パンク寸前の多重債務者が取るべき行動と借金を完済する方法!

こんにちは、
元多重債務者のショーです。

私は気付いたら借金まみれでした…
でもそれは、「気付いたら」というよりは「気付かないふりをしていた」と言ったほうがいいかも知れません。

一度陥ってしまうと抜け出す事が難しい多重債務。
私のように今も借金地獄から抜け出せずに悩んでいる方がいる事と思います。

今回は、多額の借金を完済できた私の経験から、多重債務に陥ってしまった時の対処法を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

まずは現状を知り借金と向き合う事が必要です。

借金総額500万の元多重債務者が書く借金まみれになる法則!の記事に書いてあるように、多重債務者に陥ってしまう人には特徴があります。

殆どの人は自業自得で多額の借金を背負ってしまっているはずです。

  • ギャンブル依存症
  • 買い物依存症
  • マネー依存症

知人にお金を使わないと気が済まない人がいまして、私はマネー依存症と呼んでいます。
給料を3日で使い切るタイプです。

依存症はご存知の通り精神疾患、心の病気です。

初めはストレスを発散させるためにギャンブルや買い物を始めたが、のめりこんでしまい気付いたら借金まみれになってしまった…そんな人が多いかと思います。

そして、なるべく考えないようにしていると思います。

しかし、借金を作ってしまった以上は向き合っていかないと、いつまでたっても完済することは出来ません。

借金完済には自分の借金と向き合う事が必要なのです。

借金の総額を把握してますか?

私は自分の借金総額が、解っていませんでした。

毎月の支払い額に関しては「今月は払えそう」や「今月ヤバい」とかは、四六時中考えていましたが…

で、こんな事になっていませんか?
「給料が入ったら〇〇の支払いをして、戻った限度額の枠でまた借りて、△△を支払って…よし!そうすれば今月もなんとか払えるな…」

これ、末期症状ですよ。

上記のような状況に陥っている場合は、パンク寸前、かなり危険です。

まずは、現在の自分の置かれている状況を知るべきです。
「毎月いくらずつ返すと、いつ払い終わるのか?」

考えるのが嫌になりますよね。

自分のおかれている状況を考える人

これから結婚をして子供が欲しいと思っていても、毎月5万円、10万円払いながら子供を作るのはかなり大変です。

多額の借金を抱えている人と結婚をしてくれる人も少ないでしょうし、すでに結婚をして子供もいて、内緒で借金を作ってしまっている人も毎月返済できるお金が限られてくるので、完済するまで相当苦労すると思います。

しかし、取り返しのつかない事態が来る前に借金を完済することを考えなくてはいけません。



借金を完済するための3つの方法!

では、多重債務に陥ってしまった場合、どうやって多額の借金を完済するのか?
3つの方法を書きだしました。

厳しく言うと、どの道を選んでも完済までの数年間は金銭面的余裕は無いでしょう。

ちょっとした贅沢も許されないと思います。

しかし、今ここで数年我慢して借金を終わらせることが出来れば、その先には『幸せ』といえる人生が待っている事でしょう!

⑴誰にも言わず自力で返済する

これが出来れば誰も苦労はしませんが、「絶対に誰にも知られたくない」「今使っているカードが無くなると困る」なんて人は自力で返済するしかないありません。

その場合は、毎月の返済額と完済の年月日を明確にして返済していく事が必要です。

自己管理をしっかりとしないといけませんが、もともと自己管理が出来てないから多重債務に陥ってしまったのですから、ある意味一番難しい返済方法と言ってもいいでしょう。

⑵余力のある人はおまとめローン!

