スポンサーリンク

ジャパンタクシーの乗車拒否問題がニュースで取り上げられていた。

以前にも書いたが、ジャパンタクシーの車椅子の乗車拒否が起きるのは金額が割に合わないから。

タクシーの給料は完全歩合制なので、手間と時間ばかりかかってしまう車椅子の乗車を行うと、単純にドライバーの給料が減ってしまう。そんなことを気持ち良くできるドライバーは少ない。

しかし、余りにも乗車拒否が多いためジャパンタクシーに乗るドライバーには車椅子の乗車の講習を強化するように国も動いた。

私もジャパンタクシーに乗っているため講習を受けたが、感想は思っていたよりは大変ではない。20~30分かかると思っていたのだが、10~15分程で出来そうだ。しかし、なるべくならやりたくない。

売り上げの問題も当然だが、一番は乗車する場所と天候が気になる。

ジャパンタクシーの車椅子の乗車には横から乗せることになるのだがスペースを1メートルほど取らないといけない。
だが、都心の狭い道でそんなスペースは取れるはずがない。都心は坂も多い。あの道幅の狭い急な坂でどうやって乗せろというのか?

改めて思うが、なぜ横にしたのか?「普通、車椅子の乗車といえば後ろからだろ!このベースの車では車椅子の乗車には無理があるだろよ!」これが私の本音だ。

ジャパンタクシーは小型の車がベースになっているので、もともと車椅子が乗車できるようなサイズではない。

あと気になるのが天候。

雨の日だと、とてもじゃないが傘を差しながらスロープの設置は出来そうもない。

カッパを着てやれというのか?いずれにしても雨の日に行えば、ドライバーも車椅子のお客さんもドアを開けっぱなしの車も、びしょ濡れになる事は間違いないだろう。

夏の暑い日なら、汗の問題もある。

大汗をかいた後に乗るお客さんは汗臭いタクシーに我慢して乗る事になる。着替えを用意しておいて身だしなみを整えるドライバーは少ないだろう。

そして緊急事態は始まりつつある。

車椅子のお客さんが一番居そうな場所といえば誰もが病院を想像する。

私の知っているドライバーは今までは病院に付けていたのだが、車椅子の乗車が嫌なため病院に付ける事をやめたのだ。

私も今までは病院の前を走り、タクシーが不足していた時は入るようにしていたが、もう病院の前は通らないようにしている。車椅子の乗車の確率を出来るだけ下げたいから。

一刻も早く改善しないと、病院にタクシーがいなくなったという事にもなりかねない。

トヨタも改善するといい、改善策の一つ『三つ折りのスロープを2つ折りに変える』と書いてあったが、全く持って的外れな事を言っている。

そういう事じゃない!根本的に変えないといけないんだよ!

ドライバーがトランクや椅子の下から、あれこれ引っ張り出して組み立てて設置するのではなく、あらかじめ設置されている物をワンタッチで操作できる物を作らないといけない。

開発者が現場に行って現状を知るか、現場の声を大きく取り入れたジャパンタクシーを作らないとこの問題は解決しないだろう。

<合わせて読みたい記事>
車で東京観光がおすすめ出来ない理由!楽しい旅行にする方法は?

<タクシー転職はこちら↓>
【タクシー転職】現役ドライバーが成功するノウハウを公開中