タクシーは月の半分が休日って本当!?そのカラクリを説明します。

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

「タクシードライバーは月の半分以上が休みですよ!」

こんな風に書いてあるタクシーの求人情報を見たことありませんか?

あれを見ると「う~ん…ウソにはならないんだろうけど、この書き方どうかな~?」って思ってしまいます。

私は、家族がいて稼がなくてはいけない立場なので、13乗務という最大の出番数にしていますが、ハッキリ言って休日は少ないですよ!

では何故、月の半分は休みなんて言われているのか?そのからくりをこの記事ではご説明します。
※隔日勤務を前提に書いていますので予めご了承下さい。

スポンサーリンク

タクシーの休日のからくりは勤務体系に有り!

まず、タクシードライバーの休日を知るには勤務体系を知らなければなりません。

タクシーの隔日勤務は不規則だけど規則正しいと感じる理由の記事で書いてあるように、タクシーは隔日勤務という勤務体系があり、多くのドライバーは隔日勤務で働いています。

簡単に言うと一気に2日分働きます。

私の場合ですが、AM5:30に自宅を出て、翌日のAM5:30頃に自宅に帰ってきます。
(通勤時間片道40~50分を含みます。)

で、次の出勤は24時間後のAM5:30になります。

1回仕事に行って帰って来たら、次の出勤までほぼ丸一日があります。

この時間は明け番と言い、本来は体を休める為の時間なのですが、この明け番を休日にカウントして「休みが多い」と言っているのです。

タクシーは隔日勤務だと、1乗務後20時間以上の休息時間を設けなくてはいけません。

毎日昼間働いている人も、仕事が終わったら次の出勤まで何時間か時間がありますよね?タクシーはその時間が2日分一気に来るのです。

2日分一気に来るので、次の乗務まで大体24時間前後の時間が空きます。

その時間を休日という表現をしているのです。

例えば、月に13乗務したら必ず明け番が13日間発生します。乗務の数だけ明け番が発生します。

明け番を休みと考えれば、確かに半分は休みということになりますね。

明け番は体を休める時間です。

しかし、よく見て下さい!

上記の説明には睡眠時間が全く考えられていません。

いくら、次の出勤まで24時間あっても、寝ずに働いてくるのですから仕事から帰ってきたら、まず寝ます。

私の場合は帰ってきたら3~4時間寝て午前中に起きます。

で、その夜は遅くても21時には寝ますので、明け番で起きてる実質の時間は10時間程度です。

勿論、睡眠には個人差はあるでしょうけどね。

でも、最低でもこのくらいは睡眠に時間を使わないと危なっかしくて運転なんて出来ませんよ。

タクシーで居眠り運転なんてシャレになりません。

しかも、2日分一気に働くので、疲労も2倍なので、「明け番は寝て終わり」というドライバーも多くいますよ。

なので、明け番の時間の半分程度は睡眠・休息に使う事になります。

しかし、睡眠をうまくコントロールして、自己管理をする事が出来ればプライベートの時間が多く取れて、大事な用事や趣味など色々な事が出来る仕事でもある事は間違いありません。



稼ぎたい人の公休は月に3~5日程度です。

話を戻しますが、通常は月に12回の乗務になりますが、しっかりと稼ぎたい人は月に13回乗務します。

これは昼間働いている人の『12乗務で24日』『13乗務で26日』の勤務日数に相当します。
(1ヶ月で出来る乗務日数は最大で13乗務までになります。)

と言う事は、本当の公休日は月によりますが、以下のようになります。

※月の締め日や乗務内容によっては多少は異なる月もあります。

タクシーの本当の公休日

【月末が30日の月】
12出番:5~6日
13出番:3~4日

【月末が31日の月】
12出番:6~7日
13出番:4~5日

どうですか?多くはないですよね。

公休と明け番のコンボで連休!

