白タク規制緩和もいいけど、もっと利用者のことを考えるべきだ

こんにちは、ショーです。

『政府が白タクの規制を緩和させる』こんなニュースを見たので、ちょっと書きます。

地域についてはまだ詳細は出ていなかったが、まあ最終的には東京でやりたいのでしょう。



白タクが必要なほど東京のタクシーは不足していない。

タクシーの列

タクシードライバー不足を懸念してとの事ですが、私は東京のタクシーが不足しているとは思いません。

確かに、忙しいピーク時間や雨などの天候が悪い日などは足りていない時もあります。

でも、基本的には多いくらいです。

私がまだタクシー業界にいなかったころの話なので詳しくはありませんが、某、郵政民営化政権時代に法人タクシーの『新規参入の緩和』をしてしまったせいで、東京のタクシーが一気に増えてしまったらしいですね。

それと同じで、いまさら東京のタクシー、ましてや白タクを増やす意味がどこにあるのでしょうか。

東京のタクシーは少し減るくらいで丁度いいんですよ。

お客の利便性より、裏で強い力が動いているとしか考えられませんね。

白タクが解禁されたらどんなことになるか簡単に分かるものだけど、やはり現場を知らないというのは怖いです。

白タクの営業は『アルコールの問題』があると思います。

我々、法人タクシードライバーは出庫する前にアルコールチェックを必ず行います。

前日に飲みすぎたり、遅くまで飲んでしまうと引っかかってしまい、その日の乗務は出来なくなります。

帰庫時も同様にアルコールチェックを行いますが、さすがに帰庫時に引っかかったのを見たことありませんが、朝っぱらパトランプを光らせるのはちょこちょこ見ます。

このようにタクシーは厳重なアルコールチェックのもと日々乗務をしているのです。

しかし、白タクの場合はどうでしょうか?どこかの営業所でアルコールチェックを行うという事はするのでしょうか?

思っている以上にアルコールチェックは厳しいんですよ。

前日、量的にも時間的にもそこまで飲んでいないのに、引っかかってしまう時もあるくらいですから。

もし、それをしないのなら『酒気帯びで白タク営業』をするものが出てくるのは間違いありません。

何のための二種免許なの?

タクシーは第一種免許より、取得が難しい第二種の免許を取得しています。その中には『救命措置』などの講習も含まれています。

朝っぱらから強烈な事故映像を見せられ気を付けるよう日々『指導』を受けているのです。

確かに、朝っぱらからアノ映像を見せられると気を付けようって気になります。

しかし、一般の白タク営業だと初めだけ簡単な講習を受けて、後は野放し状態になるのではないでしょうか?

輸送事業はお客さんの命を預かる仕事という事をトップが解っていないようです。

下記の記事を見てください。

ウーバーが米国で先鞭(せんべん)をつけたライドシェアもドライバーは一般人。ドライバー登録者が増えることで利便性も高まり、サービスの定着が進むが、タクシー業界との軋轢(あつれき)も生んでいる。全国自動車交通労働組合連合会の松永次央書記長は「海外でライドシェアが人気なのは、タクシードライバーが怖いから。日本のタクシーは安心だ」とし、日本ではライドシェア拡大の必要性は薄いとの立場だ。

この記事を見ると、アメリカはタクシーに乗るのが怖いから、ライドシェアに乗る人が流行ったようです。

でも、日本ではタクシードライバーより、素性の知れない一般人の方が危ないですよ。

その他にも細かいことを言えばキリがないですが、政府はタクシーの仕事は思っている以上に難しい仕事だという事を知った方が良いと思います。

痛い目に合うのは、一般のお客さんなのだから…

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。