複数あるカード会社の借金を一社にまとめ毎月の返済額と金利を減らすことが出来る。

おまとめローンは当時私も考えて調べましたが、首の回らない多重債務者には貸してくれません。
安定した高収入のある、まだ余裕のある人が考えるものです。

当時の貸し付けの条件に『年収一千万以上』と書いてあり、「そんな収入あったら借金してねーよ」って思ったものです。

冷静に考えると当たり前ですね。破産寸前の人間に多額のお金を貸してくれる銀行はありませんね。

⑶最も現実的なのが債務整理

一言で債務整理といってもその中に過払い金請求・任意整理・個人再生・自己破産などがあります。

過払い金返還請求

ショッピングで作ってしまった借金の場合は、残念ながら過払い金は対象外になりますが、
キャッシングの場合は借りた金利が18%以上で借りた借金ならば過払い金が出ていると思われます。

私も過払い金請求で、全ての借金(総額500万くらい)を完済できました。

過払い金請求は基本的に借金を完済している人が「過去に払いすぎていた金利を返してね」と行うもので、現状で借金がある人が行うにはリスクがあります。

しかし、下記の記事に書いてあるように、リスクを考慮しても過払い金請求はやった方が良いです。

<参考記事>
過払い金請求はやった方がいい!リスクより見返りの方がデカい!

過払い金の返還請求の時効は10年です。

なので、過払い金が発生していそうな人は急いだほうがいいでしょう。

任意整理

弁護士や司法書士に介入してもらって法定金利に見直してもらい、過去に払い過ぎた金利があれば借金から差し引いてもらい借金を減額してもらう。

そして、残った借金をカード会社と和解し将来の利息を無しにしてもらい分割で返済していくことです。

当然、新しくクレジットカードを作ることや、各種のローンは組めなくなります。

そして完済した日から5年間、情報機関に事故情報として扱われます。いわゆるブラックリストです。

また、「持っていたはずのクレジットカードもない」「ちょっとしたローンも組めない」と身内にバレる可能性もあります。

自己破産

裁判をして借金をゼロにしてもらう事です。借金はゼロになりますが、財産もすべて失います。

ですが、もうどうにもならない人は最悪考えなくてはいけないかもしれません。

しかし、ギャンブルなどが原因だと認められないケースもあるようです。

個人再生

任意整理と自己破産の間くらいのものみたいです。

任意整理は裁判は無いのに対して、個人再生は裁判をして減額してもらい残金を払う。

「自己破産しちゃった方が楽になるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、
一番のメリットは住宅を守りながら、任意整理ができることです。



自力返済も無理、債務整理も出来ない人の最後の方法!

上記まで書いた方法でも上手くいきそうにない人が最後にできる方法が1つだけあります。

一番信用できる人に打ち明ける事です。

「それは、自己破産よりも重いよ…」と思いますか?
逆ですよ!それが一番軽く済む方法なんです。

借金を妻に打ち明けた夫

怒られ!軽蔑され!するかもしれません。

しかし、自己管理が出来ないから多重債務に陥ってしまったのですから、誰かに管理してもらうしかないと思います。

『親、兄弟、妻、親友と呼べる人』一番信頼できる人に打ち明けてみませんか?

冷静な判断や今後の最も良い方法を考えてくれるはずです。



まとめ

多重債務に陥ってしまった人が完済するために取れる方法は以下になります。

  • 自力で完済する
  • おまとめローン
  • 債務整理
  • 信頼できる人に打ち明ける

あと、もう一つ書いておきます。

もし、今の仕事の年収が400万くらいだとして、年収500万~600万稼げるようになれば、毎月の返済が楽になりませんか?

これは人生の大きな分かれ道になりますのでテキトーな事は言えませんが、今の仕事より収入が上がる仕事に転職するという選択も必要かもしれません。

こんな時代でも、真面目に頑張っていれば将来を約束されてるような仕事に就いているなら安易に転職を考えるものではありませんが、そうでないのならば転職も有りだと思います。

「転職なんてハードルが高すぎるよ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そのくらいしないと多重債務からは抜け出せないと思いますよ。

で、1つオススメな仕事がタクシードライバーです。
「え~、タクシーかよ…」って思わないでくださいね。(笑)

条件はありますが、タクシーは転職直後に年収500万~600万くらいは稼げますので収入アップしたい人はタクシーに転職もアリだと思います。借金完済が見えてくるかもしれませんよ。

タクシー転職希望なら見ておくべき記事:
本気の人が見るタクシー転職術!成功の秘訣を現役ドライバーが公開

収入をアップしたい人にオススメの記事:
年収を100万円アップする4つの方法!給料が上がらない人が取るべき行動と考え方