【優良タクシー会社の見分け方】求人情報でチェックすべき事は?

こんにちは、
東京特別区でタクシーやっているショーです!

タクシー転職…

様々な理由があり決意する方が多いかと思います。

でも、正直言っていい理由ではないですよね。

私も底辺人生を歩み、ブラックな業界に心をやられ逃げるようにタクシーに辿り着きました。

皆さまの中にも『中卒』『借金』『リストラ』こんなキーワードの人が、最後の手段としてタクシーに辿り着くのではないでしょうか?

しかし、這う這うの体で辿り着いたタクシー会社もまた、ブラック企業が多く潜む業界です。

タクシーは入る会社で全てが決まります。

万が一、ブラックタクシー会社に入ってしまった場合、悲惨な目に会うのは必至です。

なので、本記事は求人情報から優良タクシー会社の見分け方を書きましたので、タクシー転職の際は参考にしてみて下さい。

ショー

この記事をお読みいただければ、タクシー会社の選び方のコツが解ると思いますので、是非最後までご覧ください。

※東京特別区のタクシー会社の求人情報で、私なりに判断しやすい項目を書いてみましたが絶対ではありませんので、予めご了承ください。

スポンサーリンク

優良タクシー会社かブラックかは求人情報で解ります!

第一に、タクシー会社がドライバーのためにどれだけ投資をしているかで、ホワイトかブラックかが分かります。

それはタクシー会社にありがちなブラック会社とは、金銭面的なブラックが多いからです。

何かと理由を付けてドライバーの給料からむしり取るブラックタクシー会社は、ドライバーのために経費は使いません。

ショー

それが、顕著に出る部分をこれから書いていきます。

優良タクシー会社は新人教育をしっかりと行います。

新人ドライバー

新人教育をしっかりと行う会社は、ドライバーの事と自社の成長を考えている優良なタクシー会社と言えます。

タクシー会社の儲けはドライバーが上げてくる売り上げが100%です。

という事は、稼げるドライバーが多い方が会社にお金が沢山入ってくるって事ですよね。

なので、新人や売り上げが悪い人が稼げる様に『同乗研修』をして、良い売り上げを上げて貰った方が、会社にお金が入ってくるのです。

しかし、タクシー会社によっては、初めの同乗研修(ベテランが1日助手席に座ってくれて一緒に営業します)だけで、あとは何も教えてくれず自分でやれみたいな会社もあり、「売り上げが上がらない」という会社もあります。

なぜ同乗研修をやらないかというと、新人教育には経費がかかるからです。

ベテランに同乗させて稼げるポイントや立ち回り方を教えるにも、そのベテランに給料を保証しなくてはいけません。

目先の事しか考えていないという事です。

同乗研修を『先行投資』と考えられる会社が優良会社で、考えられない会社はブラックなのです。

なので、求人情報で「うちは新人教育しっかりやりますよ!」と謳っているタクシー会社は優良タクシー会社の可能性が高いのです。

ドライバーのために車両にお金を掛けているタクシー会社は優良!

古い車

次に目安になるのが、ドライバーのために良い車両を使っているかです。

昔からタクシーと言えばクラウンのコンフォートで、多くのタクシー会社で使用されているのですが、シートから安い感が出て正直乗り心地が良くありません。

なので、ドライバーやお客さんの事を考えている優良タクシー会社は、ワンランク上のクラウンスーパーデラックスを使用します。

いつまでもクラウンコンフォート使っているタクシー会社は『お金がない』もしくは『ドライバーのために良い車両は入れない』ブラック会社と言えますね。

ショー

2018年にトヨタが次世代タクシー『ジャパンタクシー』を作り、タクシー用のクラウンはもう作らないとの事なのですが、あと数年は優良タクシー会社の目安になるかと思います。

ドライブレコーダーなんて全車装着は当たり前でしょ!

ドライブレコーダー

これ付いてない会社あるのかなぁ?

もし、全車に付いてないタクシー会社ならば、いかない方が良いでしょう。

ドライブレコーダーはタクシードライバーに取って身を守ってくれるお守り…否、盾です!

タクシーは一般車より事故の確率が高くなります。1日中走ってますからね。

事故はどっちが悪い悪くないの水掛け論になってしまいがちですが、ドライブレコーダーがあればハッキリします。

それと、お客様とトラブルになった時にも証拠になりドライバーを守ってくれます。

そして、昨今社会問題になっているあおり運転。そういったトラブルにも威力を発揮してくれるでしょうから、ドライブレコーダーは絶対無いとダメです。

私は、タクシーと言わず自動車全てに標準装備すればいいと思ってます。



タクシーの求人情報でチェックしたい項目

ここまではタクシーの求人情報で最重要視したい項目を書きましたが、その他にチェックしたい項目が以下になります。

『給料補償』
『祝い金制度』
『二種免許取得費用』
『自動日報』
『自社スタンド』
『優良証』

給料補償

よく求人情報で書いてある、〇か月間〇〇万円給料補償しますと書いてありますよね?

