タクシー生活で注意するべき2つのこと!【充実させる方法は?】

こんにちは、ショーです。

「俺の夢はタクシードライバーになること!」こんな志を持ってタクシーに転職する方は少ないと思います。

…っていうより、いるのかな?こんな人(笑)

殆どのドライバーは、しょうがなく始めているはずです。

しかし、しょうがなく始めたはずの『タクシーの自由さに魅了』されタクシーライフを満喫しているドライバーが多くいます。

「一度、タクシーに慣れてしまうと他の仕事はできない。」と言われるほど、タクシーは自由のある仕事なのです。

ただ、自由だからこそ日々の『ライフスタイル』に注意をしなくてはいけません。

油断していると思わぬ事態になってしまう恐れがあります。

今回は、タクシー生活で注意するべきことを書きます。

注意するべき事は2つです。

  • 健康診断の数値が急激に悪くなる。
  • 家に自分の居場所がなくなる。
このあと詳しく説明していきます。



思わぬ事態その➀:健康診断の数値が急激に悪くなる。

男性

タクシーは隔日勤務という特殊な勤務体系で働きます。

簡単に言うと、『2日分』を一気に働きます。

「詳しく知りたい!」という方には、下記に『隔日勤務』についての記事を貼っておきます。
タクシーの隔日勤務は規則正しく働くことができます【私の感想】

で、2日分一気に働くので、仕事を終えた後の疲労度も2倍になります。

タクシーは運転の仕事なので『体は疲れない』イメージがあるかもしれませんが、実際には凄く疲れます。

体は動かしていないのに、肉体労働のような疲れ。

独特な疲れ方です。

なので、乗務後の『明け番』は、寝て過ごすというドライバーも多くいます。

ただ、疲れてはいるが体は動かしていないので、寝て過ごすと確実に『運動不足』になります。

肉体労働からタクシーに転職して、健康診断の結果が悪くなった。

事実、私の前職は体を動かす仕事でしたが、タクシーに転職をして体を動かさなくなったので『健康診断の数値』がこれまでとは変わりました。

勿論、年齢的な部分もあると思います。

でも、私はもともと『細身』の体系で間食もしないですし、甘いものも殆ど食べません。

なので、今まで『中性脂肪』とか『コレステロール』で引っかかったことが無かったんです。

それに、前職より体を動かさなくなったので『食べる量』自体も減りました。

なのに、タクシー始めてからは一気に数値が悪くなりました。A→Cくらいになってます。

このように、タクシーは体調管理をしっかりとしないと、一気に不健康になります。

特に独身で一人暮らしという方は、不規則な生活になりやすいので十分な体調管理が必要です。

思わぬ事態その➁:家に自分の居場所がなくなる。

家に居場所が無い男性

先程書いたように、タクシーは2日分一気に働きます。

で、働いた後は丸一日『明け番』という休息時間になります。

『隔日勤務』と『明け番』は実際に働いてみないとイメージが付きにくいですが、要は「ひと月の半分以上」は家にいる事になります。

なので、結婚をしていて『妻が専業主婦』だった場合「ウザがられるかもしれない」のです。

  • 小さいお子さんのいる家庭では旦那の『ご飯』とかの面倒まで見ていられません。
  • 小・中・高校のお子さんがいる家庭では『昼間が嫁のパラダイスタイム』です。

嫁は旦那に月の半分以上も家にいられたくありません。

家庭円満のためには、本来、旦那は昼間は家にいてはいけないのです。

『隔日勤務』で疲れはて、『明け番』に家でゴロゴロしていたら、必然と嫁とのバトル回数も増える事でしょう。

例え、体力が残っていても『妻子持ち』が遊び歩けるほど、タクシーは稼げるわけではありません。

生活するのに、そこそこは稼げる出すけどね。

<参考記事>
タクシーは新人でも年収500万は稼げます【ただし条件あり】

対策:タクシー生活を満喫するために!

男性

タクシーライフを満喫する秘訣は『どれだけ明け番を上手く使えるか』です。

それには規則正しい生活を心掛けることです。

  • 生活のリズムを変えない。
  • アルコール・食生活に特に注意する。
  • なるべく体を動かす努力をする。

まず、大事なのは『生活のリズム』を変えないという事です。

同じ時間に起き、同じ時間に飯を食い、同じ時間に寝る。

タクシーは不規則なイメージがありますが、実は『規則正しい』生活ができるのです。

この『生活のルーティン』を作ることで、隔日勤務でも体調を崩さずに働くことが出来ます。

そして、食生活。

例えば、仕事が早朝の4時に仕事が終わったとします。(出勤する時間で変わります。)

で、次の出勤は『丸一日以上後』の朝7時ごろとかです。

なので、24時間以上も時間があるので、気が緩み『そのまま飲みに行く』ドライバーもいます。

しかし、仕事終わりで飲みに行ってしまうと『明け番』を満喫するどころか、確実に寝て終わりになります。

食べ過ぎ・飲み過ぎは次の日の乗務に必ず影響します。

飲み過ぎはタクシーに乗る事すら許されません。アルコールチェックに引っかかれば、その日は当然乗務できませんし、常習犯はクビを切られる場合もあります。

タクシーは食生活も凄く大事だと、私は思っています。

そして、タクシーは運動不足になりがちです。

運動不足は体の中からも外からも異常がでて、体調不良の原因になりますので、仕事帰りに少し歩いて帰るとか、明け番や公休で体を動かす努力が必要です。

自宅で自分の居場所を作るために!

家事する男性

  • 自分の身の回りの事は自分でやること。
  • 家事で自分ができる事を見つけて積極的に行うこと。
  • 家にいる分、子供の面倒を見ること。

家庭の事を積極的にやる事で、自分の居場所を作る事が出来ます。ゴロゴロして家事を何もやらないと、いずれ居場所は無くなるでしょう。

因みに、私は以下の家事をこなし、家に居場所を確保しております。

身の回りでやっている事:
・仕事で使うワイシャツのアイロン
・自分の昼ごはんの用意と食器洗い

明け番・公休日でやっている家事:
・掃除機かけ
・風呂掃除
・子供が散らかしたおもちゃの片づけ
・その他大掃除全般

子供の相手:
現在6歳と3歳。非常に勢いのある子供たちの面倒を明け番で見るのは大変ですが、これをやらないと家に居場所は見つけられないでしょう。

家事で役立ちそうな記事を貼っておきますので、参考にしてみて下さい。
・本当は夫婦喧嘩なんてしたくない!【未然に防ぐをコツは?】
・【簡単大掃除のコツ】キレイを維持するには年間スケジュールです



最後に

タクシーは不規則な生活になりがちなので、『規則正しい生活習慣』を身に付ける事が大事です

それと、家に自分の居場所を作るため『積極的に家事』をやらなくてはいけません。

自己管理をしっかりとして、『寝てるだけ』や『嫁と喧嘩ばかり』のつまらない生活ではなく、趣味や家族との時間を充実させタクシーライフを楽しみましょう!

それができる仕事です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。