先日の乗務。深夜1:00過ぎ。

私はお客を乗せて青梅街道の中野付近を西に走行中、とある実車中のタクシーに出くわした。大手ではない行灯だ。

そのタクシーは、私の前を走行していたが信号待ちからのスタートが遅いうえ、左に曲がるのかウインカーを出して曲がろうとした直後にまた直進しだす。非常に危ない運転だ。

私以外の一般車両にもガードしている。見境のないドライバーだ。しまいには信号待ちで2車線のど真ん中に停車する始末。

おい!ここは、六本木じゃないぞ!さすがに私もイラツキ始めた。この手の運転は、勘違いした鼻息の粗い新人ドライバーか?

こちらもお客を乗せてる以上は下手な事は出来ないが、このままでは収まらない。横に付けて睨みを利かすしかない。

そう思っていると上手く信号待ちで横に付けられるタイミングが来た。私が内側車線だ。

どんな奴が乗っているんだ?と見ると、爺さんか…。が、グッと睨みをきかそうとしたその瞬間。コクリコクリとし始めた。居眠りだ。

ブロックしていたのではない。居眠りでふらついていたのだ。これは危険すぎる。乗客は気付いていなそうだ。

こういった際、何かアクションをした方がいいのか?一瞬悩んでいると、信号が直ぐに青になってしまったので私は発進したが、そのタクシーをサイドミラー越しにしばらく確認していたが一向に来る気配はなかった。眠ってしまったようだ。

しかし、しばらくするともの凄いスピードで私の横を走り抜け、先の信号を左折して消えていった。

その後は、大丈夫だったのだろうか?

タクシーの仕事はいつ睡魔が来てもおかしくない。特にこれからの冬の時期は暖房を使うから尚更だ。

私も気を付けなければいけない。適切な休憩を取り仮眠をしっかり取っておく大事さを痛感した。

関連記事:【即効性あり!】運転中に眠くなってしまった時に有効な3つの対処法