「アレ、本当か?すげーウソくせーんだけど…」誰もがこう思うハズです。

これは本当に貰えます!

この給料補償は、期間が長く金額の高い会社を選ぶに越したことはないでしょう。

それは、その会社の平均の給料が予想出来るからです。

その会社では、皆そのくらいは稼いでいる証拠です!

それに最初は、高い営収を上げるのは難しいですから補償してくれると助かりますよ。

まぁ、関係なしに最初から稼ぐ人もいるのですがね…

ショー

ただし!これは私個人の見解ですが給料補償だけがやたら良い、なんて会社はもしかしたら給料補償で釣っているブラック企業かもしれませんね。

罠にかからないように気を付けましょう!(笑)

二種免許取得費用負担

タクシードライバーになるには普通第二種免許が必要ですが、ほとんどの会社で取得費用は出してくれます。

ただ、会社によって期間(2~3年)は違いますが、この「期間内に会社を辞めたら負担した費用返してね」という縛りがありますのでご注意を!

費用を出してくれない会社は無いとは思いますが、一応チェックはした方が良いでしょう。

二種免許に関する記事もありますので参考にしてみて下さい。
【タクシー二種免許】一発試験で取るべき?費用は?お答えします

入社祝い金(支度金)制度

入社してくれたら祝い金(支度金)〇〇万円あげますよって事です。

こちらも本当に貰えますので金額が高いに越したことはないのですが、二種免許取得費用負担と同じで縛りがあるのと罠かもしれないのでご注意を!

「なんで何十万もお金をくれるんだよ?なんか怖えーよ…」とお思いの方もいらっしゃると思います。

タクシー業界だけでなく、他の業界の求人でも『祝い金あげます』という募集を見かけますが、それほど人手不足で困ってるのでしょうね。

1つ注意してほしいのが、私がオススメする最大手タクシー会社は祝い金が少ない場合が多いですが、「そんなもんあげなくても稼がせてやる!」という最大手の貫禄だと思っています。[/char]

なので、最大手タクシー会社に決めたい方は祝い金はあきらめてください!

最大手タクシー会社のグループ会社を選ぶ方は、祝い金が高いに越したことはないです。むしろ会社に体力があるかなと思えます。



自動日報

タクシーは1日の営業中に乗せたお客様が『何時~何時・どこから~どこまで乗って金額は〇〇円でした。』という情報を全て記録をします。

それを手書きでやるか、機械が自動でやってくれるかですが、私は自動日報をオススメします。

それは、手書きは本当に面倒くさいからです。

ドライバーの手間がかからないように、自動日報を搭載してくれているタクシー会社を選んだ方が良いですよ。

この自動日報は求人情報に『有り無し』がかいてありますので、チェックして下さいね。

ショー

あと、詳しくは書けませんが手書きだとドライバーが色々と不正ができちゃいます。
それを防止するための自動日報でもあると思いますので、自動日報がある方が『まっとうなタクシー会社』の可能性があります。

自社スタンド

多くのタクシーはガソリンではなくLPガスで走っています。家庭で使うプロパンガスと一緒です。(ガソリン車のタクシーもあります。)

なので、街にある普通のガソリンスタンドでは取り扱っていないので、タクシー専用のスタンドで入れなければいけません。

しかし、そんなにあっちこっちにあるわけではないのです。

1乗務で1回は入れないといけませんが、自社スタンドがある会社だと出庫前に入れていくか帰庫時に入れれば良いのですが、無い会社だと途中ガスを入れに行かないといけません。

ガスが減った時に近くにあれば良いのですが、無い場合は一度回送にしてガスを入れにかなければいけません。

こういった時間のロスの積み重ねが売り上げが伸びない原因になってしまうのです。

なので、私は自社のガススタンドはあった方がいいと思っています。

ショー

タクシー会社が自社のガススタンドを持っているのと持っていないのでは、立ち回ちが大きく変わってきますよ。

優良証

最後に目安になるのが優良証です。

東京のタクシー会社は『東京タクシーセンター』という所で管理されていて、無法者のドライバーの取り締まりや、一般のお客さまの苦情とかも受け付けています。

そして、タクシーランクというものがあり、ドライバーの違反や苦情が無いタクシー会社は優良な会社として、この優良マークを車体に載せる事が出来ます。

例えば、ドライバーが乗車拒否をして、そのお客さまが東京タクシーセンターに苦情を入れるとそのタクシー会社とドライバーが罰せられます。

そういう事が続くと、タクシー会社は優良証を、ドライバーは乗務員証を取り上げられます。

ショー

センター違反や苦情の多いドライバーはタクシーに乗れなくなりますよ!

