スポンサーリンク

先日、久々に仲間のドライバーたちと忘年会をかねて集まった時の話。

その中には、月間の売り上げが12乗務で90万以上稼ぐ化け物ドライバーもいるのだが、席が私の隣だったので立ち回りを聞くことが出来た。

先に答えを言ってしまうが、売り上げに貪欲。そして、この仕事がとても楽しいと言う。

もう、この時点で私とは違う(笑)私は売り上げよりも、日々何事もなく終わる事ばかりを考えている。万収は欲しいが、酔っ払いは極力乗せたくない。無論、危険な時間帯の繁華街には自分からは入らない。

ハッキリ言って、仕事も楽しいとは思ってない。タクシーの魅力は休みが取りやすくプライベートの時間が多い事だと思っている。
だから、私は13乗務して80万程度しか稼げないのだ。
私の理想は12乗務で80万なのだが、今のやり方では出来ないのは解っている。

稼ぐドライバーは、お客さんを乗せる事を楽しんでいる。始めていく街にたどり着いても、『この町は何処にお客さんがいるのだろう?』と考えるのだ。

そして、人の動きを見てお客さんが乗ってきそうなポイントで車を停め、『乗ってる来るか?』試すらしい。で、乗ってきたらすごく嬉しいという。

因みに、私は初めていく知らない街にたどり着てしまったら『今、お客さんが乗ってい来たらヤバい!即離脱』と考える。
おそらく、売り上げが思うように伸びないドライバーさんには共感して貰えていると思う(笑)

要は、稼ぐドライバーと思うように稼げていないドライバーの違いは、仕事を楽しんでいるかどうかだ。

お客さんを乗せる事を楽しんでいるドライバーは、お客さんを降ろしたら直ぐに次のお客さんを乗せる事を考えている。必然と売り上げも上がる。
とりあえず、自分のペースに体勢を立て直す事を考えてしまう私とは根本的に違うのだ。

そして、もう一つ違うのが勉強熱心という事。
常に売り上げを上げる事を考えている。だから、私のような格下のドライバーの立ち回り方も熱心に聞く。

その化け物ドライバーは、何処でも営業するからポイントをよく知っている。
しかし、私のように基本1つのエリアで立ち回っているドライバーの方が、そのエリアだけは強い。時間、曜日によって『どのポイントで』『車がどの向き』だとお客さんを乗せられるか熟知している。

その格下のポイントを熱心に聞くのだ。脱帽である。

月間売り上げ90万・100万と稼ぐドライバーは、おそらく、勉強熱心でタクシーの仕事を心底楽しんでいるのだ思う。

しかし、私は無理に売り上げを上げようとは思っていない。タクシーの魅力は仕事中ではなく、プライベートの時間が多く取れる事だと思っているから。

このような向上心が無い私でも、年収600万近くは稼げる仕事だからありがたい。