私が二種免許を一発試験で取得した時の話【2回目で合格!】

こんにちは、ショーです。

今回は、私が二種免許を一発試験で取得した時の話をしたいと思います。

一発試験で二種免許を取得したいと思っている方は参考にしてみてください。

ただし!

下記の記事でも書いた通り、タクシーに転職する際に「採用に有利かも?」と二種免許を自力で取得しようと思っているのなら、その必要は全くありません。
二種免許を自力で取得してタクシーの転職活動!【採用に有利?】

採用されたタクシー会社で取得させてもらえば大丈夫です。

それではご覧ください。



最初に私が一発試験で一番苦労したことを話します

男性

まず、私が二種免許を一発試験で受けた時に一番大変だったことは予定を組むことでした。

  • 試験は平日にしか行われていない。
  • 実技は予約を取らなければいけない。

学科も実技も平日にしか試験が行われておらず、実技試験は予約を取らなくてはいけません。

しかも、一日数組しか予約が取れないので一か月後の予約とかになります。

私は休日が曜日で決まっている仕事ではなかったので平日休みも何とか取れましたが、土日休みの仕事の人は仕事をしながら取得することは難しいと思います。

平日に連休を取らなけばいけない取得時講習が厄介

比較的に平日に休みが取りやすい私でも取得時講習の予定を組むのは容易ではありませんでした。

取得時講習とは【旅客車講習・応急救護処置の講習】で二種免許取得する際に受講しなくてはいけないない講習です。

技能試験を合格後に、取得時講習を取り扱っている教習所で2日間講習を受けなくてはいけないのですが、教習所の都合に合わせて平日に連休を取らなくてはいけないのです。

  • 月に1回程度教習所が指定した日しか行っていない。
  • 平日の2日間連続で受講しなくてはいけない。

月に1回程度しか行っていないので、早めに予約を取らないと埋まっちゃうんです。

一ヶ月も先の平日に連休を取るのは、さすがに苦労しました。

一発試験で二種免許を取得するには、平日に休みが取りやすい仕事でないと無理です。

それだけは頭に入れておいて下さい。

では、このあと私が二種免許を取った時の流れを話をして行きますが、合格までの流れは以下になります。

・適性検査
・学科試験合格
・技能試験合格
・取得時講習
・二種免許取得

いざ学科試験!だが、そのまえに難関が待ち構えていた

男性

学科試験に予約はいらないので、私は試験場のホームページを見て時間に合わせて行きました。

適性検査と学科試験は午前と午後1日2回あるので、午前中の試験を受けて落ちてしまっても、午後の試験が受けられますので午前中に行った方が良いです。

で、最初に待ち受けていた難関が深視力です。「しんしりょく」と読みます。

普通免許には無い適性検査で『遠近感や立体感』の検査です。

視力検査の延長で検査するのですが、3本の棒が横に並んでいて、真ん中の棒だけが前後に動きます。そして3本の棒が横に並んだと思った時にボタンを押します。

深視力検査が有るのは知っていたのですが「こんなの簡単でしょっ」と舐めていましたが、とんでもない!

検査員:「ほら~、並んでますよ~」
私:「えっ、えっ」
検査員:「ほら~」
私:「あっ、あっ」ポチッ

テキトーに押したら何とか合格しましたが、かなり難関ですよ!(笑)

深視力はYouTube動画でもありますので、見ておくと少しは対策になると思います。

そして適性検査を通過して、試験会場に向かいます。

試験は95問を50分で回答します。90点以上で合格。
普通免許の学科試験にもあるひっかけ問題やタクシー・バスの専門的な問題も多く難易度は高いです。

書店で売っている、参考書で勉強していかないと合格は難しいですよ。

私もなめてかかり、その日の午前・午後の試験2回落ちました…。

<この日にかかった試験代>
1回目:7650円(技能試験代1回分込)
2回目:4500円
合計:12050円



「今日一日が無駄に終わった…」パチンコに大負けした帰り道のようでした。

学科は舐めてかかると落ちます。しっかりと勉強していきましょう。

そして、自分を戒め猛勉強し、後日何とか学科に合格することができました。

ちなみに適性検査は最初に通過すれば以降はありませんでした。



技能試験は教習所で練習することをおすすめします。

運転する男性

何とか学科試験を合格して技能試験の予約を取り、当日試験場へ行くと私の他に2名の受験者がいて3名で行いました。

試験の受ける順番に決まりはないとされていますが『受験回数の多い順』とみていいと思います。私も2回受けて1回目は最後で、2回目は2番目でした。
初めての人がやり方を見て覚えられるようにだと思います。

