【超危険!】車で東京を走るなら注意するべきモノ5選とその対処法

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

私は、東京都心部を走り回っているタクシードライバーですが、東京は人も多ければ車も多く本当に運転しにくい街です。

中でも、コレは本当に危ない!と日々感じているものをランキングで書いてみました。

これからタクシーを始める方や、東京に仕事や遊びに来る人は、この記事に書いてあるものは超危険ですので、十分に気を付けて下さいね。出くわした時の対処法も書いておきます!

スポンサーリンク

危険度ランキング

第5位:マリカー

マリカーとは、ゲームマリオカートに似せた衣装を着て、ナンバーの付いたカートで東京の道を走れるサービスです。

ただ、任天堂の許可を得ていないので裁判沙汰になったりしていますが、未だに元気に走り回っています。

客層は、ほぼ外国人ですね。日本人は見たことはありません。

で、何が危ないかと言うと、凄く車高が低く小さいのでこちらがトラックや、ワンボックスカーみたいな車高の高い車だと見落としてしまい巻き込んでしまう恐れがあります。

そして日本の道に慣れていない外国人が集団で走り回っているという事です。

先頭はおそらくスタッフが誘導しているようなのですが、多い時で10台~15台位の列で走っています。

すると、ノリで悪ふざけたした運転をする者がいたりして本当に危ないと感じます。

現にマリカーの事故は多いようなので、マリカーを見かけたら、近寄らず車間距離を十分取って注意しましょう!

第4位:高級車

東京都心部では「この1台で家が建つんだろうな」と思わせる高級外車が惜しげもなく走っています。

隣の車線をギリギリで走っていたり、急に前に入ってきます。

当てたら人生オワリの予感がしますね。

高級車はミラー1個の修理費でウン百万の請求が来たりします。

高級車が近寄って来たら、即座にその空域から離れましょう!

第3位:タクシー

自分で言うのもなんですが、超危険です(笑)

というのは、タクシーは性質上、他の車と動きが違うからです。

急に止まりお客さんを乗せたり、道交法に違反していなければ、急停止・急な車線変更・急なUターン等のお客さんの急な要望に答えなくてはいけません。

なので、タクシーはハッキリ言って事故が多いのですが、タクシーとの事故を避けるには2つの気を付けて下さい。

  • 車間距離を開ける
  • 譲ってくれないタクシーの前には無理に入らない

まず、先ほども書いたようにタクシーはお客さんの要望で運転します。

なので、急停止や急ハンドルがどうしても多くなってしまうので、タクシーの後ろは走らない!

走らなくてはいけない状況なら、車間距離を十分に開けるという事が必要です。

そして、タクシードライバーは良い運転手と悪いタクシードライバーがいます。

今風で言うならDQNですね。

この2種のドライバーの見分け方は、譲ってくれるかどうか?です。

車線変更をしようとした時に、ウィンカーを出して3秒待ってください。

「させるか!」と言わんばかりに、車間距離を詰めてくるタクシーは危険です。ムリに入るのは止めましょう。

そういったタクシーは最悪ぶつかってでも、意地を通す可能性があります。損するだけです!

で、ちょっと難かしい判断材料なのですが、『空車』のタクシーは基本的に入れてくれます。

しかし、『実車』のタクシーはブロックして来ます。

これは、下記の記事でも書いていますが、タクシードライバーはそうしなくてはいけないような心理状態に陥ってしまうからです。
タクシー転職はイメージが悪いは間違い!?

なので、実車中のタクシーの前に入ろうとするのは極力止めましょう。

第2位:外チャリ

略しましたが、外人が乗っている自転車です。外人が乗っているチャリンコ。

何が危ないかと言うと、イマイチ日本の道路のルールを解ってないという事です。

日本の自転車と言えば、道路の一番左、もしくは歩道を走行するのが一般的ですよね。

しかし、外国の方は片側複数車線ある大通りの一番右車線を当たり前のように走っています。

大通りの右折レーンで右折待ちしているのは当たり前です。

自国ではそういうルールなのでしょうか?

先日、私が体験したことがあります。

深夜23:00頃だったと思います。

お客さんを乗せて第二京浜の右車線を走行中、前の車が大きく左に避けたのです。

「何かな?」思うと、無灯火の自転車が走行していたのです。

私は車間距離を開けていたので難なく避けれましたが、深夜の第2京浜の内側車線といえば、それなりのスピードが出ています。

何キロかは書けませんが(笑)

私は元々スピードは出さない方ですし、車間距離も明ける方なので難なく避けましたが、あの場面で車間距離を詰めていたら危なかったと思います。

上記のエピソードのように、外国の人は自転車の乗り方が、我々とは違うのかもしれません。

空いている道路ほど、注意して走行する必要があります!



第1位:Uber Eats

そして、輝く第1位は、Uber Eatsです!

Uber Eatsとは、東京のレストランの料理をデリバリーするサービスで、背中にデッカイボックスを背負って自転車やバイクでデリバリーしています。

で、なぜUber Eatsが一番危ないのか書きます。

Uber Eatsが本当に危険な理由

  • スマホを見ながら走行している
  • 適切な教育を受けていない
  • 1位+2位でスーパーコンボ



スマホを見ながら走行している:
まず、危険なのが個人宅への配達なので、スマホで地図を見ながら運転をしている事です。

昨今、スマホをいじりながら自転車を運転して事故を起こす者が増えてきている中、片手にスマホを持ち場所を確認しながら走行しているので本当に危ないのです。

適切な教育を受けていない:
今までは、配達業と言えばバイクか車での配達が多かったので道交法がありましたけど、近年は自転車で配達する仕事が増えてきているようです。

私も若い頃、ピザをバイクで配達するアルバイトをした経験がありますが、安全運手に対する指導はありましたし、万が一事故を起こしたら事故講習を受けさせられたり、そういった教育はありました。

しかし、Uber Eatsのあの運転は、おそらく安全運転に対する指導を受けていないような気がします。

自転車で配達するので(たまにバイクがいます)道交法が無いので、本当に好き勝手走っています。

大通りを逆走してきたり、車が流れているのに横切ったりは当たり前で、歩道の中に入りスマホ片手にスピードを出して走行するなど危険な行為が目立ちます。

1位+2位でスーパーコンボ:
そして、最後の危険な理由は上記で説明したことを第2位の外人がチャリで配達している事です。

『個人宅の配達なのでスマホで地図を見ながら運転している』+『安全運転の指導を受けていない様子』+『イマイチ日本の道路のルールを解っていない外人』

そこに、常識は通用しません。

真ん中にEatsと書かれた緑色の大きな箱を背負っている自転車を見かけたら注意してくださいね。



まとめ

私が都内を走っていて、本当に危ないと感じる5選を書きましたが、この他にも危ないものは沢山あります。

今回は、最近本当に危ないと感じているUber Eatsを第1位にしましたが、他にも3輪自転車で配達していたり、自転車で配達している場合は特に注意が必要です。

で、貰い事故を喰らわないためには、『車間距離を取りスピードを抑える』につきます。

常に余裕を持った運転をしていれば、万が一の時に回避しやすいですし、周りも確認出来て事故を未然に防ぐことも出来ます。

最後に、今回取り上げた5選を見かけたら、近寄らないようにしましょう!

タクシーは多すぎるから近寄らない事は無理ですので、タクシーの動きは常に注意しておきましょう。