タクシーで稼ぐ人は共通した特徴があります【年収600万の壁】

こんにちは、ショーです。

タクシーは完全歩合給なので『稼げる人』と『稼げない人』の差がハッキリ出る仕事です。

真面目に働いていても、年収300万円しか稼げないドライバーもいれば、年収700万、800万稼いじゃうドライバーもいます。

ただ、これだけの収入の差は『働くエリア』や『日々の立ち回り』によるものです。

タクシーで高い年収を稼ごうと思ったら【東京特別区】というエリアで『千代田区・港区・中央区』を中心に立ち回ることが必須です。

東京特別区で上記の3区を中心に『真面目』に立ち回っていれば、誰でも年収500万~600万円くらいは稼げます。

私もそのくらいは稼いでいます。
【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。

ただ、年収600万以上稼げる気はしません。

それは、年収600万以上稼いでいる人達に共通する特徴が私にはないからです。

  • タクシーで稼げる人はお金が好きな人。
  • お金が必要な人がタクシーで稼げる。

今回は、タクシーで年収600万以上稼ぐドライバーの共通した特徴を書きますので、タクシーへの転職を考えている方は参考にしてみて下さい。



タクシーで稼げる人はお金が好きな人です。

お金が好きな人

自分のプロフィールで趣味や好きなことに『お金』と書ける人がタクシーで稼げる人です。

これはタクシーに限らず『歩合給の仕事』すべてに言えます。

お金が好きだから、常にお金を稼ぐ方法を考え『チャレンジ』します。

このような人は、平均年収300万円の業界でも500万でも600万でも稼ぐ事ができます。

何よりもお金が好きだから、お金を稼ぐために『何か』を犠牲にできる。

お金を稼ぐために、プライベートの時間を割いて『情報収集』したり『立ち回り』を考る事ができます。

クレームを恐れず、帰庫オーバーも恐れず売り上げを重視に立ち回りる事ができます。

稼ぐ事が一番であって稼げるのなら、プライベートを犠牲に出来るし、会社に怒られることも覚悟のうえで営業できます。

しかし、私は『良い給料』は欲しいですが、『何事も無く仕事を終える』ことを重視しています。

  • 道が解らない場所での営業はしない。
  • 帰庫オーバーしないように早めに帰庫する。
  • 新しい立ち回りへのチャレンジはしない。

『お金』よりも『無事に仕事を終えたい』ことを優先してしまっている以上は、年収600万、ましてや年収700万円は私には稼げない領域なんです。

優先順位が『お金』でないと歩合給で『人一倍』稼ぐ事はできないのです。

お金が必要ならタクシーで年収600万円稼げます。

お金が必要な人

ただ『お金好き』でなくても、年収600万以上稼げる人もいます。

それは『生活に年収600万円必要』な人です。

『住宅ローン』『借金返済』『子供の教育資金』など、生活に年収600万円必要な人は600万円稼ぐために『努力』します。

タクシーで稼げるのは東京だけなら上京する。

千代田区・港区・中央区で営業が必要ならそこで営業する。

年収600万稼ぐために必要な立ち回りを時間を割いて勉強する。

必要なら行動できる人がタクシーで稼げるのです。

稼げない悪い例をひとつ

私の場合、前職での年収が550万円ほどでした。

で、タクシーには『年収500万目標』で転職しました。

私が必要とする最低限の生活費が500万円だったからです。

しかし、実際には前職よりも稼げちゃっています。

必要最低限の生活費が稼げてしまっているので、それ以上『努力』してまで稼ぐ気になれないのです。

先程書いたように、それ以上稼ぐよりも『何事も無いよう安定感』が欲しいからです。

無理して今以上稼ぐよりも、今の収入を維持して出来るだけ楽したいというのが私の本音です。

だから『年収600万の壁』を越えられないんです。



最後に、タクシーは年収600万円なら何とかなります。

まとめますと、以下の人はタクシーで年収600万円稼ぐ事ができます。

  • お金が好きで何よりも稼ぐ事を優先できる。
  • 生活費で必要な年収600万円稼ぐために努力できる。

『的を得た立ち回り』をすれば、年収600万円も稼げる事でしょう。

以前書いた記事で、年収600万円以上稼ぐには『ヒキ』が必要いう記事を書きました。
年収600万以上を求めてタクシーに転職してはいけないわけ

『ヒキ』が無いと年収600万円は稼げませんよという内容です。

勿論、稼ぐためには『ヒキ』は必要です。

ただ、稼ぐために『努力』できる人には『ヒキ』は付いてきますよ。

ヒキは努力した人に降りてくる『運』なのですから…。

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

<おすすめの記事>

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