二種免許を自力取得してタクシーの転職活動!【採用に有利か?】

こんにちは、ショーです。

ご存知だと思いますが、タクシードライバーになるには【第二種普通免許】が必要です。

で、多くは採用されたタクシー会社で取得することになります。

ただ、こう思う方も多くいらっしゃるかと思います。

「二種免許って自分で取得していった方が採用に有利だったりするの?」

『何気に落ちる』タクシーの面接ですので、心配な方は「希望の会社に入るために、少しでも採用の確率を上げておきたい。」と思いますよね。

実は、私もそう思い自力で取得しました。

しかし、結論を言いますと、タクシーに転職するのに二種免許を自力で取得しておく必要は全くありません。

その理由は2つあります。

  • 理由その➀:損するだけ。
  • 理由その➁:求めていない。
このあと詳しく解説していきますが、自力取得する必要ない理由を見ても「それでも自分で取っておきたいんだよ!」と、頑固な方もいらっしゃると思います。

そんな頑固者のために、私が二種免許を『自力取得』した時の流れを書いておきますので参考にしてみて下さい。



理由その➀:二種免許を自力取得しても損するだけです。

損した人

タクシーの転職前に、二種免許を自力で取得してしまうと『2つの損』をします。

  1. 高額な取得費用を損する。
  2. 研修費が貰えなくなる。

⒈高額な取得費用を損する。

【第二種普通免許】を取得するには、普通免許と同じく『教習所に通う』か『一発試験で臨む』です。

二種免許の『取得費用』は教習所に通えば20万円くらいはかかりますし、一発試験は落ちれば落ちるほど費用がかさみます。

単純にその費用が『自腹』になってしまうのです。

費用については、後半に参考記事を貼っておきますので参考にしてみて下さい。

二種免許の取得費用は『高額』なりますので、「二種免許を持っていないと不利」にしてしまうと、誰もタクシーに転職しなくなっちゃいます。

なので、どこのタクシー会社も『待遇』として、二種免許の取得費用を負担してくれるのです。

二種免許の取得にかかった費用の領収書を持って『面接時に相談』すれば、もしかしたら費用を出してくれるかもしれません。

ですが「面倒くさい奴だ!」と、かえって『不採用の原因』になってしまう可能性も考えられますよね。

⒉研修費が貰えなくなる。

採用されたタクシー会社で二種免許を取得する場合にも練習をしないと受かりません。

なので、教習所に通わせるとか、自社の研修センターなどで練習させます。

期間は、大体1週間くらいだと思います。

この二種免許を取得するための練習中にも『研修費』として給料が出ます。

タクシー会社によって違いますが、8.000~10,000円程度です。

自力で取得してしまうと、この研修費も貰えないのです。

因みに、私は1発試験で受けましたが、費やした総日数は6日です。

実際には学科の勉強時間などもいれると更に時間を費やしています。

本来なら、この取得にかかった1週間程度の研修費6,0000~70,000円程度貰えるのに、取得しておく必要のないものを、わざわざ『貴重な休日』を使って取りに行くわけです。

