独学ピアノ開始

こんにちは、ショーです!(@privategadaiiti)

YouTubeをこれから始める・始めたばかりの人は「どんなジャンルの動画にしようか?」と、お悩みになるかと思います。

私も2020年にYouTubeを始めたのですが、色々と考えた結果…『ピアノで弾いてみた』を選びました。

しかし、YouTubeで『弾いてみた』は著作権の問題から収益化するのが難しいジャンルです。

広告が付きにくい、付いても1再生の単価が低い

それは解っているのですが、この度チャレンジしてみることにしました!

これから『弾いてみた』を始める方の参考になる部分もあるかと思いますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

まずはYouTubeで収益化の前に立ちはだかる関門を越える!

ご存知かと思いますが、YouTubeの広告は『登録者数1000人・12ヶ月での動画再生4000時間』をクリアしないと付きません。

それには面白い動画を定期的にアップする必要があります。

しかし、家庭を持っている43歳のおっさんには若者のように無茶できないですし、独身貴族のように派手に金も使うこともできません。

そんなおっさんが今からYouTubeで収益化するための最初の関門をするには、ライバルの少ないブルーオーシャンを探すしかありません。

広告が付きにくい『弾いてみた』は、始める人も少ないでしょうから動画再生数・チャンネル登録数を増やす分にはブルーオーシャンだと思ったのです。

YouTubeで稼ごうと思ったら、広告が付くか微妙なジャンルを選ぶ人は少ないですからね。

  • まずは登録者数1000人・12ヶ月で動画再生4000時間をクリアする。
  • それからYouTube広告以外の収益化を構築していく。

弾いてみたで収益化するには?

再程も言ったように『弾いてみた』は、著作権の問題でYouTube広告が付きにくいジャンルです。

なので広告収入だけで稼ぐのは難しいので、稼ぎたいなら別の収益化を考える必要があります。

・YouTube+アフィリエイト
・ライブ配信での投げ銭

たとえば『YouTube+アフィリエイト』ですね。

使用している楽器や、音楽動画に最適なカメラ・マイクなどの撮影機器をブログなどでアフィリエイトするとかですね。

あとは、YouTubeの機能に備わっている『ライブ配信での投げ銭』とかですね。

ライブで演奏できる実力とライブを見に来てくれる人気が必要なので、直ぐにできることではありませんがね。

このように、全く稼ぎようがないわけではないので『弾いてみた+α』を見つけることが「弾いてみた」の攻略になるのです。

初めの一歩!ピアノ始めて20日50時間ほど練習した結果!

独学でピアノを始めて20日が経ちました。総練習時間は54時間ほどです。

ちなみにクラシックではなく、アニソンです(笑)

ぜひ、動画もご覧くださいね!

【ルパン三世/初級】

で、結論を言いますと50時間の練習量ではまともに一曲弾けませんでした。

ルパンの曲は誰でも耳にしたことがあるかと思いますが、想像してみて下さい。

初っ端から、激しいですよね。ルパン三世は初心者向けではない気がします…。

それに、今思えば『初級』ではなく『入門』から始めるべきでした(笑)

まあ、これから頑張って練習して『100万再生』されるようなピアノを弾きたいですね。



最後に

今までピアノを弾いたことが無かったのに、始めたのはYouTubeで「稼ぎたい」という気持ちも、もちろんあるのですが「生涯の趣味になれば」という気持ちもあります。

「将来は、ジャズピアノでも弾ける粋なおっさんにでもなりたいな」と思っています。

最後になりますが、この先も『ピアノ収益化』についての記事を書いていきますので見て下さいね。