とうとうニュースにまでなったか…ジャパンタクシーの乗車拒否

こんにちは、ショーです。

以前にも書いたことなのですが、ジャパンタクシーの車椅子の乗車拒否問題がニュースで取り上げられていました。

これについて少し書きます。



ジャパンタクシーの車椅子の乗車拒否が起きるのは割に合わないからです。

男性

タクシーの給料は完全歩合制なので、手間と時間ばかりかかってしまう車椅子の乗車を行うと、単純にドライバーの給料が減ってしまう可能性があります。

そんなことを気持ち良くできるドライバーは少ないのです。

しかし、余りにも乗車拒否や乗車の際に手間取るためジャパンタクシーに乗るドライバーには車椅子の乗車の講習を強化するように国も動きました。

私もジャパンタクシーに乗っているため講習を受けましたが、感想は『思っていたよりは大変ではない』です。

20~30分かかると思っていましたが、10~15分程で出来そうです。

でも、なるべくならやりたくありません。

売り上げの問題もありますが、一番は乗車する場所と天候が気になります。

ジャパンタクシーの車椅子の乗車には横から乗せることになりますが、スペースを1メートルほど取らないといけません。

でも、都心の狭い道でそんなスペースは取れるはずがありません。

都心は坂も多いですし、あの道幅の狭い急な坂でどうやって乗せろというのか?

改めて思いますが、なぜ横にしたのか?「普通、車椅子の乗車といえば後ろからだろ!このベースの車では車椅子の乗車には無理があるだろよ!」これが私の本音です。

ジャパンタクシーは小型の車がベースになっているので、もともと車椅子が乗車できるようなサイズではないのです。

私が一番気になるのは天候です。

雨の日ですと、とてもじゃありませんが傘を差しながらスロープの設置は出来そうもありません。

カッパを着てやれというのでしょうか?

いずれにしても雨の日に行えば、ドライバーも車椅子のお客さんもドアを開けっぱなしの車も、びしょ濡れになる事は間違いありません。

で、夏の暑い日なら汗の問題もあります。

大汗をかいた後に乗るお客さんは汗臭いタクシーに我慢して乗る事になります。

着替えを用意しておいて身だしなみを整えるドライバーなんていないですよ。

緊急事態は始まりつつあります。

車椅子のお客さんが一番居そうな場所といえば誰もが病院を想像します。

私の知っているドライバーは今までは病院に付けていましたが、車椅子乗車が嫌なため病院に付ける事をやめたそうです。

私も今までは病院の前を走り、タクシーが不足していた時は入るようにしていましたが、もう病院の前は通らないようにしています。

車椅子の乗車の確率を出来るだけ下げたいからです。

国も一刻も早くドライバーが嫌がらないように改善しないと、病院にタクシーがいなくなったという事にもなりかねません。

ジャパンタクシーを作ったトヨタも改善すると言い、改善策の一つで、『三つ折りのスロープを2つ折りに変える』と書いてありましたが、全く持って的外れな事を言っていると思います。

そういう事じゃないんです!根本的に変えないといけないんですよ!

ドライバーがトランクや椅子の下から、あれこれ引っ張り出して組み立てて設置するのではなく、あらかじめ設置されている物をワンタッチで操作できる物を作らないといけないんです。

開発者が現場に行って現状を知るか、現場の声を大きく取り入れたジャパンタクシーを作らないとこの問題は解決しないと思います。

<タクシー乗車拒否の関連記事>
・ジャパンタクシーで車椅子の乗車を初体験した感想
・【乗車拒否?】手を上げても止まらないタクシーが多い理由

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があります。

実は、会社選びの時点で成功・失敗が決まっちゃっているんです。

なので、タクシー転職を失敗しないためには、事前に必要な情報をインプットする必要があります。

下記の2つの記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報を全て書いてあります。もちろん無料で読めますよ!

実際に入るべきタクシー会社についても書いてありますので、タクシー転職にお役立て下さい。