸炎は『腸が原因不明の炎症』をおこしますがクローン病は『食道から腸まで炎症』が出来るようでクローン病だとかなり厄介みたいです。

このクローン病ではなかったこと。

で、クローン病の検査は『胃内視鏡検査』胃カメラを飲むのですが、この検査で『ピロリ菌』検査も同時にしました。

ピロリ菌もいなかったことが分かった。

それに、食生活を変えたおかげで『下痢』も以前よりだったのが、下痢も少なくなりました。

食事の改善をしたおかげです。酒も少し減らしましたしね(笑)

このように潰瘍性大腸炎になったおかげで、自分の体の色々なことが解りました。

潰瘍性大腸炎にならなかったら、将来『大腸がん』が見つかった事でしょう。

不幸中の幸いです。

薬を毎日飲み、生活習慣を変えたら症状が出なくなった。

食事に気を付け、薬を毎日飲み続けると血便の症状が出る事はありませんでした。

そして定期検査の結果、医師から「治りましたよ。薬が効いたみたいですね、今日から薬は飲まなくていいですよ。」と。

「治らない病気じゃなかったっけ?」と疑問でしたが『寛解期』に入ったようです。

潰瘍性大腸炎は活動期と寛解期に分かれます。

症状が出てしまう時と、治まっている時です。

本来、寛解期はまた症状が出てしまうケースも多いので治ったとは言わないようですが、私の場合は初期の症状だったため治ったと言ってもいいみたいです。

そして、薬を止めてから4年ほど経ちますが症状は出てません。



最後に

今回、いずれ癌化するポリープを初期で発見できたことは、将来の自分の命に大きく係わる事だったと思います。

潰瘍性大腸炎にならなければ大腸内視鏡検査はしていないですから、年を取ってから大腸ガンが見つかったのでしょう。

その時には、もう手遅れになっていたかもしれません。

そう考えると「潰瘍性大腸炎になって命拾いした」と言っても過言ではありません。

それに胃にピロリ菌がいない事も解りましたし、食生活を気にするようにもなりましたし、結果いいこと尽くしだったような気がします。

このくらい前向きに考えるとマイナス人生が少し楽になります。

潰瘍性大腸炎はストレスも大きく関係します。

私は仕事のストレスが相当かかっていました。

自分では、潰瘍性大腸炎になったのは食生活よりも仕事のストレスが原因だと思っています。

ストレスは万病のもとです。

ストレスが原因で発症する病気にかかってしまったら、ストレスを減らすために『今の環境を変える事を考えた方がいい』と思いますよ。

<合わせて読みたい記事>
ストレスのない生き方はできないけど『溜めない』ことはできます

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