また、この優良証がないと入れない場所があったりします。大きいターミナル駅とかですね。私は基本的に駅には付けないのでそんなに必要ではないですがね。

ただ、優良証の有無でその会社がブラックかどうかが、分かるかもしれませんね。

しっかりとした社内環境・教育をしている会社なら優良証はあるはずです。

絶対ではないので、あくまでも参考程度で見ておくといいかも知れませんが、優良証はあるに越したことはないでしょう!



歩率については気にしなくてよい!

歩率とはタクシーの給料体系の1つでタクシー求人に書いてある「給料は売り上げの〇〇%」ってやつです。

私はこの歩率はあまり気にしなくてもいいと思っています。

「なんで?同じ売り上げでも歩率が高い方が給料がいいって事じゃないの?」と思うかもしれませんが、歩率には色々とからくりがあります。

これはあくまでも私の考えになってしまいますが、歩率の高い会社は自己負担分がいっぱいある。逆に、歩率の低い会社は自己負担分がある程度含まれているから低いと思っています。

あと、私は下記の記事で最大手タクシー会社は稼げる!と書いています。
タクシー転職を成功させるために絶対に必要な2つの条件とは!?

それは、「最大手タクシー会社もグループ会社も営業経費を色々と使ってくれているのでドライバーが稼げる。その分、歩率は低めになっている」と考えています。

ショー

歩率が良くて給料の額面は高くても、「あれこれ引かれて手取りは低くなってしまった…」なんて会社もあると思いますが、それはブラック企業の常套手段だと思いますので注意してください!

以上の事から、歩率が高いから給料の手取り額が高いとは言い切れないのです。

それに、自己負担全てを把握してどこのタクシー会社が1番手取り額がいいかを知るのは難しいですしね。

正直、歩率が1%違うと、私の場合で年間10万くらいは年収が変わってきます。

でも、年間10万円より、会社選びに優先したい大事なことっていっぱいありますよね。

人間関係は入社して見ないと分かりません!

人間関係に悩む人

本当は、この人間関係が1番重要な事でしょう。

転職を考えている人や転職をしてきた人の殆どが人間関係で悩んできたと思います。

私もイヤって程悩みましたよ。

しかし、イヤな部分って人それぞれですし、こればかりは会社見学や面接からじゃあ分からないですよね。実際に入ってみないと。

よく、タクシーは人間関係がいらないと言われてますが、それを求めてタクシーを選ぶ人もいるかと思います。

確かに他の仕事と比べてタクシーは人間関係はいらないと思います。

基本的に出庫すれば一人でやる仕事ですし、自分の仕事が終われば、とっとと帰ってもいいですし、他のドライバーのミスが自分に降りかかってることも基本はありません。

ショー

あまりにも酷いドライバーがいると、車を潰されたり、お役所から車両の営業停止を喰らい『車に乗れない』なんてこともあるかもしれませんがね。

しかし、最低限の挨拶くらいはしないと会社に居づらくなってしまいますし、売上アップにつながる『有益な情報』などを得る事も出来なくなってしまいます。

孤独にやるのもいいですが、仲のいい人を作る事も必要かな?とも思います。

なので、人間関係の良い会社に入れることを祈りましょう!



まとめ

優良なタクシー会社とは、第一にドライバーの事を考えてくれている会社のことです!

給給料補償・入社祝い金が高い事に越したことはないのですが、そこにとらわれすぎずに、新人教育に力を入れているタクシー会社を第一に選べば良いかなと思います。

働きやすい環境を用意してくれているタクシー会社に入りたいものですね。

<合わせて読んでいただきたい記事>
【ブラック確定!】こんなタクシー会社には入りたくない!



……最後に何ですが、
必ずしも入りたいタクシー会社に採用されるとは限りませんので注意してくださいね。

「おいおい、今更何言ってるんだ!タクシーって面接に行けば誰でも受かるんじゃないの?」という方。

実は、そんなに簡単ではありません。

タクシー会社の面接で落ちるケースの記事もございますので参考にしてみて下さい。
えっ、タクシーの面接って落ちるの?不採用になる4つの理由

それでは…

<本気でタクシー転職を考えている方はこちら↓>
【タクシー転職】現役ドライバーが成功するノウハウを公開中