総額500万円の借金を誰にも知られず完済できた私のはなし

こんにちは、ショーです。

借金は『雪だるま方式』と言いますが、気付いた時には手に負えないほど膨れ上がっているのが怖い所です。

そして、一度多重債務に陥ってしまうと、自力で完済するのは難しいです。

しかし、借金の仕方や状況によっては、自分が思っているよりも簡単に完済できるケースもあります。

私も総額500万の借金を完済することが出来ました。

その時の話をします。

誰もが私と同じやり方で完済できるわけではありませんが、どん底の人生の道を切りひらくための1つの例として参考にしてみてください。



私が借金まみれになった理由はありきたりですがギャンブルです

男性

私が多重債務に陥った経緯を少しお話しします。

高校を中退して10代で働き始めクソガキだった私は、実家にもお金もいれず好き勝手遊び歩いていました。

毎月20万円以上のお金を好き勝手に使っていましたが、それでも足りず『キャッシング』を繰り返しました。

そしてキャッシング癖がついていた私がスロットを覚えてしまったのが借金地獄の始まりでした。あっという間に、借金が膨れ上がりました。

ギャンブルは勝っても負けてもお金が減り続けるのが怖いところです。

スロットに勝ったら勝った分だけ『打ち・飲み』に行く回数が増え、負けても気分転換に飲みに行くので、結局お金は無くなります。

ギャンブルで負けキャッシング…

カードの限度額に達してしまうと次のカードを作る…

借金まみれにもなりますわ。

【ギャンブル+クレジットカード=借金まみれ】

この法則を中学校くらいの授業で教えるべきです。お金の使い方を授業で学ばせれば、借金地獄に陥る人も減ると思います。

この先、『お金の使い方』が義務教育の課目に入る事を切に願います。

総量規制になるのが遅すぎた…気付けば総額500万円の借金

借金まみれの男性

現在は【総量規制】があり収入の三分の一までしか借りれなくなってますけど、収入なんて関係なしに貸してくれる時代がありました。

「もう限度額いっぱいで借りられない」って時に、カード会社から「只今、キャンペーン中でご利用のカードの限度額を上げられます」って…

こっちの事情を知ったうえでのタイミングでキャッシングの『限度額』を上げてくれるんです。

借金のピーク時でカード枚数7枚くらい?総額500万くらい?

借金が多すぎて、いくら借りているのかも分からないくらいに膨れ上がっていました。

そして、危険なグレーゾーン金利。

当時、限度額50万のカードで50万の上限まで借りてたとすると、月々の支払い1万5千円払っても利息が1万2千円で元金が3千円くらいなんです。

冷静に考えるとありえないことです。

普通なら「コレ、いつ払い終わるの?」と思うのでしょうが、思考回路がマヒしまっているのでそんなこと考えません。

今、返した元金3千円をその場でキャッシングしてましたから…(汗)

ある日、急にお金を貸してくれなくなる。

借金総額500万円の最終段階に入り、膨れ上がった借金に「これ以上はヤバい」と分かっていても、スロットもキャッシングもやめられずにいた30代のある日の事です。

今まで限度額がタイミングよく上がったり新しいカードを作ったりして、何とかその場をしのいで来ましたが、限度額を上げて貰うことも新しいカードを作ることも出来なくなりました。

本当の限度が来たのです。

さらに、追い打ちをかけるように一枚のカードが月々の支払いを終えても、新規の貸し付けができなくなりました。

この頃は月々の支払いをして、またすぐ借りる『自転車操業』をしていましたので、借りれなくなったと解った時に心臓がバクバクした記憶があります。

昼飯代、たばこ代すら出すこともままならずに本当に悲惨な生活になりました。

同棲していた彼女にも、隠れて家賃や月々の支払いを滞納したり、「給料全部入った財布を落とした」とかウソをついて彼女からお金を借りて何とか凌いでいました。

で、借りた金でスロットに行きました。

事の重大さに気付いていたのですが、やめられなかったですね。

典型的なパチスロ依存症です。

この頃は、正直『イケナイ』考えも持っていましたね。

1本の電話から、人生が変わった…

救いの手

先ほどの「月々の支払いを終えても新規の貸し付けができなくなった」カードが使えなくなって半年くらいだったと思います。

一本の電話が鳴りました。

「〇〇会社が倒産して、整理をしたところ過払い金が発生してますので残りのお金はもう払わなくていいです」という内容の電話でした。

某消費者金融が過払い金の返還請求の払いにより、資金繰りが厳しくなり倒産したのです。

残額が70万ほど残ってたんですが、嬉しさというより何が起きたのか理解できませんでした。

で、過払い金請求についてネットで調べたのですが、当時の私は『お金が返ってくる』ということよりも『ブラックリスト』に載る事を恐れ、直ぐには他のカードの過払い金請求はしなかったんです。

