運転中の眠気にスカッと目覚める方法を教えます【即効性あり】

こんにちは、ショーです。

普段から日常的に車の運転をしている人なら、一度は運転中に眠気に襲われヒヤリハットした経験があることでしょう。

勿論、私もあります。

あれ?私の職業って………本当に危険ですよね。

居眠り運転は自分だけでなく、周りにも相当な被害を与えてしまう恐れがあります。

でも、春先の天気のいいポカポカした日や、寒い冬の夜に暖房を効かした時など、心地良い暖かさを感じると眠くなってしまいますよね。

ご飯を食べた後なら尚更です。

そんな心地良い時に、高速道路などの単調な道や渋滞に巻き込まれると確実に眠気は襲ってきます。

で、ガムをかんだりコーヒーを飲んだりして対策している方も多いと思いますが、それって効果でてますか?

もし、眠気覚まし対策のガムやコーヒーじゃ効果が得られないという方は、今回紹介する眠気覚まし法を是非お試しください。眠気が吹っ飛びますよ。



カフェインでは、直ぐに目は覚めません!

寝ている猫

先程も書きましたが、眠気対策としてガムやコーヒー、そして眠気冷ましドリンクを飲まれている方もいるかと思いますが、効果が得られていない方が多いのではないでしょうか?

それはカフェインには即効性が無いからです。

もし、コーヒーで効果を得たいなら、飲んで10分~20分ほど目を閉じると脳が目覚め眠気が覚めるそうです。

なので、コーヒーで運転中に眠気を覚ます事は難しいのです。

っていうか、コーヒーは眠気が覚めるどころか逆にマッタリしちゃって眠気がきませんか?

コーヒーならコーラの方が眠気が覚めますよ。強烈な炭酸飲料を一気に喉に流し込んだ方が眠気はすっ飛びます。

あと、眠気覚ましドリンクも飲んでから30分・1時間後に効果が出てくるものが多いらしく、今眠い人向けではないのです。

これから長時間運転すると分かっている人があらかじめに飲んでおくと効果が期待できるのでしょう。

それに眠気覚ましドリンクの成分の殆どがカフェインのようなので取り過ぎには注意です。

カフェインの取り過ぎで、中毒になり亡くなられたケースもありますからね。

それに効き目には当然個人差があるでしょうね。

で、ガムは効果が無いという専門家もいますので、ガムを噛めば大丈夫と思わない方がいいです。

ほんの一時、数分程度目が覚めても直ぐに眠気が来てしまいますよね。

スカッと目覚める3つの方法!

爽快な男性

眠気が来てしまうのは、単調な景色や心地良さで脳が眠りだしてしまうからです。

なので、脳が起きる行動をとればいいのです。

  1. 窓を全開にする
  2. 歌をうたう
  3. 車を停めて車外に出る

⑴窓を全開にする:
外気を入れる事で眠気が飛びます。寒い冬ならば特に効果は期待できます。
例えば、高速道路で眠気が来てしまった場合、一番左車線に行きスピードを抑え、全ての窓を全開にしてみて下さい。眠気が一気に飛びますよ。寒いですけどね…

⑵歌をうたう:
カラオケに行ったつもりで全力で歌いましょう。大声で歌う事で眠気が飛びますよ。アップテンポの曲なら効果倍増です。
⑴の窓を全開にして歌うとさらに効果が期待できます。一般道では恥ずかしいですけどね。

⑶車を停めて車外に出る:
この方法は、私の現職タクシー会社でも推奨されています。眠くなったら車を停めて、外に出て体を伸ばすよう日々指導されています。
結局、この方法が一番安全で一番効果が得られるのです。
なので、眠くなったら無理をせず車を止めて車外に出て体を伸ばしましょう。



最後に

近年では車内の二酸化炭素が一定量を超えると、眠くなってしまうという研究結果も出ているようです。

なので『内気循環』で長時間車内にいた場合、二酸化炭素が原因で眠くなることもありますので、こまめに換気をすることも眠気防止になります。

1時間に1回程度は換気をして眠気予防をしましょう。

それでも眠気がきてしまったら、脳を起こす行動を取るようにしましょう。

・窓を開けて外気を入れる。
・歌をうたう。
・車外に出で体を伸ばす。

この他に、同乗者がいる場合は会話をすることで眠気が覚めます。

私もタクシーの仕事中に眠気が来て決まったら、お客さんにルートの再確認をしたりして凌いでいます。

喋る事で脳が起きるんです。

しかし、前日の睡眠が不足していると自覚している人は、とりあえず上記の方法で目を覚まさせ、安全な場所に車を停めて仮眠を取りましょう。

タクシーも、よく所かまわず停めて眠っていますよね。カッコ悪いですけど安全のためには必要な行為なのです。

あと、いつも眠気が来てしまうという方は、運転する時間に合わせて眠気を覚ましのドリンクを飲んでみてもいいかもしれませんね。

<合わせて読みたい記事>
【車の空調】メリットが多い『内気循環』の最大のデメリット!