久々に110番沙汰!サービス業やってりゃ、たまにはあるよ

こんにちは、ショーです。

先日の日曜日の乗務でのことです。

今年のハロウィンは平日ということもあり、前の週末から盛り上がり前日の土曜日の渋谷はかなり危険だったもよう…。

朝の点呼でも「今日は空車で渋谷の中に入らないように」とのお達しもあったほどです。

まあ、私は初めて入った深夜の渋谷のど真ん中で乗せた乗客にリバースされてからは、深夜の渋谷には行かないようにしていますがね…。

で、日曜は朝から動きがあり、日中・夜もそこそこできた一日でした。

そして、1人のお客さんを都心部から離れた区に送り「この後どうするか?帰るには少し早けど日曜だから、もう一度中に入入っても乗せるのは難しいかも…」

と、会社の方に向かい大通りを走っている時、あの乗客と出くわした。



これ…アルコールじゃないよな?

ヤバい人

とにかく『ヤバい乗客』を乗せてしまった。

詳細は省くが『支離滅裂』なことを言い、金も払わず行こうとするので110番。

実は、乗客も同時に110番していたのだが、『電話でも支離滅裂』なことを言っていて、警察も同時の110番と認識していた模様。
私がした110番の先の人から、「直ぐに警察を向かわせるので、その相手をどこにも行かさないように。」と。

面倒くさかったが、どこかに行かれたら運賃も取りっぱぐれるし、被害届を出せば会社に報告したり報告書書いたり作成ともっと面倒くさいことになる。

それだけは嫌なので、『ヤバい乗客』の相手をする。

ここで言うが、この乗客は若い女性で、後に聞こえてきた警察の話では20歳になったばかりらしい。

顔もかわいらしい感じの女性だ。

しかし、そのかわいらしい20歳の女性が、訳の分からないことを言いながら鬼の形相で私に掴みかかってくる。

揉め事に慣れている私でも『この目はヤバい』と思わせるほどの形相。

目が怖い人

私は『ビーバップハイスクール』みたいな、東京でも悪くて有名な街で生まれ育ち、10代のころから様々な揉め事に合ってきたから基本的に揉め事にはなれている。

そんな私でもこいつはヤバいと感じた。

「警察早く来てくれ」と思いながら、しばらくもみ合っていると、ふと気づくと真横に警察が立っていた。

その瞬間、女は膝から崩れ落ちるように泣き始めた。

まさか、泣き落としか?と、つい「あっ、何、警察が来た途端それ?」と言ってしまうと、警察が「大丈夫です。全部見てましたから。」と…。

状況を把握するため、しばらく静観していたみたいだ。

「いるなら、もっと早く来い!」と思ったが、このおかげで警察は終始、私の味方のようだった。

そして警察が私に「この女性が運賃を払えば大丈夫ですか?」と聞いてきたので「はい」と答えた。

このあと警察に諭されたのか、泣きながらお金を払いこの件が終了した。

しかし、警察は『酔っ払い』で終らしたかったようだが、あの目は酔っ払いの目ではない。

薬が決まっているか、精神的に病んでいる感じだった。

あそこまで絡んでくる乗客に出くわしたのは初めてだが、サービス業やってりゃ、たまにはこんなこともあるか…。



『自分に非が無い』ことを確信していたので終始強気の姿勢でいられた。

  • タクシーとしての非の無い接客対応をしていた。
  • ドライブレコーダーが証拠になるという自信。

相手は『いまどきの子』らしく、「動画に取ってアップする」とか終始騒いでいましたが、やるべきことをやっている私にそんな脅しは効かない。

私は家族を養うために真面目に働いているだけ。邪魔しないで欲しい。

おじさんは家族を守るだけで精いっぱい、悪いが君のことまで面倒見切れないよ。

最後に、

最近の接客業はちょっとした事で『揚げ足を取る』かのように騒がれることが多いです。

だからこそ、何かあった時に自分の身を守れるように『しっかりとした接客』を心がける必要があります。

<合わせて読みたい記事>
サービス業にクレームはつきもの!タクシー接客対応術教えます!

クレームにならない接客対応!【2つのポイントから身に付ける】

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。