【あおり運転を受ける原因】その身勝手な運転があおりを呼ぶ!?

こんにちは、ショーです。

近年社会問題になっているあおり運転ですが、私が特に印象に残っている事件があります。

マナーの悪いドライバーに注意をした一家が、高速道路上で車を止められてしまい、後続のトラックに追突され両親2人が亡くたってしまった事故です。

ニュースでも大きく取り上げられましたが、一審の判決で危険運転が適用され、懲役18年が求刑されましたが、この事件…

同じく子を持つ私には、残された子供の言葉があまりにも悲惨すぎて見ていられませんでした。

この事件により、今後あおり運転に対する罰則が強化されていく事になりましたが…

でも、あおり運転は絶対に無くならない!

私はそう思っています。

『あおり運転罪』という、厳しい罰則を作れば少しは減るでしょうが、全ては無くなりません。

飲酒運転がいい例ですが、一発免停・罰金50万、100万と罰則を厳しくしても無くなりませんよね。

一時の感情でとんでもないことをする人間や、自分の事しか考えない人間に運転免許を交付する限り、あおり運転はなくならないのです。

本来は運転免許証を取得する段階で、より厳しい適正審査が必要なのです。

ハンドルを握ると人格が変わる人には、免許証は交付しない。
それくらいの事やらないと『あおり』は無くならないと思いますが、そこまではさすがに難しいでしょう。

免許の取得費用・更新手数料・車の購入費・維持費・その他もろもろ、運転免許取得から始まる経済効果はハンパじゃありません。

その大事な収入源を国がわざわざ減らすようなことは絶対しないでしょう。

車が無いと生活に不便な街も沢山ありますしね。

ただ、世間ではあおり運転はあおる奴が悪いことが前提で話がされますが、本当はあおる奴だけが悪いわけではないのです。

あおられてしまう側にも原因があるのです。

今回は『あおられてしまう原因』『あおられない為の対策』『万が一、あおられてしまった時の対処法』を書きますので、あおられてしまう原因を知り自己防衛をしましょう!

誰かれ構わず噛みつく狂犬のような奴は、対象外の話です。



スポンサーリンク

身勝手な者同士の出会いがあおり運転を生む!

私はあおり運転は身勝手な者同士が、公道で出くわすと起きてしまうと思っています。

  • あおる側=身勝手
  • あおられる側=身勝手

あおり運転する奴が身勝手なのは当然です!

あおるヤツがいなければ、あおり運転は起きないのですからね。

では、あおる奴は何故あおるのかを考えると、それはあおられる側の身勝手な運転で相手を怒らせているからなのです。

あおり運転をする身勝手な奴の特徴

  • 遅い車をあおる
  • 割り込まれるとあおる
  • 後続車に車間距離を詰められるとすぐキレる。
  • 執拗に感情をむき出しにする。
  • 周りの迷惑なんて考えない。

自分より遅い車をあおる、そのくせ自分の後ろにピタッと付けられるとすぐキレる。
で、ちょっと前に入られただけで感情的になり、あおる…

自分の思い通りに運転が出来ないとイラついて、気に入らない車をあおる、身勝手な運転なのです。

車を停めて威嚇をし、周りが迷惑しているなんて関係ない、むしろそれがカッコいいとさえ思ってイキがっているだけなのです。

血の気の多い若者ならまだしも、おじさんまでもが直ぐにキレてあおる始末だからたちが悪い。

あおる奴は、短気な奴なんです。

運転に限らず短気なヤツを相手を相手にするのは面倒くさいですよね。

あおれらてしまう人の身勝手な運転とは?

  • 周囲ペースに合わせられない人。
  • 要らぬ意地を張る人。
  • あおられる見た目。

運転は周りのペースに合わさないとダメです!

