育児休暇が子供のためにならない理由【働きながら子育てが正解】

こんにちは、ショーです。

育児休暇を取れる制度ができたのはいいですが、殆どの人が取れないのが現実です。

普段の体調不良で1日休むことでさえ躊躇してしまうのに『育児休暇を下さい』なんて、『仕事辞めます』よりハードルが高いかも知れません。

それでも『子供のため』『子供の成長が見たい』とゴリ押しで育児休暇を取る人もいる事でしょう。

しかし、子供のためと思って育児休暇を取る事は、実は子供のためになっていないかもしれません。

  • 育児休暇を取ると生活が困窮する可能性がある。
  • 子育ては生後1年間ではなく長期で子育てに参加するべき。

上記の2点について、このあと詳しく書きますので育児休暇を取りたいと思っている方は参考にしてみて下さい。



育児休暇を取ると生活が困窮する可能性があります。

転職する男性

男性の場合、結婚をして子供を作るのは30歳前後くらいだとすると、会社で重要な立場になっていたり、会社も仕事を任せたい時期です。

その時に育児休暇を取るという事は、会社からしてみたら『職場放棄』と同じです。

普段でさえ人手に困っている中小企業も多く、戻ってくることを考えると人も増やせません。

でも、仕事はこなさないといけないわけですから、結局残っている社員で穴を埋めなくてはいけません。

男性の場合、子供が生まれた日から最長で1年間育児休暇が取れます。

育児休暇を取っている間に、メキメキ頭角を現す若手も出てくるでしょうし、穴埋めのために人一倍頑張ってくれる従業員もいます。

そういった従業員がいるのに、会社側は育児休暇の復帰後に同じ立場には戻しにくいですし、戻してしまったら頑張ってくれた従業員たちの士気も下げかねません。

それに休んでいる期間に『取引先が増えた』『システムが変わった』としたら、復帰後に今までと同じ動きはできません。

余程、図太い自己中心的な人でないと、その不穏な空気には耐えられないと思います。

結局、育児休暇後に復帰しても同じ立場に戻れる保障もありませんし、会社に居場所がなくなっていて復帰をしても転職を余儀なくされる可能性があるのです。

そして、慌てて転職をして失敗してしまう…。

転職は時間をかけ、慎重に行う事が成功の秘訣です。

  • 収入が大幅ダウンした。
  • 休みが取れなくなってしまった。

収入が下がれば子供にお金をかけられなくなりますし、休みが取れなくなってしまったら、子供と接する機会も減ってしまいます。

子供のためと思い育児休暇を取ったばかりに、生活水準を下げてしまう原因になってしまう可能性があるのです。

子育ては長期で参加することを考えるべき。

子供を遊ばせている

「子供が生まれた0歳~1歳くらいまでが一番大変だから、育児休暇を取って嫁さんの手伝いをする。」

それは勿論なのですが、例えば無理して育児休暇を取った場合、上記で書いたように転職に追い込まれてしまう可能性も出てきますし、会社に残れたとしても、その後は休みを取りにくくなってしまうかもしれません。

子育ては、生後1年間だけではありません。

幼稚園に行かせると『入園式・運動会・父親参観・家族ピクニック』など、父親も参加する行事が沢山あります。

その行事に出席をしてあげないと子供は悲しみます。

「なんで、うちのパパはきてくれないの?」と…。

幼稚園や小学校の年間行事に参加してあげる事も『子供のため』なんです。

生後1年間しっかり育児をしても、その後は仕事優先で行事に出てあげないのは『子供がかわいそう』になってしまいます。

最低でも小学校くらいまでは、行事には参加してあげたいものです。

答え:子育てしやすい仕事に転職してしまうのが正解です。

男性

会社的に問題なく育児休暇も取れて、いつでも休みが取れるような環境の職場にいるのなら、育児休暇は取った方が良いですが、そんな会社は少ないですよね。

「それでも、どうしても育児に参加したい」
「でも、育児休暇取ったら会社に居場所がなくなるかも…」

育児休暇を取ると『会社で今までと同じ』というわけにはいきません。

なら、『働きながら積極的に子育てに参加できる仕事に転職してしまう』のが正解だと思いませんか?

  • 転職することを前提に育児休暇をみっちり1年間取得する。
  • 出産前に育児しやすい仕事に転職をしておく。

転職をすることを前提としておけば、育児休暇ほど『甘い蜜』はありません。

かなり気が引ける方法ではありますが『自分のため』『家族のため』を第一に思えば、こういう考えもアリだと思います。

あとは、出産前に転職してしまうのもアリです。

私も2人目が嫁さんのお腹の中にいる時に転職を決意しました。

で、出産して生後5ヶ月くらいで転職しました。

これからは、転職の1度や2度は誰もが経験する時代です。

育児に積極的に参加したいなら、休みやすい環境の仕事にあらかじめ転職してしまうことも視野に入れておくといいですよ。



最後に

育児休暇を取ると会社での立場が今までと同じというわけにはいきませんから、安易な気持ちで取る事はおすすめしません。

『家族のため』と思っても、実は『家族のためにならなかった』なんてことにもなりかねません。

しかし、私のように元々大した仕事に就いていないなら、転職を視野に入れて『育児に参加』することを考えてみてもいいかと思います。

先程も書きましたが、これからは転職の1回、2回はする時代です。

その時の自分のライフスタイルに最も適した仕事に変えていくのが、人生を楽しく生きていく秘訣なのではないでしょうか?

<おすすめ記事>
その仕事、体を壊してまで働く価値ありますか?【生涯働く人へ】

因みに、私の現職のタクシーは育児のしやすい仕事です。

タクシーは勤務形態上、月の17~18日は家にいます。

逆を言えば、月の12~13日は丸1日家を空ける事になりますので、そこに不安を感じるかもしれませんが…。

当初、うちの嫁さんも夜いない日がある事に不安がっていましたが、実際に私がタクシー転職するとタクシーの隔日勤務を満喫しています。

旦那がいないということは自分の事と子供の事だけすればいいのですから…。

旦那のご飯やその他の面倒を見なくていいので返って楽なようです。

で、旦那が家にいる時は子供の面倒を見て貰えばいいわけです。

私もタクシーに転職する前の仕事だったら、殆ど参加できなかったと思いますので、良い時期にタクシーに転職できたことに満足しています。

タクシーが気になる方は↓