『取得費用+研修費』ダブルで損をしてしまうのです。

ただ、超ポジティブな考え方だと、研修期間がなく1日でも早く営業した方が、結果稼げます。

ですが、貰えるものは貰っておいた方が『お得』ですよね。

理由その➁:タクシー会社は二種免許の『自力取得』を求めていない。

タクシードライバー

タクシーの求人情報に『二種免許持ってる方歓迎』と書いてある場合があるので、「持っていた方がいい」という考えになると思います。

ただ、二種免許を持ってる方を歓迎するタクシー会社は『小さいタクシー会社』です。

それは、二種免許取得費用を出すのもキツイ体力のないタクシー会社と推測できるからです。

私がおすすめする『大手タクシー会社』は、逆に歓迎していないと思います。

ここまで「無駄なので、二種免許を自力で取得する必要はないですよ」と書いてきましたが、実際、自力で取得する人は殆どいません。

ということは、二種免許持っている=経験者なんです。

近年の大手タクシー会社は『接客』に力を入れています。

なので、大手タクシー会社に入社すると、二種免許の取得と同時に『接客対応』も学ぶことになります。

無名のタクシー会社で変な癖がついた『接客もできない雲助ドライバー』はいらないんです。

だから、大手タクシー会社の募集要項には『未経験者歓迎』と書いてあるのです。

『真っ白のまま』来て欲しいんです。

それでも二種免許を『自力取得』したい方へ対策を教えておきます。

喜ぶ人

ここまで見ていただいて、タクシーに転職するのに『自力で二種免許を取得』する必要が無いのは、お解りいただけたかと思います。

「それでもやれることは、やっておきたいんだよ!」

と、当時の私のように『タクシーに転職を決めちゃったけど超不安なんだけど…症候群』に陥っている方に。

一発試験を受ける時の流れを書いておきますので参考にしてみて下さい。

因みに、私が合格するまでに受けた回数は以下です。

・学科試験3回目に合格
・実技試験2回目に合格

で、二種免許合格までの流れは以下のようになります。

  1. 試験場に行き適性検査→学科試験
  2. 学科試験合格→実技試験
  3. 実技試験合格→二種免許取得時講習
  4. 試験場に行き免許証が交付されます。
このあとポイントを書いてきます。

ポイント➀:学科は問題集で勉強すればOKです。

二種免許の学科は普通免許と似たような問題なのですが、タクシーやバス専門の問題も多く出てきます。

「二種免許とはなんぞや?」みたいな問題で、勉強しておかないと解らない問題も結構あります。

書店で『二種免許用の問題集』が売っていますので、購入して勉強するといいでしょう。

油断すると私のように何回も落ちて、時間とお金を無駄にします。

ポイント➁:実技試験用のガイドブックで試験項目を把握しましょう。

二種免許の実技も普通免許の試験と同じで『場内を合格』→『路上を合格』で晴れて合格になります。

で、一発試験で受けるなら、試験項目を知るために実技のガイドブックも絶対に必要になります。

試験項目を知らずに合格することは『まずない』です。

実技のポイント!

場内の試験は普通免許よりも難易度が高くなるイメージです。1か所『鋭角』と呼ばれる難関があります。
路上では実際にお客さんを乗せる事を想定した走りになります。
例えば、試験官が「その辺に停車してください」って指示があるのですが、駐停車禁止場所になる『バス停や交差点』を避けて停車しなければならないとかですね。

実技試験に関しては正直に言ってガイドブックを見ただけでは『合格は難しい』ですが、試験内容が把握できるので必ず読むようにしましょう。

ポイント➂:単発の実技講習を受けるといいです。

上記で書いたように、実技は『本』だけを見て合格できる人は、殆どいないと思います。

私も1回目は実技のガイドブックを見ただけで試験に挑みましたが、思ったことは『無理』です。

なので、二種免許を講習をしている『自動車教習所』で、単発の講習を受けるといいです。

私も3時間の講習を受けて、何とか合格出来ました。

で、この記事では、試験の要点だけを書きましたが、実際に試験を受けに行ったときの記事もありますので、下記に貼ってきます。
二種免許を一発試験で合格した時の話【高額な費用と難題の予定】

参考にしてみて下さい。



結論:二種免許を自力で取得する必要はありません。

タクシーは転職を考えている方は「本当に上手くいくのか?」相当な不安を抱えていると思います。

「やれる事があれば、やっておきたい。」

だからと言って、焦って二種免許を取得しておく必要はありません。

頑張って取得しても、デメリットばかりでメリットはありません。

そのお金は大事に取っておくと良いですよ。

<合わせて読みたい記事>
【タクシー地理試験】個人で受けに行って合格!【私くらいです】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。