タクシーの『早番・遅番』稼げるのはどっち!?【自己診断】

こんにちは、ショーです。

タクシーに転職を検討されていて色々と調べている方は承知のことかと思いますが、タクシーのスタンダードな勤務である『隔日勤務』には、【早番・遅番】があります。

簡単に言いますとこんな感じです。

  • 早番:朝出庫して夜中に帰ってくる。
  • 遅番:昼に出庫して早朝に帰ってくる。

この出庫時間は、タクシー会社によって【選べる・選べない】があります。

「そのタクシー会社がどの時間帯に力を入れているか?」も関係しますし、新人のうちは出庫時間を決められてしまう会社もあります。

それに『全員一律』の出庫時間のタクシー会社もあったりします。

因みに、私の働くタクシー会社では、早い時間帯の出庫『早番』がほとんどで、遅くても昼頃の出庫が決められていて、夕方に出庫することは隔日勤務では出来ません。

これからタクシーに転職を検討されている方で、希望の時間帯があるならば、求人情報に『可能な出庫時間』が書いてあることが多いので、そちらを参考に会社選びをしてみて下さい。

家庭の都合とかもありますからね。

ただ、もし『稼ぎだけで』出庫時間の希望があるなら、この記事を参考に「どの時間帯が自分にあっているのか?」見つけてみてく下さい。



『遅番の方が稼げる』は間違いです。

稼いでる人

私もタクシーに転職をした時には、自分で調べ上げ『夕方出庫』を希望していました。

それは「タクシーは夕方出庫が一番稼げる」と書いてあるのを見たからです。

しかし、夕方出庫が一番稼げたのは昔の話で、今はそれ程違いはありません。

むしろ、早くに出庫した方が『安定』して稼げると私は思っています。

私の会社内の話になりますが、以下のようなことがあります。

  • 会社自体が『早番』の方が稼げると認識している。
  • 早くに出庫するトップドライバーもいる。
  • 早番だった人が遅番になったら売り上げが下がった。
夕方出庫が稼げたのは、夜の景気が良かった時代の話です。

今は『昼間は忙しく夜が暇』という日が多いので、会社からも「早く出庫するように!」と言われています。

事実、会社のトップドライバーの一人は一番早い時間に出庫して、『年収700万オーバー』の高い売り上げを上げています。

そして、早番でやっていた人が遅番になってしばらく会わなかったのですが、久々にあったので話をしたら「売り上げが下がった」そうです。

「夜中、人なんかいねーよっ」って言ってましたね。

以上の事からも「遅番の方が稼ぎにくい」と考えられます。

自分に合った時間帯を選ぶことが稼ぎにつながります。

タクシー

ここまで見ると『早番』の方が良いように見えますが、一概には言えません。

それは『遅番の方があっている』人もいるからです。

タクシーは夜中~朝方まで働く仕事です。

専門家の話では、人間の体は『昼間寝て、夜活動する』夜型にどうしてもあわない人がいるそうです。

実は、夜は合わない『昼型』の人が大半のようです。だから人は朝起きて、昼間働き、夜寝るのです。

しかし、逆の『夜型』の人も少数ながらいるそうです。

そういった人は、夕方出庫して夜中に目いっぱい働いた方が『結果』は出せると思います。

タクシーで稼ぐために一番必要なことは『時間を無駄にしない』ことなのです。サボらず真面目に働くって事です。

昼型の人が夜型のリズムで働くと、必ず夜中眠くなります。寝たら、売り上げは上がりません。

私も10代後半の頃に、昼間寝て夜働く『夜型の生活』をしたことがありますが、1年もたたずに『体に不調』が出たことがあります。

常にだるいし、眠れないし、気力も無くなるし、みたいな感じです。

なので、夜は苦手という人は『早番』。夜の方が合っているという人は『遅番』を選ぶといいと思います。

早番は昼型のリズムで働けます。

「でも、早番でも夜中まで働くんでしょ?」とお思いの方もいらっしゃると思います。

早番は昼型の生活リズムで働けます。

それは、起床時間にあります。

早番の場合、通勤時間や人によって当然違いますが、4時~6時くらいに起きる事になりますので、昼の生活とリズムが一緒なんです。

『隔日勤務』『明け番』とタクシーの勤務は独特ですが、参考記事貼っておきますので詳しく知りたい方はご覧ください。
・タクシーの隔日勤務は規則正しく働くことができます【私の感想】

なので、家族との時間を大事にしたい人は『早番』をおすすめします。



結論:自分の生活スタイルにあった方を選ぶといいです。

タクシーは『昼・夜』どちらの方が稼げるのか?と言うと『言い切る』ことはできません。その人次第です。

一番大事なのは、自分の体に合った方で働くことです。

特に夜中の『眠気』はタクシードライバーの天敵です。

眠れば売り上げは下がりますし、無理して運転したら最悪『居眠り』をしてしまうかもしれませんからね。

<合わせて読みたい記事>
【運転中の眠気】ガム・コーヒー・ドリンクが対策にならないわけ

タクシーは休めば休むほど売り上げが下がる『完全歩合給』です。

体調を整え、勤務時間内を走りぬくことが『高い売り上げ』をあげる秘訣なのです。

なので、何度も言うようですが、自分が『やれそうな時間帯』を選べばいいと思いますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。