タクシーなら収入より休日を選ぶべき理由【連休の取れる仕事】

こんにちは、ショーです。

この記事ではタクシーに転職したからには『収入は下がっても大型連休は取るべき理由』を書きいていきます。

現役のドライバーさんは勿論、タクシーに転職を考えている方の参考になれば幸いです。

で、理由は以下の2つです。

  • 休日が取れる仕事なのに取らないのは損だから。
  • タクシーは収入より休日の方が大事だから。



理由その➀:休日が取れる仕事なのに取らないのは損だからです。

仕事が休みの人

私はタクシーの一番の魅力は、『休みが欲しい日に休みが取れる事』だと思っています。

前職では休みたい日どころか休日希望を出していた日さえ、急に入ってくる仕事によって飛ぶことが日常茶飯事でした。

それに比べて、タクシーは休めない日はありません。

当日急に休めば文句の一つも言われるかもしれませんが、それでも『休めない』って事はありません。

世の中『親の葬式だろうが関係ねぇ!』みたいな、休みが取りたくても取れないブラックな仕事もあるのに、休みを取れるのに取らないのはハッキリ言って損です。

タクシーは夏季・冬季に有休を使って大型連休が取れます。

勤務するタクシー会社にもよるでしょうが、私の会社では夏季・冬季休暇に8~9連休くらいは取れます。

ただ、収入は下がりますがね…。

タクシーは完全歩合給で毎月の収入が変動しますので、私の会社でも一応有休ではあるのですが、『良い時の売上げがベースではなく、超最低限の売り上げがベース』になっています。

有休と言っても『すずめの涙』ほどという事です。

東京のタクシーはお盆中の売り上げがガクッと下がりますので、お盆期間は休んでしまうドライバーさんが多くいるんですが、収入が減るのを嫌ってお盆も正月も関係なく休まず乗務するドライバーさんも多くいます。

私の場合で連休をマックスまで取ると、翌月の給料はすずめの涙ほどの有休を足しても手取りにして5~6万くらいは下がります。

正直言って苦しいのですが、それでも、1年に1、2回はまとまった連休は取るべきだと思います。

その理由をこの後書いていきます。

理由その➁:タクシーは収入よりも休日を大事した方が絶対にいいからです。

仕事が休みの人

給料が大幅に下がったとしても、タクシーに転職したからには、年に1回、2回は大型連休は取るべきだと思っています。

それはタクシーは目先の収入よりも、プライベートの時間を大事にした方が絶対にいいからです。

だって、プライベートを大事にした方が人生楽しいですもの…。

悪い言い方になってしまいますが、タクシーはプライベートを犠牲にしてまで必死に働くような仕事ではありません。

・タクシーは出世もありませんし昇給もありません。
・その月に売り上げた自分の売り上げが全てです。

タクシーの収入は『やる気=給料アップ』なわけではありませんし、いくらやる気が合っても、その日のヒキが悪ければ売り上げは伸びません。

年収600万以上を求めてタクシーに転職してはいけないわけ

もちろん真面目に働かなければ、それこそ収入はダウンしますが、仕事は二の次くらいの考え方で淡々と働くくらいの方がタクシーはいいんです。

ただ、給料が大幅に下がるのは死活問題ですよね。

対策としては、タクシーの収入を以下のように考える事です。

  • 給料を月収で見ないで年収で見る。
  • 売り上げが悪い月の給料をベースに生計を立てる。

タクシーは真面目な人ほど長続きしません。

それにタクシーは必死になればなるほど、事故や違反を起こす確率が増えます。

事故や違反を繰り返せば、タクシーを続けること自体ができなくなります。

タクシーは収入に固執しすぎずに、マイペースで働きプライベートを楽しむことが長く続けるコツなのです。



タクシーで人生を楽しくするためのコツ。

タクシーのような割り切れる仕事に就き、プライベートの時間を多く取れると色々人生が変わってきます。

  • 家族との時間を多く取りましょう。
  • 自分の趣味を大事にしましょう。
  • 新しい事にチャレンジしてみましょう。

終身雇用の崩壊や45歳定年説などで、この先人生を捧げるほどの仕事に就く人は少数だと思います。

ほとんどの人は2度、3度と転職をしながら、人生やり繰りしていく事になるのでしょう。

だからこそ、仕事よりもプライベートを大事にしていきたいですよね。

私は前職では、休みたい時に休みが取れないうえに、休みの日でも仕事の電話が鳴るのでやストレスの溜まる日々でした。

なので、タクシーに転職してからは休めるだけ休むようにしています。

子供ができた事も大きな理由ですが、この数年で『仕事人間』からすっかり『プライベートファースト』になりましたね。

もし、今の仕事にウンザリしているなら、タクシーに転職をしてプライベートを充実させてみませんか?

収入も気になりますが、タクシーは夏季・冬季で大型連休を取っても、下記の記事の通り年収500万~600万程度は稼げます。
【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。

それに時間があれば、色々と収入を増やす事も考えられますよ。

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があります。

実は、会社選びの時点で成功・失敗が決まっちゃっているんです。

なので、タクシー転職を失敗しないためには、事前に必要な情報をインプットする必要があります。

下記の2つの記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報を全て書いてあります。もちろん無料で読めますよ!

実際に入るべきタクシー会社についても書いてありますので、タクシー転職にお役立て下さい。