周りのペーに合わせた運転

まず、周りのペースに合わせられない人があおられやすいのです。

例えば、あおられる原因に多いスピード。

先頭を走るなら、法定速度でトロトロ走ってはいけません。

日頃から道交法を遵守している人からすれば「何を言っているんだ!」とお思いでしょうが、そう思う人はあおられる人です。

スピードの感覚は人それぞれ違います。

時速100㎞を、とても速いと感じる人がいれば、すごく遅く感じる人もいます。

で、100㎞を早いと感じる人が先頭を走り、遅いと感じる人がその後ろを走ったら…分かりますよね?

イラつき、あおってきます。

道交法を順守していて正しいハズのあなたが、相手をイラつかせ、あおらせる原因を作ってしまっているのです。

ただ、法定速度40㎞の道を時速30㎞であなたの前を走っている車がいたらどう感じますか?

イラつきませんか?

これは、高速道路に限る事ではないのですが、先頭を走るという事は自分がペースを作るという事です。

しかし、自分がペースを作るのは、とても難しい事です。

なので「俺は、誰よりも前を走りたいんだ」という気持ちが無いのなら、先頭は走るべきではありません。

そして、もう一つ!

周りを確認しないで強引に車線変更をしてしまう事も原因のひとつです。

「今、バックミラー見てないだろっ」というタイミングで入ってくる車が非常に多い!

サイドミラーをたたんだまま車線変更している人もたまに見ます。完全に見てねーじゃねーか(笑)

そんな危ないタイミングで入ってきたら誰でも怒りますよ。

このように、あおりたくなるくらい相手を怒らせている、あなたの身勝手な運転があおり運転を呼ぶのです。

もめる覚悟がないなら意地を張るのはやめよう!

意地っ張りな人

次にあおられやすいのが、覚悟が無いのに意地を張る人です。

『あおられているのに気づいているのにどかない。』
『割り込んでくる自分勝手な車に道を譲らない。』
『車間を詰めすぎて、前方の車が急ブレーキ等で警告をしているのに、まだやる。』

この場合も、身勝手なヤツだと怒ってあおってくる可能性があります。

先程も書きましたが、周囲のペースに合わせられない人がスピードが遅くトロトロ入っているうえ、
『意地を張り道を譲らない』と相手がイラつきあおってくるのです。

「なんで俺がどかなきゃいけないんだ!道交法を守って運転してるんだか文句言われる筋合いはない。」

確かにそうですが、例えば電車に乗っている時にシートのど真ん中に足を広げて座っている人いますよね?

少し横にずれればもう一人座れるのに、「なんで先に座っている俺がズレなきゃいけないんだ。」と言わんばかりにずれないヤツ。

ああいうヤツと、やっている事は一緒なんです。

空いているんだから、少し横にずれればいいんですよ。

前の道が開いていて、自分はそれ以上スピードを出さないなら、早く行きたい奴に道を譲ればいいんですよ。

変な意地はいりません。

見た目であおられる場合もある。

弱そうな人

自分勝手な運転とは違うのですが、見た目の弱そうな人(車)です。

私は、黒塗りの『いかにもな人が乗っていそうな車』が、あおられている様を見たことはありません。

明らかにヤバそうな相手に噛みつく人間はそうはいませんからね。

結局は、弱そうだから「あおっても大丈夫」と思われているのです。

現に、私の仕事タクシーは、かなりあおられます。クラクションもいっぱい鳴らされます。

相手は解っているのです。「タクシーはやり返してこない」と。

こちらも毎度のことなので相手にしません。相手にしなければそこで終り、それ以上発展はしません。

でも実は、いっぱいいるんですよ。キレたタクシードライバーって。

ただし!見た目が弱そうというだけでは、あおられる原因にはなりません。

周りの状況を見て合わせられたい意地っ張りが、弱そうな車に乗っていると標的にされるのです。



あおられないための3つの対策!

ここからはあおられないための対策を書いて行きますが、「自分は悪くないハズなのにあおられる事が多い」という人は、これから書く事を心掛けて運転をしましょう。

周りの状況を見ながら流れに乗って運転しよう!

