タクシーで年収1000万稼げるのか考えてみた【聖帝のみ可能】

こんにちは、ショーです。

タクシーは『歩合給』なので、稼げる人と稼げない人の『年収の差がハッキリとでる』業界です。

ネットをみても「年収300万しか稼げてない」という声もあれば、「年収1,000万稼いでる」という声があります。

……しかし、タクシーで年収1,000万。

本当に稼げるのだろうか?考えてみました。



凡人である私が考えるタクシーの平均年収は500万~600万です。

タクシードライバー

まず、凡人である私の意見を言いますと「タクシーで誰もが稼げるであろう年収は500万~600万」です。

ただし、これは毎度言っている事ですが、これだけ稼ぐには下記の記事に書いてあるように『絶対条件』があります。
タクシー転職で絶対に外せない2つの条件【稼ぐために必要です】

では、「上記の条件を条件を見たせば、本当に年収500万~600万稼げるのか?」と言いますと、私なりの稼げる根拠が2つあります。

  1. 私の会社内で、真面目に働いている人の平均年収は500万~600万くらいはある。
  2. 凡人である私の経験上からの『思考』。

ひとつ目は、見ての通りです。

私の2018年度の年収が570万なのですが、周りのドライバーさん達の売り上げも、私と大体同じくらいなので年収500万~600万くらいかな?という予想です。

そして、二つ目ですが、凡人の私が日々思うタクシーの売り上げがこんな感じです。

「簡単にできちゃう日もあれば、どんなに頑張ってもできない売り上げ、税抜き60,000円」

『平均売上税抜き6万』

私と同じ凡人タクシードライバーさんには共感していただけると思います。

「少なっ」と思ったドライバーさんは、タクシーで稼ぐ才能があるニュータイプです。

「そんなに稼げねーよ」と思った人は、上記で書いた『稼ぐための条件』を満たしていないドライバーさんです。

タクシーの給料は『歩合給』なわけですが、大体どのタクシー会社でも『売り上げの60%前後』がドライバーの給料になります。

で、税抜き60,000円を60%で計算すると『36,000円』になります。

これを1ヶ月(月収)で計算してみます。

12乗務:432,000円
13乗務:468,000円

更に1年で見てみます。

  • 12乗務:432,000円×12カ月=5,184,000円
  • 13乗務:468,000円×12カ月=5,616,000円

このように、サボらず真面目に働いて、平均売り上げ税抜き60000万を維持できれば、年収500万は稼げる計算です。

では、逆に「タクシーはこれ以上は稼げないのか?」と言うと全然そんなんことはなく、私の周りでも年収700万、800万と稼ぐドライバーもいます。

年収800万くらいまでは『凡人である私の計算上』でも、稼げる可能性のある数字です。

私でも2~3ヶ月に1回ある『税抜き80,000万』を毎乗務できれば年収800万に届きます。※私は無理ですけどね(笑)

年収1000万に必要な売り上げは?

稼いでいる人

ただ『年収1000万』となると、先程の『凡人である私の計算上』では計算があいません。

凡人の計算だと、1乗務で『税抜き107,000円』の売り上げをキープしないといけないという事になります。

しかし、税抜き107,000は私の会社のトップドライバーでも、毎乗務できる数字ではありません。

それ程の数字を毎乗務たたきだせるドライバーは本当にいるのだろうか?疑問です。

いたとしても、それはピラミッドの頂点。

タクシー界の『聖帝』であることは間違いありません。

タクシーで年収1000万稼げる可能性があるとすれば個人タクシーです。

稼いでいる人

簡単にご説明しますが、タクシーは『法人』と『個人』があります。

  • 法人:タクシー会社に勤めている『会社員』
  • 個人:自分がオーナーである『個人事業主』

法人タクシーは自分の売り上げの『60%前後が給料』になります。

で、個人タクシーは、稼いできた売り上げが自分の収入になるわけですが、そこから【車体のローン・税金・保険・ガソリン・組合い費】など諸々かかり、残ったお金が自分の給料です。

個人タクシーでかかる経費がどれくらいかかるのかは分かりませんが、40%かかる事は無いと思っています。

だって、そんにかかるなら、個人じゃなくて法人やってた方が稼げるわけですからね。

で、仮に個人タクシーの必要経費が、売り上げの70%~80%だとすると、立ち回り次第で年収1000万に届くのかな?と、思えます。



最後に

タクシーで年収1000万稼げるのは、タクシー業界のピラミッドの頂点に立つ『聖帝』のみ可能です。

「タクシーで年収1000万稼げるかチャレンジしてみる!」のは、良いと思います。

しかし「生活費に年収1000万必要なんだけど、タクシーが年収1000万稼げるって聞いたからタクシーに転職をする!」というのは、おすすめできません。

これから、タクシーに転職を考えている人は『やるべきことをやって』年収500万~600万稼げればいいかな?くらいに思っておいた方が無難です。

タクシーの年収に関する記事をいくつ貼っておきますので参考にしてみて下さい。

タクシーで稼げる生涯賃金を計算してみた【驚く結果になった】
タクシーで年収600万以上稼ぐ人の共通点!【シンプルなこと】
年収600万を求めてタクシーに転職してはいけない理由

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。