タクシーへの転職はおすすめですが楽しい仕事ではありません

こんにちは、ショーです。

タクシーに転職をして4年目ですが、一応タクシーへの転職に満足はしています。

  • 前職で20年勤めてようやく貰っていた『年収550万』が、タクシー2年目でクリア。
  • 散々してきたサービス残業や仕事の持ち帰りが、タクシーに転職して一切なくなった。
  • 今までとは比べ物にならないほどの『プライベートの時間』が取れるようになった。

何度も書いている事ですが、タクシー転職を検討されている方はこういった情報が欲しいと思います。

同じような事を違った言葉で書くことで『色んな人に伝わる』と思いますし、『噓偽りがない』のもご理解いただけると思っております。

私もタクシーに転職した時には「タクシーは本当に稼げるものなのか?」似たような内容の記事を読みあさりましたしね。

ただ、タクシー転職は「おすすめです」とは言いますが、「楽しい仕事です」とは言いません。



タクシーは転職におすすめですが、楽しい仕事ではありません。

サービス

タクシーに転職って『人生の末端』のイメージがありますが、意外とそうでもなく、よっぽど私の前職の方が『末端』でした。

それに、私のように『中卒』だと仕事探しで苦労するなか、タクシーは『学歴不問』で、直ぐに稼がせてくれますし、自由もくれます。

中卒の方で応募資格の『高卒以上』に泣かされた人は数多くいることでしょう。

下記の記事でも書いたように、中卒者の方にタクシーはおすすめできる仕事なのです。
【中卒】仕事の探し方と転職の注意点【やりがいより条件です】

ただ、楽しくはありません。

『人を目的地まで送る仕事』で、どこに楽しみを見出すのか?

もちろん私の主観であり『楽しいor楽しくない』は、人それぞれです。

私の同僚には、タクシーの仕事が楽しすぎて『天職だ』という人もいますからね。こういう人はタクシーで稼げる人です。

タクシーは自分の思い通りに稼げると楽しいと思います。

私もたまにありますが「この辺で、羽田の無線とか来ないかな?」とか、「ここで、ロング引かないかな?」と思うと、その通りに行く日があります。

もちろん、その日の売り上げは目標を大きく超え、『楽しい』と思えます。そうは無いのですけどね。

だから『思うように稼げる人』はタクシーの仕事が楽しいんだと思います。

あと『人と話すのが好き』という人は、タクシーのようなサービス業は楽しいかもしれませんね。

大半のドライバーはタクシーの仕事を楽しいとは思っていない。

楽しくない人

タクシーで思うように稼げて『楽しい』と思える人は一握りです。

大半の人は『苦戦』して、なんとか売上を作ってくるので楽しいとは思えないんです。

それでも、皆タクシーの仕事が楽しくないのに辞めずに続けているのは、『乗務以外』に満足しているからです。

冒頭でも書いたように、タクシーは『プライベートの時間』を多く取ることができる仕事で、私がタクシーへの転職をおすすめする一番の理由です。

  • ひとりの時間を楽しむ人。
  • 家族との時間を大切にする人。
  • 仲間でワイワイ楽しむ人。

それぞれですが、仕事以外に楽しみを見つけた人がタクシーの仕事が続いているのだと思います。

仕事よりもプライベートという人には、タクシーはおすすめです。

<合わせて読みたい記事>
【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。