年収700万円以上稼ぐトップドライバーは考え方が違った

こんにちは、ショーです。

先日、久々に仲間のドライバーたちと忘年会をかねて集まった時の話です。

その中には、月間の売り上げが12乗務で100万円売り上げる化け物ドライバーもいたのですが、席が私の隣だったので立ち回りを聞くことが出来ました。



稼ぐドライバーはタクシーの仕事を楽しんでいる

男性

その化け物ドライバーは、タクシーの仕事がとても楽しく天職だと言います。

始めていく街に辿り着いても「この町は何処にお客さんがいるのだろう?」と考え、お客さんが乗ってきそうなポイントで車を停めて色々試し、「乗ってきたらすごく嬉しい」そうです。

この時点で私とは全く違います。

私はハッキリ言ってタクシーの仕事を楽しいとは思っていません。

私は道の分からない街にいくと「今、お客さんが乗ってい来たらヤバい!即離脱」と考えます。

売り上げが思うように伸びないドライバーさんには共感して貰えているハズです(笑)

稼ぐドライバーと稼げないドライバーの違いは仕事を楽しんでいるか?いないか?です。

お客さんを乗せることを楽しんでいるドライバーは、お客さんを降ろしたら直ぐに次のお客さんを乗せることを考えています。

売り上げが上がるのは当然なんです。

とりあえず、自分のペースに体勢を立て直すことを考えてしまう私とは根本的に違うんです。

万収は欲しいが酔っ払いは乗せたくない私とは違う

それに、私は売り上げよりも日々何ごともなく終わることばかりを考えてしまいます。

万収は欲しいが、酔っ払いは極力乗せたくない(笑)

なので、危険な時間帯の繁華街には自分からは絶対に入りません。

こんなんだから、私は13乗務しても売上げが80万円どまりのドライバーなのです。

ちなみに私の理想は12乗務で80万ですが、今のやり方では出来ないでしょうね。



格下の私の立ち回りさえも参考にする勉強熱心さに脱帽

そのトップドライバーは、稼ぐためにいろんな街のポイントを知っています。

しかし、私のように基本1つのエリアで立ち回っているドライバーの方が特定のエリアだけは強いです。

時間、曜日によって、どのポイント・向きで乗客を乗せられるか化け物より熟知しています。

その格下のポイントを熱心に聞くのだから脱帽です。

私が知っている、月間売り上げ90万・100万と稼ぐドライバーは、みんな勉強熱心でタクシーの仕事を心底楽しんでいるんです。

お金を稼ぐために全力なのです。

稼げるのは必然なのです。

そこまで解っていても、私は無理に売り上げを上げようとは思っていません。

タクシーの魅力は仕事中ではなく、プライベートの時間が多く取れることだと思っています。

それに、タクシーは頑張れば頑張るほど事故や違反のリスクも高くなりますからね。

でも、こんな向上心が無い私でもタクシーは年収600万近く稼げる仕事だからありがたいですね。

<合わせて読みたい記事>
【2020年】タクシーに転職して5年目の私の年収を公開します

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。