会社を辞めたい人が転職を成功させるために必要な3つのステップ!

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

「仕事辞めたい…」と毎日、毎日、ため息をつきながら仕事していませんか?

「労働条件が過酷」「今の仕事は自分に合っていない」「職場の人間関係が最悪」など、理由は様々でしょうが、あまりストレスを溜めすぎると思いもしない体の異変が出てしまい人生を棒に振る事になっていまいますよ。

私自身も体に異変を感じましたが、手遅れになる前に転職をしましたので事なきを得ましたが、体を壊してまで仕事をすることは間違っていると断言します。

そうなる前に仕事は変えるべきです。

「簡単に言うな!」という人もいるかもしれませんが、何故、過酷な労働条件・自身に合っていない仕事を続けなければならないのでしょうか?

今の職場で無理して働かなくても、自分に合った職種や労働条件の会社はあります!

ただ、出会っていないだけです…

スポンサーリンク

頑張り過ぎないことも必要です!

私の前職は、『肉体的にも精神的にも常にストレスがかかり、そしてまともに休みも取れない』という過酷な労働条件で、20年勤めてきました。

今では「どうして20年もガンバちゃったんだろう?」と不思議に思っています。

で、前職ではプライベートを犠牲にしてでも仕事を優先する仕事人間だったのですが、転職してからはすっかりプライベートファーストになりました。

マインドコントロールが解けた感じです。

多くの人は「出世をして、良い収入を得て、良い暮らしをしたいから」とか「家族のために」と頑張るのでしょう。

でも実際は「頑張っても給料が上がらない」「仕事しすぎて家族と距離ができちゃった」とか本末転倒な場合が多いハズです。

成功するのはホンの一握りの人で、ほとんどの人は「どうして俺は頑張っているんだろう?」と疑問を抱いているのではないですか?

頑張れば将来が約束されている仕事であれば、頑張りがいはあります。

しかし、終身雇用が崩壊している今の日本では、大手企業でも早期退職させられたり、将来が約束されているような会社はかなり限られてきます。

今、良いのは公務員でしょう。

民間企業では、プライベート・家族を犠牲にしてまで会社に尽くしてきたのに、捨て駒にされてしまう人も多くいるでしょうしね。

尽くした=見返りがあるわけではありません。

なら、尽くさない!

それも有りだと思いませんか?

転職は条件を下げると思うのは間違い!

私の人生は、いい大学を出て、大手企業に勤めて、キャリアップのため転職…そんなカッコいい人生ではありません。

高校を中退して、怪しい仕事を転々としてきて、行きついた過酷な仕事を20年勤めてきました。

若い頃は「高校ぐらい出ないと!」なんて親の言葉を聞き入れずやりたい放題してきましたが、40歳を超えてくると身に染みてきます。

今、私の周りに「高校辞めたい」という子がいたら「高校ぐらい出た方がいいよ」と心の底から言えるでしょう。

そんな、底辺の人生を歩んできた私は、「今の仕事より条件のいい仕事なんて無い」と思っていました。

しかし、そんなことはなかった!

何のキャリアも無い自分が転職をする勇気が無い、ただの言い訳だったと感じています。

何も行動しなかっただけの事。

事実、私はタクシーに転職をして、収入もわずかですがアップしましたし、何よりプライベートの時間が本当に多く取れるようになりました。

『プライベートの時間が大幅に増えた』『1ヶ月の労働時間が減った』『仕事のストレスがかなり減った』と転職をして生活が大きく変わりました。

働く時間が減って、収入は増えた。

探せば、現状より自分に合った良い仕事ってあるんですよ。



仕事を辞めたい人は3つのステップをクリアして転職をしよう!

  • 自分に合った職種を考える。
  • 労働条件の合った会社を見つける。
  • 辞める勇気を振り絞る。

自分に合った仕事って何なのか?自己判断してみよう!

今の職場一筋!という人ほど、自身の適正にあった仕事をしている人は意外と少ないのではないでしょうか?

「何とか採用されたので勤めてきたが実は性に合ってない」という人は、自分には何が合っているのか、一度考えてみるといいでしょう。

どんな仕事があり、自分は何が出来るのか?やりたいのか?

日頃から下調べしておく事が転職を成功させる第一歩になります。

思い付きやその場の勢いで転職するのは失敗のもとです。

私もタクシーに転職した時は本当に上手くいくか?一年近く考え、いける!と判断し転職に踏み切りました。

自分で転職の成功のイメージが付けば上手くいくのではないかと感じます。

業界自体が過酷な労働条件の職種は選ぶな!

いくらやりたい仕事が見つかっても、業界自体の労働条件がキツイ職業は選ぶべきではありません。

「大丈夫、やりたい仕事だから頑張れる!」そう思うのは、最初のうちだけでしょう。

やりがいのある仕事=長時間労働の温床になっていると思うべきです。

『程々の仕事量でそこそこ稼げる』そんな仕事を探すべきです。

勇気があれば何でもできる!

『いくぞー!1、2、3…』じゃないですけど、勇気があれば転職なんて簡単だと思うんです。

逆を言えば転職をするのに最後に必要なのは、『勇気』なのです。

「慣れた環境を捨て、新しい道を行くのが怖い」これが、転職を決意できない最大の理由なのでしょう。

で、そんな人ほど、心の弱い部分を狙われブラック企業に食い物にされてしまうのです。

大事な人生、勇気を振り絞りましょう!



まとめ:転職は人生を変える!

転職をすることは怖い事ではありません。

本当に怖いのは無理して今の仕事をして身体的苦痛はもちろん、精神を病んでしまい人生を棒に振ってしまう事です。

私は転職をして思いました。

仕事に人生を捧げるべきではないと。

プライベート、家族こそ人生で優先することだと。

ま、大した仕事をしてこなかった人間の戯言ですが…

私はタクシーに転職をして良かったと思っていますし、オススメもしてます。

特に職場の人間関係に疲れてしまった人はタクシーはオススメです。

しかし、タクシーも『向き不向き』があります。まずは下記の記事で自分に合った仕事なのか?見てみてください。
タクシー転職その前に!自分に適性の仕事か判断する5つの自己診断!

最後までご覧いただきありがとうございました!