危険運転タクシーに遭遇。マジかよ…危なすぎるよ

こんにちは、ショーです。

先日深夜1:00過ぎのこと。

私はお客さんを乗せ走行中、とある実車中のタクシーに出くわしました。



大手ではない小さいタクシー会社の行灯です。

そのタクシーは、私の前を走行していましたが信号待ちからのスタートが遅いうえ、左に曲がるのか?ウインカーを出して曲がろうとしては、また直進しだす。

非常にウザい運転をしていました。

道が分からないのか?と思い、追い越そうとするとブロックするような形で私の進路を塞ぐんです。

「抜かされたくないなら早く行け!」そう思っていると、私以外の一般車両にもブロックしています。

見境のないドライバーだな。

しまいには、信号待ちで2車線のど真ん中に停車する始末です。

「おい!ここは、六本木じゃないぞ!」そう思い、さすがに私もイラツキ始めました。

酔っ払ってんのか?

こちらもお客さんを乗せてる以上は下手な事は出来ませんが、このままではイラつきは収まりません。

そう思っていると上手く信号待ちで横に付けられるタイミングが来たので、睨みを利かしてやろうと横に付けました。私が内側車線です。

どんな奴が乗っているんだ?と見ると「なんだ、爺さんか…。」が、グッと睨みをきかそうとしたその瞬間です。

コクリコクリとし始めたんです。…居眠りだぁ。

ブロックしていたのではないんです。居眠りでふらついていたんです。これは危険すぎます。

後部座席を見ると乗客は気付いていないようでした。

こういった際、何かアクションをした方がいいのか?

一瞬悩んでいると、信号が直ぐに青になってしまったので私は発進しましたが、そのタクシーをサイドミラー越しにしばらく確認していましたが一向に来る気配はありませんでした。

その後は、大丈夫だったのでしょうか?

どうやら眠ってしまったようです。

しかし、しばらく走行していると、もの凄いスピードで私の横を走り抜け、先の信号を左折して消えていきました。

タクシーの仕事はいつ睡魔が来てもおかしくない。特に暖房を使う冬の時期は尚更です。

私も気を付けなければいけないと思いました。

適切な休憩を取り仮眠をしっかり取っておく大事さを痛感した乗務でした。

<合わせて読みたい記事>
運転中の眠気にスカッと目覚める方法を教えます【即効性あり】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。