【大手タクシーに転職希望】選ぶべきは本体か?グループ会社か?

こんにちは、ショーです。

タクシーに転職をするなら絶対に『大手タクシーグループ』を選ぶべきです。

それは大手の方が稼げるからです。

詳しくは下記の記事を見て下さい。
最大手タクシー会社が稼げる理由【三種の神器があるからです】

ただ、大手タクシーグループというのは『本体の会社』と『複数の傘下のグループ会社』が集まって大きなタクシーグループになっています。

なので『一言で大手タクシー会社』と言っても、大きい会社もあれば小さい会社もあって『全くの別会社』なのです。

で、今回は『大手タクシーグループ』に転職する場合【本体の会社・傘下のグループ会社】どちらを選ぶべきなのか?を解説していきます。

ポイントは3つです。

  • どちらでも『立ち回り』に影響はない。
  • 本体の方が福利厚生が手厚い傾向にある。
  • 本体には『厳しい規則』がある。
このあと詳しく解説していきます。



本体でもグループでも『立ち回り』に影響はありません。

タクシードライバー

日々の立ち回りで『受けられる恩恵』は本体でもグループ会社でも変わりはありません。

  • 本体もグループも流し営業で違いはない。
  • グループだと入れない『専用乗り場』はない。
  • 無線配車は全車平等に来るハズ!?
ひとつずつ見ていきます。

本体もグループも流し営業での違いはない。

流し営業というのは、道を走り回って『手を上げた』お客さんを乗せることです。

例えば、コンビニも本体と傘下のフランチャイズがありますが、普段「セブンに入ろうか?ファミマに入ろうか?」と選ぶことがあると思います。

でも「ここは、本体か?フランチャイズか?」なんて考えて入る事はないですよね?

タクシーも同じで、『タクシーグループ』で選ぶお客さんは多数いますが、「本体か?グループか?」で、乗ってくるお客さんは基本的にはいません。

たま~に『本体指名』のコアなファンもいますがね。

売り上げには全く影響はありません。

グループだと入れない専用乗り場はない。

専用乗り場というのは、駅などの公共の場などのタクシー乗り場とは違い、商業施設やオフィスビルなど『指定するタクシーグループ会社』しか入れないタクシー乗り場の事です。

で、『大手タクシーグループ』ほど、多くの専用乗り場を確保しているのですが、専用乗り場は『有り・無し』で、売り上げに大きく影響します。

だから、専用乗り場を数多く持っている『大手』は稼げるのです。

で、「本体じゃないと、この専用乗り場は入ることはできません。」ということはありません。

参加のグループ会社でも『平等』に入ることが出来ます。

無線配車は全車平等にくるハズ!?

そして無線配車ですが、基本的に『お客さんの一番近くにいるタクシー』が呼ばれるようになっています。

なので、こちらも本体・傘下は関係なく受ける事ができます。

ただ、私の見解ですが、忙しい通期時間帯などは無いとして、暇な時間帯は『本体を選んで配車している』可能性はあります。

正直に言って『迎車』になっている本体が多いと感じます。特に私の主戦場である『東京の赤坂』。

夜の赤坂の無線配車は『激熱』です。

鳴ったらロングの可能性大。『超高確率中』と言っても過言ではありません。

なので、もしかしたら本体を選んだ方が『無線の恩恵』があるかもしれませんね。

例外:会社に直接依頼の仕事に差はあります。

差

ここまでは本体でも参加のグループ会社でも『違いはない』と書きましたが、日々の立ち回りでひとつだけ違いをいいますと、『直接のお客さん』は別です。

例えばこんな感じです。

  • そのタクシー会社の『近所のお客さん』で直接依頼の電話が来る。
  • そのタクシー会社の『取引先』などが利用してくれる。

各タクシー会社の顧客です。

こればかりは『大手』も『グループ』も関係ありません。そのタクシー会社次第です。

で、当然大きい会社ほど『顧客』がいるわけです。

本体だと『成田空港』などのいい仕事も直接入って来たりするそうです。

ただ、そういった直接の良い仕事は『班長』とか、普段に会社に貢献しているドライバーにあてがわれますので、新人のうちはあまり関係ない事だと思います。

本体の会社の方が『待遇・福利厚生』が手厚いです。

喜ぶ人

で、次に『本体』と『グループ』の違いですが、会社自体は全くの別物ですので、福利厚生が大きく変わります。

タクシーはドライバーの社会保険の加入が義務付けられていますので、正規雇用や非正規雇用といった『雇用条件』に違いはありません。

そして『2種免許取得費用』などは、大抵のタクシー会社は負担してくれます。

では、どういった所で差があるかと言いますと『施設とか待遇』に大きな差が出ると思います。

下記に大手の募集要項から抜粋して見ました。

【施設の具体例】
・520台収容敷地内自走式駐車場(マイカー通勤OK!)
・自社LPスタンド、整備工場も敷地内に設置。
・本社棟最上階には雄大な景色が眺められる大展望風呂。
・健康づくりに貢献するスポーツジム、疲労解消に効果的な酸素カプセル。
・カフェテリア、アスレチックジム、図書室。
・仮眠室・ロッカー室、完全分煙の喫煙スペース。
・清潔な女性専用設備など。

これを見ると、この会社に入りたくなります(笑)

このように、中小タクシー会社には無い施設や待遇が大手にはあります。

女性は特に、上記のような施設が充実している大手のタクシー会社に入るべきです。

ただし!本体の会社の方が『厳しい規則』があります。

膝をつく人

ここまで書いたことだけですと「大手に入った方がいい」と感じる人の方が多いと思います。

ただ、大手は基本的に規則が厳しいです。

元々『大手タクシーグループ』には、他よりも厳しい決まりがあったりします。

よく『金太郎あめのように何処を切っても一緒に…』といった例えがありますが、大手タクシーグループにも『接客マニュアル』など、小さいタクシー会社などにはないマニュアルがあります。

ちょっと、めんどくさいんです…。

で、『本体』には、更に朝っぱらから『社訓斉唱』などがあったりします。

これはタクシー業界に限ったことではないですが、大きい会社だと朝っぱらから『社訓』を全力で唱えさせられたりしますよね。

ちょっと…取りつかれたようなヤツ、あったりするじゃないですか…。

ああいうのが『本体』にはあったりします。

その他にも、身だしなみが特にうるさかったり、ちょっと息苦しさを感じてしまうかもしれません。

規則などに関しては、小さいタクシー会社ほど緩いので規則が嫌いな人はグループ会社の方がいいかもしれません。



結論:自分のスタイルに合わせるといいです。

『本体』と『グループ』どっちが良いかと言いますと自分次第です。

規則が厳しくても『少しでも稼ぎやすい』『待遇がいい』『大きい会社の方がいい』という人は、本体を選べばいいです。

逆に『自由さ』を求めるなら『グループ会社』を選ぶのが良いかと思います。

因みに、私は中堅規模のグループ会社です。自由な方がいいので本体に行きたいとは思いません。

それともう一つ。

本体の方が採用率が低いです。

年齢だったり、健康状態だったり、学歴も関係あるかもしれません。

なので、本体の場合は必ずしも採用されるとは限りませんので注意してください。

下記の記事も参考にしてみて下さい。
えっ、タクシーの面接って落ちるの?【不採用になる4つの理由】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。