タクシーはギャンブルではないがスロットと似ていると思う

こんにちは、ショーです。

パチスロ依存症で多重債務者だった私ですが、運よく完済することができ、子供にも恵まれました。

40代で貯金も無く将来が不安ですが何とか生活もできています。

さて、私の現職のタクシードライバーにはギャンブル好きが多く、タクシーとギャンブルをリンクさせている人も少なくありません。

勿論、ギャンブルとは無縁の人も多くいますよ。

ただスロットでアツいのを引いた時のあの高揚感を、タクシーの仕事中に感じる事があります。



完全歩合給だからギャンブルのような感覚になります。

男性

完全歩合給のタクシーはお客さんを乗せるまで『いくらの仕事』だか分かりません。

410円の仕事もあれば、2万円の仕事もあります。

因みに、タクシー会社によって多少違いますが、410円の場合ドライバーの給料は250円程度、20,000万円の場合は12,000円にもなります。

ドライバーからしたらギャンブル感覚にもなりますよね。

ただ、私はタクシーはギャンブルだとは思ってはいません。

それは、マイナスがないからです。

ギャンブルは多くの人間がマイナスになり地獄を見ます。

でもタクシーはどんなにサボろうが仕事が下手だろうが、マイナスはありません。

お客さんを乗せれば、少なからず給料が貰えます。

こんな時にスロットと同じ感覚になります。

男性

お客さんを乗せ「どちらまで行かれますか?」その答えが返ってくる数秒の間「ロング来い!」と期待を込めるあの感覚は、スロットで「入れ!」と祈っている感覚と似ています。

近場ならバケ…

しかし、ロングを引いた時の脳内に分泌されるアドレナリンは、スロットでフリーズを引いた時と同じです。

「運転手さん鎌倉ね!」=「プチュンッ」

タクシーのような歩合給の仕事は、毎月同じ給料を貰える仕事をしてきた者には受け入れにくいかもしれません。

私が抵抗なくタクシーを受け入れられたのは、数多くの人間を地獄に落とした4号機…吉宗・北斗・番長、あの歴代の猛者たちに鍛えられていたからかもしれません。(笑)

そういった意味では、ギャンブル好きはタクシーの仕事が合っていると思います。

スロットまみれの人生に限界を感じている人は、舞台を『ホール』から『路上』に変えると人生やり直せるかもしれませんね。

もちろんギャンブルと無縁の方にも、おすすめできる職業ですよ。

最後に…

タクシーは人生に疲れちゃった人向けの職業だと思います。

タクシーに興味のある方は下記の記事を是非ご覧ください。
正社員で年収500万以上ならタクシードライバーをお考え下さい

<おすすめの記事>
■【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?■【人生を変えたい】元多重債務者から学ぶ人生の再構築法

それでは…