40歳過ぎたら受けるべき2つの検診【人生楽しく生きるために】

こんにちは、ショーです。

日本人の平均寿命は、厚労省の『平成29年簡易生命表』で、男性が81歳・女性が87歳と発表されています。

日本は世界的に見ても男女ともにトップ3に入る長寿国です。

  • 会社で半強制的に受けさせられる健康診断。
  • 少額で誰もが受けられるパンク寸前の医療制度。

健康診断で異常を初期で見つけ少額で治療を受けられるからこそですね。

しかし、いくら長生きできても体がボロボロだと生きているのが辛いだけです。

今回は、『人生楽しく生きるために』40歳過ぎたら受けておくべき2つの検診について書きます。

  1. 胃・大腸内視鏡検査
  2. 歯科検診(歯石除去)



胃・大腸内視鏡検査

男性

まず、40歳過ぎたら一度は受けておきたいのが『胃内視鏡検査』と『大腸内視鏡検査』です。

厚労省が発表している40歳から日本人の平均寿命である80歳代までの日本人の死因の第一位は癌ですが、癌の中でも男女ともに『胃がん』と『大腸がん』の割合が高くなっています。

健康診断でも胃と大腸の検査はあるんです。

  • 胃→バリウム検査
  • 大腸→検便(便潜血反応)

でも、バリウム検査は後の処理がめちゃくちゃ大変なのに『何か影がある』くらいしか解らず、何か影があったら胃内視鏡検査をすることになります。

私は『難病』の潰瘍性大腸炎を患っていて、内視鏡検査の専門の先生に見て貰っているのですが、その先生から「バリウム飲むなら胃カメラ飲んだ方が早い」と言われています。

なので、胃内視鏡検査をおすすめしています。

バリウム検査は「意味がない」という専門家も多く、実際、健康診断の項目から外す方向に進めているようですね。

胃カメラは1回でも、胃がんの確率がグッと減る。

『胃がんはピロリ菌が原因でなるケースが殆ど』と言われています。

なので、ピロリ菌が胃の中にいるか?いないか?で、胃がんになる確率が大きく変わります。

今は血液検査でピロリ菌の有無がわかるようになっていますが、胃カメラを飲むことで詳しく検査することができます。

ピロリ菌は子供の頃に感染するケースが殆どらしく、大人になってから感染することはないと言われています。

なので、一回でも胃カメラで検査をしてピロリ菌の有無を詳しく調べておけば、胃がんになる確率がグッと減るわけです。

私の60代の知人は胃がんで胃を全摘出しましたが、アルコールや肉類が制限されているのは勿論のこと、消化が悪いものを食べてしまうと『戻してしまったりお腹を壊したりしてしまう』辛い場面を見てきました。

早いうちに一度は、胃の検査はするべきだと思います。

便潜血反応が出る前に大腸内視鏡検査をするべき。

健康診断の検便は便に血が混じっているか?の検査をしています。

私の難病も検便の便潜血反応がきっかけで大腸内視鏡検査をして発覚しました。

で、便潜血反応が出たということは単純に痔だったりもするのですが、すでに腸に何かしらの異常があるという事です。

なので、便潜血反応が出たり何か症状が出てしまう前に、大腸内視鏡検査を受けておくのがいいのです。

もし、大腸がんになってしまい場所が悪くて『人工肛門』とかになってしまうと、日常生活すら困難になってしまいます。

私の親父も大腸がんを患いましたが、幸い『人工肛門』にはならず、今は普通に生活を送れています。

癌ができる場所でも大きく変わる大腸がんですが、早めに検査をしておくことをおすすめします。

内視鏡は辛くはありませんのでご安心ください。

よく『胃カメラは辛い』と言われますが、最近は『麻酔』を使って寝ている間に検査をしてくれる病院も多くあります。

私も胃内視鏡も大腸内視鏡も何度も受けていますが、全く痛くも苦しくもありませんよ。

ただ意識が覚めるまでに少し時間がかかるので、そのあとに用事がある人には向きませんが…。

費用もそれほど高くはありません。

私が通っている病院では、胃内視鏡も大腸内視鏡も検査だけですと6000~7000円程度です。

異常があって病理検査が必要だったり、ポリープ除去をしたりすると10000円~30000円程度かかる事もあります。(※病院によって異なると思います。)

でも、3万で大病を未然に防げるなら高くは無いと思いませんか?

私の周りだけでも、これだけ多く病気になっています。

私→潰瘍性大腸炎
親父→大腸がん
知人→胃がん

私の病気の潰瘍性大腸炎も悪化すると癌化すると言われています。

『自分は大丈夫』と思わないほうがいいですよ。

歯科検診(歯石除去)

女性

次に受けておきたいのが歯科検診です。

多くの人が上手く歯磨きができていないらしく、歯石がこびりついてしまっていて歯石除去が必要な状態のようです。

  • 歯石を放っておくと歯槽膿漏になり、口臭の原因や最悪歯が抜け落ちる。
  • 入れ歯になってしまうと、食べ物がおいしくない。

今は引退してしまった有名芸能人の方も、老後に『健康な歯』は絶対に必要と言っています。

私の前職の取引先の大企業の社長さんも、総会の場で『歯は大事』と強く語っていました。

金と地位を手に入れた者が次に求めるものが歯のようです。

年齢を重ねるとともに気付くことなのでしょうが、抜け落ちてしまってからでは遅いのです。

なので、定期的に歯科検診に行くことをおすすめします。

費用は1回につき、2000円~3000円程度です。(※歯科医院によって異なると思います。)

で、年に2~3回歯石除去をしてあげるといいみたいですね。



最後に

人生楽しく生きるためには健康でないといけません。

特に『食』は人生の楽しみの大きな1つです。

食べ物を美味しく食べられなくなってしまうような病気には特に気を付けたいものですね。

最近はフリーランスで働く人も多く、普段から健康診断を受けていない人も多くいるかと思います。

会社や市区町村で受けられる健康診断でもそれなりに体の事がわかりますので、まずは健康診断を受けてみましょう。

<おすすめ記事>
健康診断は無料で受けることができるの知ってますか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