しかし、この時で残金400万はあったと思います。

1社減って少しだけ楽になった分、スロットに行くだけでしたので限界には変わりありませんでした。

過払い金返還請求を依頼するとその日から借金から解放されます

青い空

そして限界寸前の正月。

同棲中の彼女は実家に帰りましたが、私は心も弱りきり、実家にも帰らず家で一人で酒を飲んでいました。

正月早々に借金返済の事ばかり考え、過払い金返還請求について調べていたら、ある司法書士事務所のブログに辿り着いたんです。

そして過去の記事を全て読み返していると、不思議とブラックリストへの不安も無くなり、酒も入っていた私は「もう、これしかないな」と、問い合わせメールに相談メールを送りました。

しばらくすると返信があり「正月でもやってるんだな」と思いながら、少しやり取りしたら「過払い金はあると思いますので、一度事務所に来てみて下さい!」とメールが来ました。

相談は無料との事で自宅から近い事もあって、次の日に行ってみる事にしたんです。

すると、私の場合「かなりの過払い金が戻ってくる可能性がある」とのことで、何か希望が見え依頼することにしました。

その日から人生が変わりました。

依頼したその日から、全てのカードの支払いがいらなくなったんです。

弁護士や司法書士事務所に依頼して介入してもらうと、とりあえず支払いがストップします。

もちろん、新たな借り入れは出来なくなりますよ。

でも、考えてみて下さい。

毎月の借金の支払いが無くなったら借りる必要もなくなりませんか?

呪縛から解放され青空を飛んでるような気分でしたね。



結果:過払い金請求で7桁のお金が戻ってきました

残念ながら結果報告書を紛失してしまったため、正確にお伝えすることが出来ませんが、戻ってきたお金が『450万』くらいで、司法書士事務所に70万~80万くらい支払い足りない分は分割で支払いました。

ただ、一社だけ過払い金が20万~30万足りず足りなくて、情報機関に事故情報として残ってしまう結果でした。

それでも私は任意整理をしてよかったと心から思っています。

債務整理の事故情報は情報機関に5年~10年残るといわれています。

私は任意整理でしたので5年。

自己破産だと10年です。

この間はクレジットカードを作ることも、さまざまなローンを組むことも出来ません。

ただ、借金が終わっていれば作れるクレジットカードもありますし、スマホの分割購入ぐらいはできます。

実際に私は、事故情報が載っている状態でクレジットカードも作れましたし、スマホの分割購入も出来ました。
ブラックリスト入りの私でも作れた1枚のクレジットカード

何より、借金から解放されることから考えれば、『ブラックリストに載る』ことなんて大したことではありません。

今は、普通に生活を送る事ができています。

あのままだったら、普通に生活を送くることすらできていませんからね。

私は任意整理をしたことによって、借金完済ができ、結婚ができ、子供ができ、あっという間に幸せと呼べるところまで来れました。

子供ができて自覚が芽生えたせいか、スロットをやめる事もできましたし、たばこもやめました。

もっと、早く過払い金請求をすればよかったと思っています。

借金は人の心を歪ませ、人生をくるわせます。

もし、多重債務にお悩みなら債務整理することをおすすめします。

失った時間は戻せませんが、新しい道を作る事はできますよ。

<続編>
・多重債務再び!?リボ払いを乱用した結果、元金が減らない件

<合わせて読みたい記事>
・多重債務者であることを誰にも言えない…【できることは?】

・リボ払いは危険を承知でご利用下さい【高確率で地獄に落ちます】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<当ブログおすすめのコンテンツ↓↓↓>
人生を変えるための思考と行動【年齢的なあきらめは必要なし!】

人生変えたい…

そんな方のヒントになれば幸いです。

<中高年の最後の受け皿↓↓↓>
タクシー転職を失敗しないための事前準備:3つのステップで解説

タクシー転職の際は参考にしてみて下さい。

気楽なタクシー生活をYouTubeで配信しています!


その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。投稿記事一覧