えっ、タクシーの面接って落ちるの?【不採用になる4つの理由】

こんにちは、ショーです。

ショー

この記事は、私がタクシーの面接を受けた時に感じたことや同僚に聞いた話から、タクシーの面接で不採用になる要素を4つ書きました。
タクシー転職を検討されている方は参考にして見て下さい。

まず、タクシーの採用にこのようなイメージをお持ちではないでしょうか?

パンダ

タクシーなんて、面接に行けば誰でも受かるんだろ?

確かに、面接に行けばウエルカム状態のタクシー会社もあります。

しかし、このような選考基準が低いタクシー会社は、小さいタクシー会社の場合が多くハッキリ言って稼ぐことはできません。

それに雇用条件が悪い可能性もありますので注意が必要です。

タクシーへの転職は安定して稼げる『大手タクシー会社』がおすすめなのです。

下記にくわしい記事を貼っておきます。
最大手タクシー会社が稼げる理由【三種の神器があるからです】

簡単に言いますと「タクシーは『歩合給』なので稼げる要素が整っている『大手』の方が稼げますよ」という内容です。

ショー

稼ぎたいなら、絶対に大手のタクシー会社に入るべきです!

しかし、大手のタクシー会社ほど不採用になる可能性が高いのです。



理由その➀:大手タクシー会社ほど『年齢』で不採用になる傾向にある

不採用になった男性

ここからは大手タクシー会社を前提に話していきますが、大手タクシー会社は年齢が高いほど採用されにくいです。

  • 大手タクシー会社は『新卒採用』を取り入れている。
  • 大手タクシー会社は『女性』を積極的に採用している。

大手タクシー会社は新卒採用を取り入れている。

近年の大手タクシー会社は『新卒採用』を取り入れています。

タクシーの仕事は体力も必要なので若者の方がガシガシ稼いできてくれますし、何より若い世代を採用していった方が長期間働けますので、大手タクシー会社としてもいいのです。

ショー

運転技術やタクシーの独特さを考えると、私はある程度の年齢を重ねた方がいいと思っていますがね。

大手タクシー会社は『女性』を積極的に採用している。

そして、大手タクシー会社ほど女性を積極的に採用していると私は感じています。

国土交通省が『女性ドライバー応援企業』として、女性を採用している企業への認定制度を作っているということもありますが、

おっさんばかりでイメージの悪いタクシー業界のイメージアップには、女性ドライバーや若いドライバーが効果的なのです。

  • 将来を見据えて若い世代を採用していきたい。
  • イメージアップに女性を採用していきたい。

なので、どうしても見劣りしてしまう中高年のおっさんは『不採用』になってしまう傾向にあるのです。

ショー

私の会社のおっさんドライバーさん達にも「大手の会社も面接を受けたけど落ちた…」という方が、ちらほらいます。

パンダ

じゃあ、おっさんは稼げる大手タクシー会社には入れないってことじゃないか!

ご安心ください。

大手タクシー会社は、複数の会社が集まって『ひとつの大きなグループ会社』になっています。

なので、本体の会社ではなく、傘下のグループ会社を狙えばいいのです。

傘下のグループ会社であれば採用されやすいですし、本体と同じように稼ぐことができます。

理由その➁:健康状態の悪い人は『大手』は難しいです。

健康状態の悪い人

先程の『年齢』とつながるものですが、健康状態が悪いと不採用なる確率がグッと上がります。

実際に「あそこの面接は健康面きびしいよ!」という大手タクシー会社もあります。

近年、健康状態が原因でタクシーやバスなどの事故が相次いでいるため、ドライバーの健康面が非常に重視され、どんどん法改正もされてきています。

タクシーはある程度の年齢を重ねてから来る人が多いので『健康状態に不安』な方も多いと思います。

パンダ

年とりゃ、悪いところのひとつやふたつ誰だってあるだろーに!

健康状態に関してはタクシー会社によって違いますが、私の会社ではタクシーの仕事をやれるか?やれないか?

医者の診断次第です。

糖尿病や高血圧の人でもしっかりと治療をしていて、医者がOKを出せば病気が原因で落ちることは無いようです。

ショー

脳梗塞を患った人で、左足を引きずっている人もいます。
運転に支障が無ければ大丈夫なんです。

しかし、病気に関しては大手タクシー会社ほど厳しく見ています。

健康状態の不安な人を採用するよりは『健康でいきのいい若者』を採用するのは、当然のことだと思います。

何かしらの持病を持っている人は『大手タクシー会社ほど不採用になる確率が高い』と思っておいた方がいいでしょう。

ショー

何度も言いますが、不安な方は『グループ会社』を狙って下さい!

理由その➂:事故や違反歴の多い人は要注意です。

取り締まり

事故や違反も採用に大きく影響すると思われます。

私の会社内で見ても事故や違反をする人は決まっていて『同じ人が繰り返してしまう』のです。

なので、違反歴や事故歴があると「また、やるだろう」と思われて不採用になってしまう可能性があります。

おそらく、どこのタクシー会社でも考えは一緒だと思いますので事故や違反歴のある人は要注意です。

パンダ

そんなの、やってないって言っとけばいいじゃん!

ショー

入社前に『運転記録証明書』を提出するので、ウソをついてもバレますのでご注意を!

過去5年間の記録がバレます。

理由その➃:入れ墨が入っている人はアウトです。

男性

タクシー特有の項目が、この入れ墨だと思います。

ショー

私も面接時に入っているか聞かれて、確か一筆も書いた記憶があります。「入れ墨は入っていません」的な…。

昔は、入れ墨が入ってそうな人がタクシーをやっているイメージがありますが、現在のタクシー業界はダメです。

こちらも、ウソをついても入社前の健康診断でバレますので入れ墨が入っている人は難しいです。

ショー

ただ!私は腕に彫り物がしてあるドライバーを見たことがあります。

龍とか凄いやつではないのですが、文字的なヤツです。

なので、もしかしたら…タクシー会社によっては採用される可能性もあるのかもしれません。

ただ、大手タクシー会社は厳しいと思って下さい。

そして、この入れ墨に関してはグループ会社も厳しいかもしれません。

参考に:年齢や学歴は関係ありません。

男性

タクシーの募集要項には、年齢・学歴は不問と書いてありますが、私のように『中卒者』には不安かと思います。

これは募集要項どおり、60歳超えていても採用されていますし、中卒の私でも採用されていますのでご安心下さい。

ショー

因みに、私が勤める会社は大手タクシーグループの中堅会社です。



最後に:まずは大手の面接を受けてみるのも有りです!

ここまで書いたように、タクシーをやるなら絶対に『大手タクシーグループ』に入ることをおすすめします。

ただし、大手タクシー会社は『選考基準』が高いので、誰でも採用されるわけではありません。

  • 中高年は年齢的に不利
  • 健康状態が悪いと厳しい
  • 事故・違反歴は要注意
  • 入れ墨はアウト

不安要素がある方は、グループ会社をおすすめします。

グループ会社なら『本体』よりもはるかに採用率が高いです。

ショー

しかし、不採用になる可能性が高くても、まず大手タクシー会社の面接を受けてみても良いと思います。

パンダ

え~、落ちたらショックじゃん!

たとえ本体で不採用になっても「うちはダメだけど、こういった会社があるけど行ってみませんか?」と、グループ会社を紹介してくれるケースもあるようです。

なので、大手タクシー会社を希望している人で、事故や違反歴や健康状態に不安がある人でも大手タクシー会社を希望するなら、最初から諦めずに面接を受けてみるのもいいかもしれませんね。

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。