しかし、公休日は決して多いとは言えないのですが、公休日の前には必ず明け番があります。

明け番+公休=次の出勤は48時間後になり、ほぼ連休です。

公休日の前の明け番に限っては有意義に時間を使えるのです。

このコンボが13出番で月に4~5回来ますので、週休2日以上の感覚になります。

月の出勤を12出番にすれば、さらに多くコンボが来ます!

そう考えると、やはりタクシーは休みが多いと言えます。

あっ、このコンボって言い方は業界用語じゃないですからね!私が勝手に言ってみただけです。



タクシーは休みの取りやすい仕事だから危険!

基本的には事前に申請すれば、いつでも休みが取れますので大事な用事や趣味などで、「どうしてもこの日に休みが取りたい」って日に取れるのでいいですよ。

ただし!金曜日は忙しいので、元々出番予定なのに休むと会社に嫌がられると思いますのでご注意を!

それと、休みやすいからといって出番数を減らしてしまうと給料に大きく影響します。

隔日勤務は1乗務減らすと2日分給料が減りますので、かなり減りますよ。

また、会社によって違いますが、月に11出番~12出番を下回ると一気に給料が下がるような仕組みになっていたりします。

歩合率が下がったりして、同じ売り上げをやっても給料の額面が変わったりします。

例えば、月間で70万売り上げたとしても出番数によって以下のように給料が変わります。

通常70万の6割がドライバーの給料と考えた一例になっています。

  • 12出番で70万の売り上げ(歩合率60%)=額面で42万円
  • 10出番で70万の売り上げ(歩合率55%)=額面で38,5万円

※上記の数字は会社によって異なります。

一例ですが、同じ売り上げを上げても休みすぎると、このくらい一気に給料が減ったりします。

なので、基本的には12乗務は働かないとそれなりの給料は望めません。

これはドライバーの休みすぎ防止策ですね。

タクシー会社としては保有している車両を休ませたくありません。その分、会社に入るお金が減るのですから、ドライバーには12~13乗務して欲しいのです。

なので、稼がなくてはいけない人は12乗務~13乗務を維持する必要があります。

「給料は少しでいいんだ!とにかく休みが欲しいんだよ」って人は別ですがね。



まとめ:隔日勤務が休みを多く感じさせる。

タクシーの休日は隔日勤務という特殊な勤務体系が、休日を多くあるように感じさせるのですが、本来の公休は決して多くはありません。

しかし、明け番+休日のコンボが週休2日の感覚にしてくれますよ。

それに、基本的には休みたい日に休める仕事なので、家庭や趣味などプライベートの時間を大事にしたい人には凄くいい仕事です。

現に私自身も、タクシーに転職して前職よりも、はるかにプライベートの時間を取る事が出来ていますし、コンボを上手く利用して子供との時間を作れているので、満足しています。

で、タクシーの休みに関してハッキリ言うと、稼ぎたい人ほど休みが少なくなります!

13乗務だと休みは少なく感じますが、12乗務なら多く感じます。

ですが、当然ですが乗務を減らせば給料も減ります。

私の場合、毎月1乗務減らすと、年収にすると40~50万円くらいは変わってきます。

大きいですよね。

稼がなくてはいけない立場の人は考えちゃいますよね。

給料か?休日か?

だけど、私はタクシーに転職してこう思います。

「お金も大事だが、お金より大事なこともある!」

それでも、12乗務すれば年収500万くらいは、十分稼げると思いますよ。条件付きですがね。
タクシー転職を成功させる為に絶対に必要な2つの条件!

最後までご覧いただきありがとうございました!

最後に余談ですが、私の会社では正月とお盆に有給休暇を使って大型連休が取れます。もらえる金額はスゴイ少ないんですが…(本来はいつでも取れないとおかしいのでしょうけど)

転職をして2年目になりますが、今年は年末から8連休取りました。明け番を入れると9連休!今まで休みが満足に取れないブラック企業にいたのでこんな事は初めてです。ゆっくりします。

ですが、大型連休や有給についてはタクシー会社によって全然待遇が違うと思いますのでご注意を!

あと、もちろん給料は13乗務しっかり働いた月より、かなり減りますよ。