タクシーはポジティブにいかないとやってられません

こんにちは、ショーです。

タクシーは、お客さんを乗せた売り上げで給料が決まる完全歩合給だからこそ、ポジティブでいないとやってられません。



ポジティブじゃないと自分の心が歪みます。

いくら頑張って走っても、その日のヒキが無ければ売り上げは上がらないし、3桁のお客さんばかり乗せ続けていると本当に嫌になってきます。

因みに、3桁とは1000円未満の運賃のことです。

で、どんどん汚い考えになっていく自分が嫌です。

じいさんやばあさんが手を上げていると真っ先に思ってしまう事が「ハズレだ…」。

年寄りは基本的に近いですから。

まあ、雲助連中のように『スルー』しないだけマシだと自分では思っていますがね。

それに、期待できる時間帯に近場のお客さんを乗せてしまうと「すぐそこなんだから、歩いて行けよ」と腹の中で思ってしまいます。

1日終わって売り上げが悪かった場合「あそこであのハズレ客を引かなかったらもうちょっと売り上げいったかもしれないのに!」こんな事本当は思いたくないんですよ。

でも、タクシーやってりゃ、これからもいくらでもあります。

だからこそポジティブでいきたいんです。

「近場のじいさんやばあさんは話が面白いし、何よりも気が楽。」こう考えよう。
チップもくれる事が多いし。

最後の一発を引けなくても「帰庫オーバーしなくてよかった」と思うようにしよう。
帰庫オーバーは今はウルサイからやると面倒くさいし。

金曜の夜なのにロング引けなかった時は「泥酔客にゲロされなくて良かった」これぐらいの考えじゃないとね。

納得いかない売り上げで終ってしまった場合でも、無事故無違反で無事に帰ってこれたことに感謝しよう。

今日は売り上げ悪かったけど、明日はきっとやれるさ。

タクシーはこれくらいの気持ちの方がいいんだと思います。

それに、なんだかんだ言って年収600万円近くは稼げているんだしね。

<参考記事>
【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。

この給料の中には、自分が嫌になるくらいの『汚い表現』で考えてしまったお客さんの運賃も入っているのだから。

それに、年収600万以上を求めてタクシーに転職してはいけないわけの記事で自分で書いただろう、ヒキが無いのは自分のせいなんだよ。

お客さんに八つ当たりしてはダメ。

あと、何年タクシーやるのかわからないけど、前向きに行くとしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。