で、私は初めてでしたので3番手です。

後の2名は何回も受けに来ている人みたいでした。

試験車両はタクシーでも多く使われている型の『クラウン』を予想していたのですが、まさかの『プリウス』で一抹の不安がよぎりました。

「乗ったことないんだけど…」

そして、試験スタートです。

1人目…一時停止を止まらず、あっという間に終了。
2人目…バックの時に後方確認をしないであっさり終了。

「この二人、もう何回も受けに来ている感じなのに、こんな簡単な所で脱落って…どうなの?」

そして私の番。

ドキドキしながら初めて運転するプリウスの運転席に座ると不安的中です。

「ま、前が見えないんだけど…」

しかし、なんとか前の二人が不合格になってた場所を注意しながら進めます。

そして、いよいよ本で読んだ場内試験最大の難所『鋭角』が来ます。

鋭角とは、道幅のない細い鋭角に曲がっている角を『3回まで』切り返して、縁石に乗り上げることなく曲がりきる試験です。

そして、鋭角の試験場所に入ると「縁石も何も見えない…」と、もうこの時点でパニックでした。

が、「イったれー」と突入しました!

あっという間に縁石に乗り上げ終了です。

今回出した答え:初めて乗る前の見えないプリウス+初めての鋭角=ムリ。

男性

「あれは無理」と判断した私は、近くの教習所で車両がプリウスで二種の単発で教習をしてくれる所があったので行くことに…。

練習しても日が開くとダメだと思い、教習所で午前中に3時限(1時限は50分)練習をして、午後の部で実技試験を受ける事にしました。

一回だけの練習なので、プログラムがあるわけではなく自分のしたい練習が出来ますのでおすすめです。

教官:「何を練習したいですか?」
私:「まずは鋭角を練習したいです。」

鋭角は『右曲がり・左曲がり』があって、その日の『試験官次第』で決まるので、どっちが来るか分からないそうです。

なので、両方の練習をとにかくやって、コツを教えてもらいました。

教習所で教えて貰った鋭角の4つのコツ!

  • 縁石がミラーの下に着たらハンドルを切るなどの自分なりのタイミングを作る。
  • 内側ではなく外側をギリギリに通るイメージ。
  • 制限時間は無いので時間をかけてゆっくりと慎重に進める。
  • たとえ2回で行けそうでも、無理せず3回切り返して行う。

鋭角の最大のコツは目で道を見て曲がるのではなく「ミラーなどが縁石のこの場所に来たら一気に切り返す」などの試験に合格するための運転を体で覚えることと教えて貰いました。

