【人生を変えたい方】元多重債務者から学ぶ人生の再構築法

こんにちは、ショーです。

「人生終わったな…」

こう思うこと、ありますか?

私は毎日のように思っていました。

高校を中退して好き勝手遊んだ挙句、パチスロ依存症で多重債務に陥ってしまい人生諦めていました。

でも、借金が無くなったら、そんな考えも無くなりました。

以前の私のように、借金まみれで人生諦めてしまっている人は多くいると思います。

諦める前に行動にでてみませんか?

諦めて何もしなければそこで終わりですが、行動することができれば、きっと人生は変わるでしょう。

本記事は借金に苦しみ人生を捨てかけている人に、人生を変えるために必要な事を書きましたので参考にしてみて下さい。



人生を変えるには、まずは借金を無くさないといけません。

借金に苦しむ人

私がそうでしたが多重債務になると、仕事中、プライベート、寝ている時以外は借金の事が頭から離れません。

いや、夢にも出てきますね。

どこか遊びに行っても「金が勿体ない」としか感じなくなり、借金返済の金が足りず給料に不満を持つようになって仕事へのやる気もなくなります。

そして借金を返すために平気で嘘をつくようになり、借金が返せるなら残酷な事も平気で考えしまうようになります。

身内の遺産で借金返済を考えたりしたことありませんか?

私はあります。

借金は確実に心を歪ませるんです。

なので、まずは借金をどうにかしないと『幸せ』と感じる事は絶対にありません。
【借金がつらい方】完済する方法を元重債務者の私が教えます

好きな趣味・幸せな家庭・綺麗な住まい・美味しい食事

幸せと感じる人生には、最低限のお金がです。

「人生お金じゃないよ」というセリフは、お金を持っている人のセリフです。

まずは、借金を無くすべく行動に出ましょう。



転職は確実に人生を変えてくれます。

勿論、転職は100%成功する保証はありません。

悪い結果に終わる可能性もあります。

でも冒頭でも言いましたが、行動に出ないと何もかわらないんです。

  • 借金を返すために収入が上がる仕事に転職する。
  • プライベートを充実させるために転職する。
  • ブラック企業から脱出する。

将来性のある仕事なら別ですが、今の仕事を見つめ直してみるといいですよ。

私も転職をしたことで、人生を変えられたことを実感しました。

転職して人生変わった人

前職は会社が酷いというより、業界自体がブラックで本当にストレスがかかる仕事でした。

仕事のストレスで、家に帰ってからも言う事聞かない我が子に強くあたってしまったり、急に仕事が入って家族サービスがまともに出来ないほど休日の安定いない仕事でした。

でも「他にいい仕事なんか無い」と思っていましたし、「辞めて穴をあけると残る皆に迷惑がかかる」なんてカッコいい事言ったりしていましたね。

ただの良い訳なんですよね。

辞める勇気がなかっただけなんです。

まあ、大した仕事に転職した訳ではないんですがタクシーに転職しました。

タクシーは世間的には聞こえの良くない仕事です。

一流企業に勤めていた人がタクシーを始めるのは抵抗があると思います。

しかし、底辺の人生を歩んでいた私にはタクシーは人生を変えるほどの仕事でした。

今までにない自由さがあり、プライベートを満喫できるようになりました。

休みの日に会社から電話がかかってくる事なんか無いですし、急な出勤もありません。

労働時間も国で管理されているので上限がありサービス残業もありません。

今までより労働時間もストレスも凄く減ったのに、前職の年収より稼げています。
【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。

年収500万以下の仕事でこき使われている人には、タクシーはおすすめですよ。



最後に…

今回、伝えたかったのは人生を変えるには行動に出なくてはいけないという事です。

しかし、行動に出るには勇気が必要です。

借金と向き合う勇気。
転職を決意する勇気。

勇気を出し行動に出れば人生を変える事が出来る事でしょう。

人生優先すべきはプライベート、プライベートを充実させるために仕事をする。

そういう気持ちの方が人生は上手くいくと思いますよ。

<おすすめ記事>
・【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?
・【収入アップ術!】無理なく年収を100万円上げる4つの方法

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。