【借金がつらい方】完済する方法を元重債務者の私が教えます

こんにちは、ショーです。

私はパチスロが原因で多重債務に陥った経歴があります。

「これ以上の借金はヤバい」と思ってても、ちょっと連続で勝つと「パチスロで作った借金はパチスロで返す」なんて思っちゃう、この思考回路、理解していただける方もいるかと思います。

でも結局、その月の終わりには借金が増えているんですがね。

で、負けてはキャッシングを繰り返し「これ以上はヤバいな」と思いながらもキャッシングを繰り返した結果、借金が500万まで膨れ上がってしまい、そこで初めて事の重大さに気が付きました。

全てのカードが限度額いっぱいになり、新規のカードも作れなくなった状態です。

当然毎月の支払、生活費は足りません。

私は「この状態から運よく完済することができ、今はまっとうな社会生活を何とか送る事が出来ています。

で、身をもって借金地獄を味わってきて言えることは、借金はこの状態になるまで放置してはいけません!

借金は余力のあるうちに完済することを考えないと、手の施しようが無くなってしまいます。

もう既に「どうにも首が回らない」方も沢山いると思いますが、借金を完済する一番の近道を書きますので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

借金完済には自分の借金と向き合う事が必要です。

生活費が足りるか計算する女性

なるべく早く、金銭面的に余力のあるうちに、自分の置かれている状況に気付くことが望ましいのですが、殆どの人はヤバイ所まで行ってから「どうしよう…」と気付きます。

「給料が入ったら〇〇の支払いをして、戻った限度額の枠でまた借りて、△△を支払って…よし!そうすれば今月もなんとか払えるな…」

この状況を「まだ、いける!」と思ってはいけません。

これ、末期です。

もうじき生活するためのお金も足りなくなるはずですし、ここまで行くと自力で完済は難しいと思います。

借金の総額を把握することから始めましょう。

自分の借金の総額は解っていますか?

私は自分の借金総額が解っていませんでした。

毎月の支払いに関しては四六時中、頭から離れませんでしたが総額に関しては考えないようにしていたんだと思います。

考えると、生きているのも嫌になるから…

「毎月いくらずつ返すと、いつ払い終わるのか?」

考えるのが嫌になりますよね。

でも、自分の借金の総額を知る事が完済へのはじめの一歩になるのです。



多額の借金を完済するために私が出来るアドバイス!

一番信用できる人に打ち明ける事です。

借金を妻に打ち明けた夫

そもそも、自己管理が出来ないから多重債務に陥ってしまったのですから、誰かに管理してもらうのが一番の方法です。

今まで、誰にも言えず一人で抱え込んでしまっていた人には、自己破産よりも重く感じるかもしれませんが逆です。

怒られ、軽蔑されると思います。

でも、打ち明けるが一番軽く済む方法なんです。

『親、兄弟、妻、親友』一番信頼できる人に打ち明けてみませんか?

冷静な判断や今後の最も良い方法を考えてくれるはずです。

「でも、やっぱり言えねえ~」という人は下記を参考にしてみて下さい。

誰にも言わず自力で返済する。

これが出来れば誰も苦労はしませんが、「絶対に誰にも知られたくない」「今使っているカードが無くなると困る」なんて人は自力で返済するしかありません。

その場合は、毎月の返済額と完済の年月日を明確にして返済していく事が必要です。

自己管理をしっかりとしないといけませんが、もともと自己管理が出来てないから多重債務に陥ってしまったのですから、ある意味一番難しい返済方法と言ってもいいでしょう。

余力のある人はおまとめローン!

