急な転職にタクシーが向いている理由【切羽詰まっている人向け】

こんにちは、
東京特別区でタクシーやっているショーです。

もし、今あなたが何かの事情で転職をしなくてはいけないとしたら、どちらを選びますか?

  1. 年収300万~400万の世間のイメージの良い仕事。
  2. 年収500万~600万の世間のイメージの悪い仕事。

私は世間の評価が高くはないのは承知で➁のタクシードライバーを選びました。

元々私は、プロフィールでも書いてあるように、高校を中退して底辺の人生を歩んできましたので、それほど抵抗はありませんでしたが…

でも世間のタクシーは『中高年の駆け込み寺』のイメージが強いと思います。

リストラされちゃったおじさんや、社会不適合者の最後の砦…

実際そうなんでしょうけど、それだけ崖っぷちの人を救ってきた証でもあります。

本記事は、急な転職を必要としている人にタクシーがオススメできる理由を書きましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

イメージの悪いタクシーですが、実際は違います。

タクシーに転職する女性

タクシーのイメージについては下記の記事でも書いてますが、世間的に良いイメージの仕事ではありません。

<合わせて読んで欲しい記事>
タクシー転職はイメージ悪い!?でも本当は…【迷っている方に】

私もとにかく転職をしたかったのでタクシードライバーに決めましたが、正直いいイメージは持ってなかったです。

でも、実際に働いてみると悪いイメージとは全く違いました!

  • 雇用条件が良く、社会保険もしっかりと完備されていて安心して働ける。
  • 月に働ける時間に上限があり、サービス残業がない。
  • 労働日数がしっかりと管理されていて不休で運転をさせないようになっている。

一見ブラック業界に見えるのですが、実はホワイトなんです!

さらに、昨今は大手タクシー会社が新卒採用も取り入れていて、若い人や女性ドライバーも多く増えてタクシードライバーのイメージも上がって来ていています。

なので、昔の悪いイメージとは変わってきているのです。

ショー

昔のタクシーって、くわえタバコでだるそうに運転していて、平気で乗車拒否や遠回りをするイメージがありますよね(笑)
今は、そんなことしたら一発アウトですけどね。

それにドライバーの皆さんも、もっと偏屈なイメージだったんですが、全然そんなことはなかったですね。

一流大学をでて上場企業に勤めていた方や、人生経験が豊富で凄く礼儀正しい人も多いんですよ!

…まあ、そうじゃない人もいますがね(笑)

タクシー業界は採用率が高いので急な転職向き!

タクシー業界は人手不足が深刻なので採用率は高いです。

しかも、現在高齢のドライバーが多くこの先は引退していきます。

それに加え若者の運転離れもあり、今後ドライバー職を選ぶ若者が減る為、さらに人手不足が深刻になると予想されます。

なので、タクシーは採用率が高いので急な転職や再就職に向いているのです。

でも、当然落ちる事もありますよ。

<参考記事>
えっ、タクシーの面接って落ちるの?不採用になる4つの理由とは

真面目に働けば直ぐに年収500万~600万くらいは稼げます!

「タクシーの給料は安いんでしょっ!」こう思っている方が多いと思います。

でも、それなりには稼げますよ。

条件付きではありますが私が考えるタクシーの年収は以下のようになります。

  • 楽してやって300~400万
  • 普通にやって400~500万
  • がんばって、500~600万
  • 無理をして、600~700万

年収500万~600万くらいなら、条件を満たせば誰でも稼げます。

<稼ぐ条件>
タクシー転職を成功させるために絶対に必要な2つの条件とは!?

中には年収800万、1000万稼ぐドライバーもいると言われていますが、そんなに稼げるとは思わないでくださいね!



ただし!タクシーは向き不向きがあるので注意してください。

タクシーは『隔日勤務』という勤務体系なのですが、夜中まで働くことになるので合わない人には合わないと思います。

昼間だけ働く日勤もあるのですが、隔日勤務より稼ぎにくいですし、何よりタクシーの醍醐味である
『自由な時間』が得られません。

タクシーの隔日勤務については下記の記事をご覧ください。
また、休日の記事と合わせて見ていただくと、よりイメージがわくと思います。

・【タクシーの勤務について】隔日勤務は規則正しい長時間労働です
・【タクシーは月の半分が休みですよ!】このカラクリ教えます

そして、タクシーは運転業ではなくサービス業だと思っておいて下さい。

サービス業で働く人

タクシーはお客さまを安全・迅速に目的地にお送りする最低限の運転技術も必要ですが、お客さまに気持ち良くタクシーに乗っていただくための接客対応が必要になります。

もしかしたら「今まで運転の仕事をしてきた」という人よりは、「接客・サービス業をしてきた」という人の方が早くにタクシーの仕事に馴染めるかもしれません。

しかし、接客対応に不安がある人もタクシー会社で接客対応を学べますので、そこまで心配する必要はありません。

それにドライバー職をやってきて運転になれている人は、その分すぐにタクシーの仕事に馴染めるのは間違いありませんから…

タクシーに転職するメリットとデメリット

タクシードライバーの1番のメリットはプライベートの時間が多く取れる事だと思います。

「自由な時間がとにかく欲しい!」と、今まで休みも満足に取れずに馬車ウマのように働いてきた人にとっては、最高の魅力を感じるはずです。

大型連休を取る事も出来ますよ!

タクシーは連休が取れる仕事

あと、先程書いたように転職して直ぐにそこそこ稼げるということですね。

転職するのに一番不安なのが収入面だと思います。

今の生活があるんですから、落とすわけにはいきませんよね。でも、タクシーは1年目からそこそこ稼げますよ。

しかし!1年目から稼げる反面、給料体系がデメリットにもなります。

タクシーは、自分の売り上げが給料になる歩合給です。

なので自己管理をしっかりしないで、テキトーな生活習慣をしていると休憩や休日を多く取るようになって、売り上げが悪くなり給料も下がります。

今まで、出社すれば給料が貰えるサラリーマンをしてきた人には、毎月給料が変動する給料体系に馴染めないかもしれませんね。



まとめ

タクシーは雇用条件が良く、ドライバー不足が深刻で比較的採用されやすいので、転職しやすい業種です。

それに転職して1年目から年収500万~600万程度稼ぐ事もできる上、他の業種より自由な時間も取れるので、転職や再就職に魅力のある業種と言えます。

  • タクシーは社会保険が完備されていて雇用条件がしっかりとしている。
  • タクシーはドライバー不足が深刻で比較的に採用されやすいので転職しやすい業種。
  • タクシーは真面目に働けば年収500万~600万くらいは稼げる(条件有り)



しかし、以下の事を念頭に置いておかないと「イメージと違った」と直ぐに辞めてしまう原因になってしまうでしょう。

  • タクシーは独特な勤務体系と休日なので向き不向きがある。
  • タクシーは運転だけではなく接客も必要なサービス業。
  • 本気でタクシー転職をお考えの方

    タクシー業界はホワイト企業だけではなく、ブラック企業も確実に多く存在します。

    そして、多くの人がタクシー転職を失敗しているのが現状です。

    「稼げなかった。」
    「ブラック企業だった。」
    「イメージと違い直ぐに辞めてしまった。」

    では、なぜ失敗してしまうのか?それは、
    転職に必要な正しい知識を身に付けずにやみくもに転職をしてしまうからです。

    タクシー転職を失敗しないように必要な事を書いた記事を下記にご用意しましたので、是非参考にしてみて下さい。
    【タクシー転職】現役ドライバーが成功するノウハウを公開中