【会社選び】タクシーの給料形態について考える必要ありません

こんにちは、ショーです。

タクシーの転職を検討されている方は「どの給料形態のタクシー会社に行くのが良いのか?」と、お悩みになると思います。

A型賃金とか、B型賃金とか言うやつです。

でも、ハッキリ言って『タクシーの給料形態』は、転職時に気にしなくてもいいことです。

それは、給料に影響はないからです。



給料形態を気にしなくていい理由:給料に影響はないからです。

男性

タクシーの求人情報でよく見かけるのが【A型・B型・AB型】という給料形態です。

  • A型=固定給+歩合給+賞与
  • B型=完全歩合
  • AB型=歩合給+賞与

各メリット・デメリットはこの見た目通りで、A型は一番安定感があるが大きく稼ぎにくい、B型は大きく稼げる可能性があるが安定感がない、AB型はAとBの中間になります。

ただ近年は、A型の賃金はどんどん減ってきているようです。

売上が安定している大手タクシーなどではいいのですが、小さいタクシー会社なんかでは『固定』の部分が難しいみたいですね。

私が働く東京でも現在A型の給料形態のタクシー会社はほとんどなく、AB型の給料形態のタクシー会社が多いようです。

しかし、この給料形態は、実は違いがありません。

  • B型とAB型なら違いはない。
  • 給料形態よりも売り上げ自体が大事。

給料形態:B型とAB型の違いはない。

喜ぶ人

給料形態がA型のタクシー会社は無いとして、B型とAB型ではそれ程の違いはありません。

東京のタクシー会社ですと、現在はAB型の給料形態が多いのですが『AB型の特徴は歩合給で賞与が貰える』ことです。

ただ、賞与と言っても、毎月の売り上げの一部を『プール』させておいて『賞与』という形で支給されるので、年収ベースで考えるとB型と何ら変わりはないんです。

直ぐ貰えるか、後で貰えるかの違いだけなのです。

それでも、昔なら賞与から社会保障費は引かれませんでしたので、税金対策にも効果はあったのでしょうけど、今は賞与からも社会保障費がガッツリ引かれますから、給料を貰う側からすればそれ程意味が無いんです。

給料を払う側は、何か徳があるのかもしれませんがね。

給料形態よりも売り上げ自体が大事

天秤

タクシーで『良い給料』を貰うためには、給料形態や歩率よりも、高い売り上げを上げることが大事です。

タクシーの歩合率はタクシー会社によって違いますが、大体60%前後になります。

  • 〇〇タクシー会社:B型の給料で歩合率60%
  • ✕✕タクシー会社:AB型の給料で歩合率50%+賞与10%

一例ですが、上記の2社のタクシー会社の場合、トータルで見ますと歩合率は売り上げの60%になりますので、年収は変わらないという事になります。

なので、A型が無くなってきている今のタクシー業界で、B型かAB型しかないのなら正直どっちでもいいです。

タクシーでいい給料を貰うのに重要なのは給料形態ではなく、高い売り上げがあげられるタクシー会社かって事なんです。

  • 月間売上70万円で歩合率65%=455,000円
  • 月間売上80万円で歩合率62%=496,000円
  • 月間売上90万円で歩合率58%=522,000円

上記を見て貰えば分かるように、歩合率が60%なのか?65%なのか?ではなく、『月間売り上げが80万円・90万円と稼げるタクシー会社なのかが重要』なんです。



最後に

タクシーで良い給料を貰うためには、給料形態や歩合率よりも『高い売り上げ』を上げることが大事です。良

なので、タクシー会社を決める際には給料形態や歩率はそれほど気にすることでもないのです。

下記の記事で書いたように、歩合率が高いタクシー会社ほど売り上げが上げにくいタクシー会社の可能性もあります。
歩合率が低いタクシー会社ほど稼げる理由【大手は歩合が低い】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。