タクシー転職はイメージ悪い!?でも本当は…【迷っている方に】

こんにちは、ショーです。

皆さんはタクシーの仕事にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「底辺の仕事」
「リストラされたおじさんがやるもの」
「社会不適合者の集まり」
「雲助」
「長時間労働」
「安月給」

言い出したらキリがありませんが、こんな感じじゃないでしょうか?

まあ、タクシーに限らずドライバー職は世間的にイメージのいい仕事ではありません。

ドライバー職って私のように底辺の人生を歩んできた者には、運転が出来れば直ぐに始められるから有り難い仕事なんですけどね。

でも世間体を気にしなければ、タクシーも捨てたもんじゃありませんよ!

もし、タクシーの世間のイメージを気にして転職を迷っている人がいるなら、この記事を読んでみて下さい。



一部のタクシードライバーがイメージを下げている!

イメージの悪いドライバー

タクシードライバーは大きくわけて2タイプのドライバーがいます。

  • Aタイプ:真剣に働いているドライバー
  • Bタイプ:テキトーに働いているドライバー

Aタイプ:
「人間関係」「リストラ」「会社が倒産」など、やむを得ない理由でタクシードライバーになったが、家族を養う必要があったりと稼がなくてはいけない人が、真面目にタクシーという仕事をしている。

Bタイプ:
「雲助」と呼ばれ、自分さえ良ければいい!社会のルールやモラルなんて知るか!と、タクシー業界のイメージを下げている。最低限の接客対応も出来ず、乗車拒否や道交法違反を平気でやるタイプ。

タクシードライバーは上記の2タイプが存在しているために、世間的にもドライバー的にも良い評価と悪い評価がハッキリと分かれているのです。

道路交通法違反をしなくていいのですよ!

男性

タクシーってこんなイメージありませんか?

「スピードオーバー当たり前」
「交差点内だろうが所かまわず停車する」
「ウインカーも出さずに車線変更する」
「車線をまたいで走行する」
「信号無視をする」

と、書いてる私がひどいなって思ってしまっているのですが、確かにこんなドライバーは多いです。

「こんな運転しなくちゃいけないんなら、タクシーなんて怖くて出来ないよ!」
と思う方も多いはずです。

確かに、自分の意志で道交法を守らない悪質なBタイプのドライバーもいるのですが、多くのドライバーはある心理状態の中にいるために道交法を守らない…イヤ、守れないのです。

[やらなくちゃいけない症候群]

ひどいネーミングですが、私が考えました。

どういうものかというと、タクシーは車内という狭い個室でお客さまと一対一になりますので異様な空気を背中から感じる事がよくあります。

例えば、信号が黄色に変わったので止まったら、舌打ちやため息が聞こえてきたりします。

たまにですよ…。(笑)

そうすると、Aタイプの真面目な人ほど敏感に反応してしまい「このタイミングで止まるとヤバいな。」と次第にきわどいタイミングになってしまっていくのです。

「黄色信号で止まるとヤバい」
「他のタクシーに抜かれると気まずい」

などの心理状態になる為に道路交通法違反をしてしまうのです。

異様な空気の個室の中、やらなくてはいけないような気になってしまうのです。

交差点内だろうが、どこにでも停車するタクシーいますよね?

あれはドライバーの意志というよりはお客さんがそこで手を上げていたり、止まる指示を出しているのです。

道交法を無視した指示を出す、一部の身勝手なお客さまからのクレームが怖いためにドライバーは道交法違反を犯すのです。

真面目に働いているからこそ、お客さま第一な考えになり道交法違反をしてしまうし、クレームも怖いのです。

これからタクシーをやりたいと思っている人が安心できるように申し上げますが、お客さまに言われても道路交通法違反をする必要は一切ありません。

タクシー会社は道路交通法違反をしてまでやれとは絶対に言いません。

ドライバーが事故や違反を繰り返すと、国交省から監査が入りタクシー会社にも罰則が与えられてしまうからです。

それに、「道交法を守りなさい!」という指導を怠り、万が一重大な事故なんて起こされたら会社の存続も危うくなってしまいます。

なので『道路交通法違反しなくてはいけない仕事』なんて思わないでくださいね。

それに、無茶を言うお客さまはホンの一握りですから…

タクシー強盗なんて早々には出くわしません

強盗のイメージ

暴れている車内映像をニュースで放送されると「またタクシーかよ、ホントあぶねーな!」と思いますが、タクシー強盗や暴漢が怖いと思っている人いますか?

タクシーは危ない仕事として認識されているかもしれませんが、強盗や暴漢に合う確率なんて相当低く、実は年間の件数にしたらいくらも無いのです。

でも、印象に残りますよね?

それは、ドライブレコーダーにモロに記録が残るのでニュースで扱いやすいからでしょうね。

ニュースの制作側からすれば、暴れてる暴漢の映像は絵になりますよね。

しかも、暴れてるのが社会的に立場のある人だったりしますから尚更です。

だけど、タクシー内で事件に合う確率も、交通事故にあう確率も変わらないと思いますよ。

早々には合わないって事です。

強盗に遭遇する確率をなるべく下げる方法もあります。

繁華街を避けて泥酔客を相手に営業しないことです!

事件が発生する場所は東京だと歌舞伎町だったり、渋谷だったり、有数の繁華街が多いのです。

で、事件を起こす人は泥酔者が多いので、深夜の営業は繁華街は避けて、オフィスビルなど仕事帰りのビジネスマンを中心に営業するだけで、危ない目に合う確率はグッと下がります。

ただし、この方法で営業をするには条件があります。

ビジネスマンを多く顧客としている最大手のタクシー会社(グループ会社を含む)に入社して、オフィスビルの専用乗り場や無線を活用することです。

東京は怖くはないですよ!

男性

私は東京都の都心部で営業しているタクシードライバーです。

東京のタクシーは地方から働きに来ている人も多いのですが、これは私の会社の面接官に聞いた話になります。

地方の方は「東京は怖い」と言うそうです。

やはり、人の多さとかですかね?

でも、東京は怖くないですよ(笑)

確かに危ないところに行けば怖い思いもするかもしれません。でも、東京に限らず近寄りたくない危ない地域は何処にでもありますよ。

東京で生まれ育った私は、札幌・仙台・大阪・博多とかの繁華街は怖いイメージがありますがね…。



最後に

タクシーは非常に誤解されていますが、道路交通法を守らない悪質なドライバーの集まりではありません。

ほとんどが真面目に働いている人達です。

真面目だからこそ、お客さま第一の考えで道路交通法違反を犯してしまうドライバーもいますが、道交法違反をする必要は一切ありません。

また、強盗などの事件によく合うイメージもありますが、印象が強いだけで早々に被害にあう事もありません。

東京は怖くもありません。

もし、今回書いたことが理由でタクシーへの転職を躊躇しているならば勿体ないと思います。

タクシーは東京なら真面目に働けば年収500万~600万は稼げますし、採用率もそう高くありません。

それに、自由な時間も多く取れる仕事です。

東京にお住まいの方から地方にお住まいで仕事のない方の転職・再就職におすすめの仕事です。

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があります。

実は、会社選びの時点で成功・失敗が決まっちゃっているんです。

なので、タクシー転職を失敗しないためには、事前に必要な情報をインプットする必要があります。

下記の2つの記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報を全て書いてあります。もちろん無料で読めますよ!

実際に入るべきタクシー会社についても書いてありますので、タクシー転職にお役立て下さい。