タクシーはギャンブルではないがスロットと似ていると思う

こんにちは、ショーです。

パチスロ依存症で多重債務者だった私ですが、運よく完済することができ、子供にも恵まれました。

詳しくは下記の記事をご覧ください。
【借金総額500万円】誰にも知られず完済できた時の話

40代で貯金も無く将来が不安ですが何とか、生活もできています。

タクシードライバーにはギャンブル好きが多く、タクシーとギャンブルをリンクさせている人も少なくありません。

勿論、ギャンブルとは無縁の人も多くいますよ。

ただスロットでアツいのを引いた時のあの高揚感を、タクシーの仕事中に感じる事があります。



完全歩合給だからギャンブルのような感覚になるのです。

完全歩合給のタクシーはお客さんを乗せるまで『いくらの仕事』だか分かりません。

420円の仕事もあれば、2万円の仕事もあります。

因みに、タクシー会社によって多少違いますが420円の場合『ドライバーの給料は250円程度』『20,000万円の場合は12,000円』にもなります。

ドライバーからしたらギャンブル感覚にもなりますよね。

ただ、私はタクシーはギャンブルだとは思ってはいません。

それは、マイナスがないからです。

ギャンブルは多くの人間がマイナスになり地獄を見ます。

でもタクシーはどんなにサボろうがヒキが悪かろうが、マイナスはありません。

お客さんを乗せれば、少なからず給料が貰えます。

こんな時にスロットと同じ感覚になります。

お客さんを乗せ「どちらまで行かれますか?」その答えが返ってくる数秒の間「ロング来い!」と期待を込めるあの感覚は、スロットで「入れ!」と祈っている感覚と似ています。

近場ならバケ…。

しかし、ロングを引いた時の脳内に分泌されるアドレナリンは、スロットでフリーズを引いた時と同じです。

「運転手さん鎌倉ね!」=「プチュンッ」

タクシーのような歩合給の仕事は、毎月同じ給料を貰える『サラリーマン』をしてきた人には受け入れにくいかもしれません。

私が抵抗なくタクシーを受け入れられたのは、数多くの人間を地獄に落とした『4号機…吉宗・北斗・番長』あの歴代の猛者たちに鍛えられていたからかもしれません。(笑)

そういった意味では、パチ・スロ好きはタクシーの仕事が合っていると思います。

スロットまみれの人生に限界を感じている人は、舞台を『ホール』から『路上』に変えると人生やり直せるかもしれませんね。

もちろんギャンブルと無縁の方にも、おすすめできる職業ですし、人生に疲れちゃった人にもおすすめできます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。