女性ドライバー

周りの状況を見ない人、初心者など運転が不慣れな人があおり運転の標的にされてしまう傾向があります。

道路は多くの人が車を運転しています。

なので、必ずしも道交法を守っている自分が正しいわけではありません。

常にバックミラー・サイドミラー・目視で周りの状況を確認する癖を付けましょう!

「先頭は走らない。」
「必要のない車線変更はしない。」
「片側複数車線ある高速道路や大通りなどでは真ん中の車線を走り、周りの車のペースに合わせる。」

走っている道が複数車線あるなら先頭は走らずに自分のペースに合った車の後ろを走る。

これだけで、あおり運転の標的に合う事は少なくなるでしょう。

それに、常に周りを気にすることは事故や違反の回避にもつながりますよ。

意地を張らずに道を譲ろう!

道を譲る男性

あおられたり急ブレーキ等で威嚇されても、相手にしないことです。

もし、片側一車線しかない道で後ろにピッタリと付けられてしまったら、一度横に停車するか思い切って曲がっちゃうくらいの気持ちが大事ですよ。

絶対に意地を張らないようにしましょう。

ドライブレコーダーは必ず付けましょう!

ドライブレコーダー

最近は録画の映像から、あおりの取り締まりもしてくれるので、ドライブレコーダーは必ずつけましょう!
録画しているのが解れば相手も引く場合もあります。

あおり運転対策だけでなく貰い事故など、こちらに過失が無いことを証明できますし、違反などでも稀に警察の見間違いなんて事もありますからね。

ドライブレコーダーを付ける際の注意点

  • 後方も録画できるタイプ
  • なるべく画像が鮮明なもの
  • 音声も録音できるもの

ケチらず、良い物を買いましょう!

万が一、執拗なあおりを受けた時の対処法!

周りも気にして運転しました。道も譲りました。ドラブレコーダーも付けてます。

それでも、執拗なあおりを受けて、万が一車を停められてしまった場合は、必ずドアロックをして即座に110番しましょう。

絶対にドアや窓を開けてはいけませんよ!

できれば、停められる前の追われている段階で110番すれば、2キロ3キロと追われている間にパトカーが来れるかもしれません。

絶対に捕まえてもらいましょう。



最後に

あおり運転はあおる方が悪いのは当然ですが、見る視点を変えるとあおられてしまう人も身勝手な運転をしてしまっているのです。

  • 遅いのに先頭をトロトロ走っている。
  • 急いでもいないのに道を譲らない。
  • 周囲の確認をしないで無理やり車線変更をする。

これも、十分、身勝手な運転だと思いませんか?

車の運転は車内という独特の個室の空間が身勝手にさせてしまいます。

結局は周りのペースに合わさない・合わせられない身勝手な者同士が出くわし、あおりあおられをしているだけなのです。

道交法を順守することも大事ですが、運転に一番大事なことは、周りの状況に合わせた運転をすることです。

そして、譲り合いの気持ちを持てば、交通トラブルは起きないのです。

それでも、あおられてしまったら相手にしない事です。

  • ドライブレコーダーを付ける。
  • 標的にされない運転をする。
  • あおられた時は相手にしないで車線を変えるなどで回避する。
  • 執拗なあおりは110番。

あおり運転の取り締まりは厳しくなってきているようですが、この先まだまだ無くなることは無いでしょう。

『悪質なあおり運転はドライブレコーダーなどの証拠で即一発免取出来る』ような道交法を作る事ができれば、なくなるかもしれませんね。

なので、そんな時代が来るまでは、自分の身は自分で守りましょう!

<あわせて読んでほしい記事>
・東京観光に車で来てはいけない3つの理由と楽しい旅行にする方法!
・【運転注意!】東京で今、最も注意するべきモノ5選と対処法!