複数あるカード会社の借金を一社にまとめ毎月の返済額と金利を減らすことが出来ます。

おまとめローンは当時私も考えて調べましたが、答えは「首の回らない多重債務者には貸してくれません。」

安定した高収入のある、まだ余裕のある人が考えるものです。

当時の貸し付けの条件に『年収一千万以上』と書いてあり、「そんな収入あったら借金してねーよ」って思ったものです。

冷静に考えると当たり前ですね。破産寸前の人間に多額のお金を貸してくれる銀行はありませんね。



債務整理が最も現実的です。

一言で債務整理といってもその中に過払い金請求・任意整理・個人再生・自己破産などがあります。

過払い金返還請求

ショッピングで作ってしまった借金の場合は、残念ながら過払い金は対象外になりますが、キャッシングの場合は借りた金利が18%以上で借りた借金ならば過払い金が出ていると思われます。

ただ、過払い金請求は基本的に借金を完済している人が「過去に払いすぎていた金利を返してね」と行うもので、現状で借金がある人が行うにはリスクがあります。

引き直し計算というものをして、借金が残ってしまった場合、任意整理として扱われ信用情報に載る事になります。

いわゆるブラックリストです。

過払い金の返還請求の時効は10年です。

なので、過払い金が発生していそうな人は急いだほうがいいでしょう。

<関連記事>
過払い金請求をおすすめする理由!リスクを恐れないでください

任意整理

弁護士や司法書士に介入してもらって法定金利に見直してもらい、過去に払い過ぎた金利があれば借金から差し引いてもらい借金を減額してもらう。

そして、残った借金をカード会社と和解し将来の利息を無しにしてもらい分割で返済していくことです。

当然、新しくクレジットカードを作ることや、各種のローンは組めなくなります。

そして、完済した日から5年間、情報機関に事故情報として扱われます。

ただ「持っていたはずのクレジットカードもない」、「ちょっとしたローンも組めない」と身内にバレる可能性もあります。

でも社会生活を終わらすことなく借金を終わらすには、任意整理は不可欠だと思います。

先程「信頼できる人に打ち明けるべき」と言いましたが、おそらく結論は任意整理に行き着くと思います。

それに、ブラックリストに載っていても作れるクレジットカードもあります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。
ブラックリスト入りの私でも作れた1枚のクレジットカード

自己破産

裁判をして借金をゼロにしてもらう事です。借金はゼロになりますが、財産もすべて失います。

ですが、もうどうにもならない人は最悪考えなくてはいけないかもしれません。

しかし、ギャンブルなどが原因だと認められないケースもあるようです。

個人再生

任意整理と自己破産の間くらいのものみたいです。

任意整理は裁判は無いのに対して、個人再生は裁判をして減額してもらい残金を払っていきます。

「自己破産しちゃった方が楽になるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、一番のメリットは住宅を守りながら、任意整理ができることです。



最後に

厳しく言うと、どの道を選んでも完済までの数年間は金銭面的余裕はありません。

ちょっとした贅沢も許されないと思います。

しかし、今ここで数年我慢して借金を終わらせることが出来れば、その先には『幸せ』といえる人生が待っている事でしょう!

いっそのこと仕事も変え、人生やり直してみませんか?

これは人生の大きな分かれ道になりますので、じっくり考えて欲しいのですが、今の仕事より収入が上がる仕事に転職するという選択も必要かもしれません。

もし、今の仕事の年収が400万くらいだとして、年収500万~600万稼げるようになれば、毎月の返済が楽になりませんか?

私の現職のタクシードライバーは、転職後1年目から年収500万~600万くらいは稼げますし、他の仕事に比べて自由度の高い仕事ですので、プライベートを大事にしたい人には本当に良い仕事です。

探せば、自分に合った良い仕事ってあるもんですよ。

転職ぐらいの事を考えないと、多重債務という底なし沼からは抜け出せないかも知れませんね。

<おすすめ記事>
【収入アップ術!】無理なく年収を100万円上げる4つの方法

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があります。

実は、会社選びの時点で成功・失敗が決まっちゃっているんです。

なので、タクシー転職を失敗しないためには、事前に必要な情報をインプットする必要があります。

下記の2つの記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報を全て書いてあります。もちろん無料で読めますよ!

実際に入るべきタクシー会社についても書いてありますので、タクシー転職にお役立て下さい。