タクシーで年収600万以上を求めて転職してはいけない理由とは?

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

タクシーの求人情報で『年収600万以上可能』と、よく見かけませんか?

ウソではありません。可能といえば可能です。

でも、タクシードライバー全員がとなると話は別です。

もし、年収600万以上稼げると思っていてタクシードライバーに転職を考えている人は、まずはこの記事を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

年収600万以上稼いでいるドライバーは才能がある人!

私はタクシードライバーに転職をして、この春で3年目となります。

仕事も大分慣れて来て、収入も歩合給で不安定そうな給料体系ですが、なんとなく毎月安定した給料が取れています。

でも、タクシードライバーになって思うんですが「タクシーってヒキが必要だな」って思うんです。

だって、道で手を上げているお客さんを乗せて、このお客さんが410円なのか10,000円なのか乗せて見ないと解らないですからね。

でも、なんだかんだ売り上げのいい人は毎乗務、高単価なお客さんを乗せれるんです。

よく売り上げを上げるコツで、「単価の高いお客さんがいるスポットを知っている」とかいうけれど、そんなのヒキを持っている人なら何とでも言えます。

例え、単価の高いお客さんが良くいる場所だったとしても、お客さん全員が高単価って事はありえません。

結局は、その中から高単価なお客さんを引くヒキが必要だと私は感じています。

ヒキが無いとタクシーは稼げないって事ではない!

だからと言ってタクシーの仕事はヒキが無いと稼げないってわけではなく、下記の記事の条件を満たせばそれなりに稼げます。

タクシー転職を成功させる為に絶対に必要な2つの条件!

1つだけ条件を言うと東京都の特別区というエリアでなら十分稼げます。

もちろん、収入の希望額は人それぞれですが、ヒキの悪い人でも稼げる条件を満たして、サボらず働けば絶対に年収500万は稼げます。

これって、東京都の平均賃金以上ですよね。タクシーはそれぐらい稼げる仕事です。さらに凄い所は転職して1年目から稼げます。

何度も言うようですが、条件は必要ですよ!

新人タクシーが年収500万以上稼ぐ!知っておくべき2つの条件!

タクシーで年収600万以上は求めるな!

タクシーは年収500~600万くらいは条件を満たせば稼げます。

しかし、それ以上求めてタクシードライバーに転職することはオススメ出来ません。

年収600万以上稼ぐには、最初に言ったヒキが必要だからです。

でも、ヒキが自分にあるのか?ないのか?は、実際にタクシードライバーになってみないと分かりません。

「チャレンジしてみる!」とか「自分なら出来る!」とかで人生の勝負に出るのはやめたほうがいいでしょう。

それってもう、博打ですから!

博打ってのは大抵の人が負けます。勝つのはホンの一握りの人。

タクシーも一緒。

タクシーで稼ぐ人は転職してから、自分の才能に気付き年収700万、800万と稼ぐのです。

ヒキがなければ10年やろうが20年やろうがタクシーで年収600万以上は稼ぐのは難しいでしょう。

逆を言えば、タクシーに転職をして1年~3年くらいの収入が「自分がタクシーで稼げる収入」と思った方がいいでしょう。



まとめ:タクシーは博打要素が高いですが、ギャンブルではありません。

基本は高単価のお客さまを求めるのではなく、なるべく多くのお客さまを乗せれるよう回数を意識することが必要不可欠です。

営業時間内にどれだけ空車の時間を減らせるかです。

なので、高単価のお客さんを乗せられるヒキが無くても年収500~600万くらいは稼げますよ。

年収600万以上稼いでるタクシードライバーはプラスでヒキを持っているだけです。

でも、長距離のお客さんを引いた時の、あの気持ち良さったら…やみつきになっちゃうんですけどね。

東京都の特別区のタクシードライバーは特別な才能が無くても、真面目に働けば年収は500万~600万は稼げますよ。

なので、急な転職や再就職に向いている職種だと思っています。

自由度の高い職種でもありますしね。

最後までご覧いただきありがとうございました!