最近、タクシーって『底辺職』じゃないなと思っています

こんにちは、ショーです。

ドライバー職が底辺に見られがちなのは、私のように中卒などで『就職活動』していない人や『就職戦線に異常』があった人などが手っ取り早く稼ぐためにタクシーやトラックなどの仕事に就き、『負け組の集まり』のイメージが強いからです。

人生転げ落ちた人間の最後の砦、受け皿的なイメージがありますよね。

だからドライバー職は世間的に聞こえのいい仕事ではないんです。

私はそれを承知の上でタクシーに転職をして4年目経ちますが、最近「タクシーってそれほど底辺職でもないな。」って思えてきたんです。



底辺職と言えば3Kですが、タクシーは3Kじゃありません。

3Kのイメージ

私は、ずっと底辺人生を歩んできたので『底辺』って言葉にそれ程抵抗はないんですが、よくよく考えると「タクシーは3Kの要素に当てはまらないなぁ」と思ったんです。

3Kというのは、私の前職のような仕事です。
【やってはいけない仕事】男は花屋だけは選ぶな!【年収例あり】

正確には、3Kではなく5K仕事なのですがね…。

前職では、手はいつも真っ黒で荒れていましたし、冬は寒くて見た目なんか気にせず鼻水垂らしながら、汚い防寒具を着て自転車通勤していましたし、夏は汗で強烈な臭いを発し常に薄汚れていましたし…(笑)

それでいて、かかる責任やストレスの割には良いとは言えない給料…。

さらに将来性も無く、先々不安な仕事…。

こういった仕事を私は3Kと思っています。

それに比べるとタクシーは制服を着てネクタイを締めて身なりは整っています。

大手のタクシー会社になりますが…。

個人タクシーや小さいタクシー会社は、小汚い格好してます。※あくまでも私個人の主観になります。

で、雨の日でも、寒い日でも、暑い日でも車内にいるので気候による体の負担は少ないですし、年齢的な不安も無いですし、リストラの心配もありません。

それでいて、そこそこ稼げて自由度が高い仕事です。

とても底辺職とは言えないと思いませんか?

底辺職って、夢も希望も無い仕事のイメージがありますが、タクシードライバーたちは結構、夢を持ち楽しく生きていますよ。

タクシーは底辺職というより、ただイメージが悪いだけ。

悪いイメージ

それは、昔のタクシードライバーたちが酷かったからです。

雲助と呼ばれ、お客さんを選んで乗車拒否は当たり前で、ずいぶん汚いことをしてきたみたいです。

「昔のタクシーは本当に酷かった。」と年配のお客さんからよく耳にします。

そういった話を聞くと、底辺職というよりも底辺人間って感じがしますが…。

自分さえ良ければ、他は知らねえ…みたいな。

あっ、今でもそういったタクシードライバーも多くいますよ。

参考記事貼っておきますね。
タクシードライバーのイメージが悪いわけ【雲助が悪評の原因】

仕事選らんで、ところかまわずたばこをプカプカふかして、そこらで立ちションしてりゃ、イメージ下がりますよ(笑)

少し話が反れましたが『タクシーは底辺職ではない!』という事が言いたかったのです。

ただ、それは入社するタクシー会社次第です。

  • 大手タクシー会社は規則もあり厳しい反面、底辺職とは思えない職業になる。
  • 小さいタクシー会社は好き勝手出来るけど、雲助が多く底辺職と思われる。

タクシーは入社する会社によって『まっとうな仕事』か『底辺職』2つに分かれるのです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。