【タクシー二種免許】転職前に取得しておくと採用に有利になる?

こんにちは、ショーです。

ご存知だと思いますが、タクシードライバーになるには『第二種普通免許』が必要です。

二種免許は、タクシー・バス・ハイヤーなどの『旅客自動車運送事業』の仕事をするために必要な免許で、タクシー・ハイヤーは普通二種、バスだと大型二種が必要になります。

で、こう、思う方がいらっしゃると思います。

「二種免許って自分で取得していった方が採用に有利だったりするの?」

今回はタクシー転職時に二種免許を所持していた方が良いのか?と、一発試験を受ける時の流れを書きますので、二種免許を自分で取ろうか迷っている方は参考にしてみて下さい。



タクシー転職前に二種免許を自分で取得しても損するだけです。

男性

結論から…。

タクシー転職前に二種免許を取得しておく必要は一切ありません!

損するだけです。

二種免許の取得費用は、教習所に通えば20万円くらいはかかりますし、一発試験でもそれなりにかかります。

もし、タクシーの募集要項に『二種免許持っている方のみ』って書いてあったら、その時点でタクシーに転職する気は失せますよね。

わざわざ、そんなお金出してまでタクシーに転職する人は少ないでしょう。

なので、殆どのタクシー会社では「二種免許の取得費用出すから、ウチで働いてよ」と、二種免許の取得費用が待遇に含まれていますが、自分で取得してしまうと取得費用は実費になってしまいます。

領収書を残しておいて採用されたタクシー会社に相談すれば、もしかしたら出してくれるかもしれませんが…。

・自社の研修センターで練習させるタクシー会社
・自社で練習させて一発取得させるタクシー会社

タクシー会社によって二種免許の取得方法は異なりますが、なるべく費用を掛けずにプロが集中的に教えてくれます。

教習所に通えば高い費用がかかりますし、一発試験も落ちた分だけ費用がかかります。

勝手に受けに行って掛かった費用を出してくれるかというと、難しいでしょうね。

試験場でかかる一回分の費用なら、領収書を取っておけば出してくれる可能性はあります。

ですが、採用される前の面接時に交渉すると、「面倒くさい奴だ」と不採用になる原因になってしまうかもしれませんね。

二種免許を取得している研修期間中の給料も貰えません。

二種免許を持っているなら当然研修中の給料は出ません。

なので、自分で取得してしまうと『取得費用+研修期間中の給料』ダブルで損をします。

研修期間中の給料は何処のタクシー会社でも1日に8,000円~10,000円程度です。

超ポジティブな考えですが、研修期間がなく1日でも早く営業した方が結果、稼げます。

私もその考えで自分で取得しました。

取得しておくと採用率が高くなるかというと、あまり関係ないと思います。

募集要項に「二種免許持っている方は歓迎」と書いてあるタクシー会社もあるので、喜ぶタクシー会社もあると思いますが、基本的には大きな採用の基準にはなってないと思います。

それは、昨今のタクシー業界は接客対応にも力を入れていますので、大手タクシー会社ほど研修期間中に接客対応などのマナーも学ばせます。

このように良かれと思って自分で二種免許を取得しても、無駄な実費がかかるだけではなく、二種免許の取得中の研修費も出ませんし、大手タクシー会社ほど喜びません。

タクシー会社もタダで取得費用を出してくれるわけではありません。

タクシーは離職率の高い職業です。

入社して二種免許を取得させ「さあ、これからじゃんじゃん稼いできて頂戴!」って時に辞めていく者も多くいます。

これでは、タクシー会社も赤字になってしまいますね。

なので、「直ぐに辞めちゃったら二種免許の取得にかかった費用返してね」という2~3年程度の縛りがあります。

それでも二種免許を一発取得したい方へ対策を教えておきます。

女性

「自分で取りに行く意味が無いのはわかった…それでもやれることはやっておきたいんだよ!」

と、私のように『転職を決意したが超不安症候群』に陥っている方へ。

一発試験を受ける時の流れを書いておきますので参考にしてみて下さい。

ちなみに、私が合格するまでに受けた回数です。

・学科試験3回目
・実技試験2回目

二種免許合格までの流れ

  1. 試験場に行き適性検査→学科試験
  2. 学科試験合格→実技試験
  3. 実技試験合格→二種免許取得時講習
  4. 試験場に行き免許証が交付されます。

二種免許の学科用の問題集で試験対策をしよう!

二種免許の学科は普通免許と似たような問題も出るのですが、タクシーやバス専門の問題も多く出てきます。

「二種免許とはなんぞや?」みたいな問題で勉強しないとまず合格することは出来ないでしょう。

なので、問題集は必ず必要になります。

二種免許の実技試験用のガイドブックで試験項目を把握しておこう!

二種免許の実技も普通免許の試験と同じです。

場内を合格

路上を合格

晴れて実技の合格

一発試験で受ける場合、試験項目を知るために実技のガイドブックも絶対に必要になります。

試験項目を知らずに合格することは、まずないでしょう。

実技のポイント!

・場内の試験は普通免許よりも難易度が高くなるイメージです。1か所『鋭角』と呼ばれる難関がありますよ。
・路上では実際にお客さまを乗せる事を想定した走りになります。
・例えば、試験官が「その辺に停車してください」って指示があるのですが、駐停車禁止場所になる『バス停や交差点』を避けて停車しなければならないとかですね。

実技試験に関しては正直に言ってガイドブックを見ただけでは合格は難しいと思いますが、試験内容が把握できるので必ず読むようにしましょう。



最後に

タクシーに転職を考えている方の中には、余程の決意をされた方がいるかと思います。

私のようになるべく早くタクシーに乗って稼がないといけない方や、タクシーが本当に自分に合っているのか?など、転職に相当な不安を抱えている事と思います。

だからと言って、焦って二種免許を取得しておく必要はありません。

頑張って取得してもデメリットばかりでメリットはありません。

そのお金は大事に取っておくと良いですよ。

<合わせて読みたい記事>
【二種免許を一発試験で取得】費用よりも大変だったことは?
タクシーの地理試験を個人で受けて合格…そして解ったこと

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。