内側の縁石ばかりを気にしすぎる人が多いが、外側をギリギリに走るようにすれば内側は絶対にあたらない。

さらには、鋭角には制限時間が無いので、焦らず時間をかけてやる事が大事。

途中、止まっちゃってもいいんです。

そして、たとえ2回目の切り返しで「曲がれそう」と思っても、『3回しっかりと切り返しをする』ようにする。2回でも3回でも合格は合格なのです。

乗りなれたマイカーなら簡単にいける。鋭角はそんな感じの試験です。

で、1時限しっかりと鋭角の練習をして「もういいかな」と思ったころ…

教官:「大丈夫だと思いますよ。後は何を練習したいですか?」
私:「あとの2時限は路上の練習がしたいです」

路上試験の内容はタクシーでお客さんを乗せる時を想定した内容になっています。

たとえば、試験官から「そこの電柱から2本目の電柱の間で停車してください。」とか「ココで転回してください」などの指示があります。

しかし、ただ停車するのではなく、停車の際に『バス停や消火栓』などを避けて停車しなくてはいけません。

路上試験も何分までにやらなくてはいけないという決まりは一切ないので、なるべく時間をかけて正確な運転をすることが合格のコツです。

ただし!『転回』だけはスムーズにやらないと、車が来てその車がブレーキをかけてしまうと不合格になってしまいます。

こういった練習を2時限練習し、早めに教習所に戻ってきたので再度鋭角を数回練習して終了です。

費用は3時限で19,440円(税込み)です。

教習所で自信を付けた私は、その足で試験を受けに行きました。

そして試験場へ

男性

本日もやはり私を含め3名の受験者です。今回は2番目。

最初の人があっさり不合格になり私の番。

練習の成果がバッチリ出まして、あっさり鋭角を通過、場内試験に合格し路上へ。

ついさっきまで練習していたのですから当然といえば当然ですね。

ちなみに3番目の人は初めてらしく、あっさり不合格。

そして、いざ路上へ。

後部座席に試験官が2人乗りスタート。緊張しながらも試験項目をこなしていきます。

転回も無事こなし「あとはバス停を避けての停車だけだな」と思いつつ走行していると、試験官から「ココで停車してください」と突然指示が…。

「ん?ここは何もないし、何でここで停車したんだろう?」と思っていると、後ろでゴソゴソとなにか話しています。

試験官:「では、これで終了しますので試験場へ戻りますので後部座席に乗ってください」。

「何で?うわ~、不合格だぁ」と思って意気消沈で試験場へ戻ります。

そして、合格発表…。

試験官:「え~。ショーさん…合格です!おめでとうございます。」
私:「えっ、合格?」

不合格確定だと思っていましたので試験官の言葉が一瞬理解できませんでした。

試験官:「一か所減点があり、左折時にウインカーが途中で止まってしまった後に再度ウインカーを出さなかった場所ありました。」

あとは問題なく合格だそうです。

これは後で思ったのですが、バス停の停車についての試験項目で「そういえば、試験しやすそうなバス停の所で工事している場所があったな」と思い、あそこだったのかな?と思っています。

何はともあれ二種免許ゲット!

と思いきや、これだけでは終わりません。

取得時講習:予定も組めないし、値段も高いよ…

男性

冒頭で書いたように、二種免許を取得するには取得時講習というものを受けなくてはいけないのです。

タクシー乗務員としての心構えや、タクシー乗務員に必要な応急救護の講習になります。

で、予約を取るのも大変なうえに、値段が高い!

旅客車講習=18,600円
応急救護処置講習=8,400円
合計27000円

ちなみに講習内容は眠たくなるような内容なので詳しくは書きません。

そして、2日間の講習を受けて、再度試験場へ行き手数料2050円払ってようやく二種免許をゲット出来ました。



最後に:二種免許の取得にかかった費用

最後に、二種免許を取得するまでにかかった費用を書いておきますのでご覧ください。

※かかった費用に関しては領収書を破棄してしまっているので、記憶をたどり金額を記載しております。金額に多少の誤りがある可能性がありますがご了承ください。

学科試験:
1回目7650円(技能代含む)
2回目4500円
3回目4500円

路上試験:
1回目学科試験代に含まれていた
2回目7650円

教習費:
3時限19440円

取得時講習:
2日間27000円

交付手数料:
2050円

参考書:
学科用1000円
実技用1500円

合計75290円

技能試験代に関しては、2回目以降は7650円かかってしまうので、落ちれば落ちるほど費用が膨れ上がります。

私は割と早くに取れた方だと思います。採用された今のタクシー会社でも実技試験2回目で取れたことに「凄いな」と評価をもらっています。

それでも7万円以上の費用がかかっているので、「もっと教習を受けた」とか「5回も10回も落ちた」という人は、初めから教習所に通ってしまった方が安く済むかもしれませんね。

いずれにせよ、自分で二種免許を取得するには、最低でも3,6000円程度はかかってしまいます。

しかし、この金額は教習費や参考書などの費用は一切入っておりません。

それに、教習を受けずに1回目で実技を合格するのは困難だと思います。

なので、3,6000円程度の低予算で二種免許を取得するのは極めて困難だと感じます。

6日間の休日も無駄にしています。

タクシー会社で取らせてもらえれば、取得期間中の研修費まで出ますからね。

二種免許はタクシー会社で取得させてもらうのがいいですよ。

ただ、ひとつだけ自分で二種免許を取得するメリットをいうと、転職の不安をぬぐえることですかね。

あと、じつは私、地理試験も個人で受講してます。

興味のある方は下記の記事をご覧ください。
タクシー地理試験を個人受講したい!という方に教えたいこと…

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。